MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
のぼせや頭痛の症状が解消 私の【ホットトマトジュース】健康法

のぼせや頭痛の症状が解消 私の【ホットトマトジュース】健康法

私は5年前から週1回程度介護の仕事のお手伝いをしています。そこで出会ったのが90歳を超えるのに、とても元気ではつらつとしたおばあちゃんです。いつも「すごいなぁ」と感心していたのです。そのおばあちゃんは、大のトマト好きで毎日必ず、生のトマトを食べていました。【体験談】玉城光枝(沖縄県・67歳・主婦)

若いころからののぼせや頭重感が消失!

 私が「ホットトマトジュース」を飲み始めたのは、今から3ヵ月前です。
 ただ、私の飲み方は、少し変わっています。市販のトマトジュース(250ml)を少量のお湯で割り、人肌程度に温めた物を、起床後と就寝前に飲んでいるのです。
 私は、朝は白湯も飲んでいますが、体を冷やさないようにするため、トマトジュースを飲む際もお湯で割るようになった、というわけです。

 そして、ふだんの食事も、なるべく生のトマトやトマトスープを取り入れるよう、心がけています。
 このように、日々の生活にトマトを取り入れたのは、あるおばあちゃんの食生活を参考にしたことがきっかけでした。

 私は、5年前から週1回程度、介護の仕事のお手伝いをしています。そこで出会ったのが、90歳を超えるのに、とても元気で、はつらつとしたおばあちゃんです。会話もしっかりしていて、いつも「すごいなぁ」と感心していたのです。

 そのおばあちゃんは、大のトマト好きで、毎日必ず、生のトマトを食べていました。そこで私は、「長寿の秘訣は、トマトにあるのではないか」と思い、マネをすることにしたのです。

 とはいえ、同じように生のトマトを毎日食べ続けることはできませんでした。生のトマトは、時期によって値上がりして、手が出せないことがあるからです。
 でも、ホットトマトジュースだけは、毎日欠かさずに続けています。トマトジュースは値段があまり変わらないので、とても助かっています。

「長寿のために」と始めたホットトマトジュースですが、思わぬ効果を発揮してくれました。

 若いころから悩んでいたのぼせ、頭痛、頭重感が、次々に消えたのです。
 特に驚いたのは、頭痛がなくなったことです。
 私は、昔からの頭痛持ちで、月に2~3回は、必ず痛みに襲われていました。そんなときは、頭痛薬の出番です。長年そんな調子だったので、薬が手もとにないと、不安すら覚えていました。

 しかし今は、頭痛がすっかり消えたおかげで、頭痛薬がなくても不安はありません。飲む必要がなくなり、ほんとうにうれしく思っています。

見た目が若いね!と医師にほめられる

 めまいは、足もとがふらつく程度の軽いものでした。特に朝方に起こりやすく、ときには転びそうになることもありました。

 一度、病院で検査を受けたことがありますが、特に異常は見つかりませんでした。
 そんな原因不明のめまいも、ホットトマトジュースを飲み始めて改善しました。足もとがふらつかなくなり、下半身がしっかりしてきたような感覚があるのです。

 めまいに関連してなのか、3年前から、耳鳴りにも悩まされました。片耳だけ、ジーッとセミの鳴き声のような音が聴こえるのです。そこまで大きな音ではありませんが、やはり気になっていました。
 その耳鳴りも解消こそしていませんが、最近はだいぶ軽くなっています。

 実は、ホットトマトジュースを飲み始めた同じ時期に、『壮快』の2018年1月号で紹介されていた、耳鳴り対策のいくつかの体操を続けています。めまいが楽になったのですから、ホットトマトジュースを飲んでいることも、耳鳴りに功を奏したのではないかと推測しています。

 また、以前から実年齢よりも若く見られるほうでしたが、ホットトマトジュースを飲み始めてからは、さらにその若さに驚かれるようになりました。
 かかりつけの医師からも、「玉城さんは、見た目も若くて、ほんとうに元気だね」とほめられています。毎日はつらつと動き回っているので、そう見えるのかもしれません。

 冒頭の目標のおばあちゃんの年齢を迎えるまで、あと二十数年。これからも、ホットトマトジュースを片手に、いつまでも元気な「オバー」を目指してがんばります。

血管の若返りが進み頭痛やめまいが改善(銀座泰江内科クリニック院長 泰江慎太郎)

 同じ年齢でも、老けて見える人と若く見える人がいます。その違いを生むのが、老化や病気を招く、活性酸素の消去能力です。加齢やストレスなどで活性酸素が増えると、血管をはじめ、全身に老化現象が起こり、多くの不定愁訴が生じてきます。玉城さんが悩まされていた頭痛やめまいなども、活性酸素の増加が原因と考えられます。

 トマトのリコピンには強力な抗酸化力があり、ホットトマトジュースを常飲すると、リコピンを効率的に摂取できます。活性酸素が減ることで血管の若返りが進み、血流もアップします。それが、多くの不定愁訴の改善につながったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt