【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

私が提唱している「デルデル呼吸(深腹式呼吸)」は、腹式呼吸で軽く息を吐き、息継ぎせずにもう一息深く吐くという呼吸法です。通常の腹式呼吸よりも深く、ゆっくりと長めに息を吐くことで、腹横筋を収縮させ、排便を促します。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


肛門の緊張がゆるみ 便が出やすくなる!

 私が提唱している「デルデル呼吸(深腹式呼吸)」は、腹式呼吸で軽く息を吐き、息継ぎせずにもう一息深く吐くという呼吸法です。通常の腹式呼吸よりも深く、ゆっくりと長めに息を吐くことで、腹横筋を収縮させ、排便を促します。

 そのメカニズムを、もう少し詳しく説明しましょう。

●ゆっくりと長めに息を吐くことで副交感神経が優位になる
 胃や腸などの消化器は、副交感神経(自律神経の一つで、体を休息状態にする神経)に支配されています。デルデル呼吸で副交感神経が優位になると、大腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が活発になり、便の移動が促されます。

●大腸に適切な圧(刺激)がかかる
 腹横筋を弛緩させたり収縮させたりする(おなかをふくらませたり、しぼませたりする)ことで、大腸に適切な圧がかかり、大腸が動きやすくなります。つまり、便が肛門まで運ばれやすくなるのです。

 問題は、その便の排出です。それを後押しするのが、最後の「息み」です。腹横筋を使って吐きながら息むと、次のような効果が得られます。

①息を吐くことで出口(肛門)の緊張がゆるむ
②腹横筋をしぼりながら吐くことで腹圧がかかる

 つまり、肛門の緊張がゆるんだところに、上からしぼるように圧がかかるため、便が出やすくなるのです。
 私が100人の病院関係者にとったアンケートでは、8割以上の人が「息を吸ったところで止めて」息んでいました。しかし、これでは出口の緊張が強まるため、いくら息んでもスムーズな排便はできません。それどころか、過度の息みによって血圧の上昇につながるでしょう。
 デルデル呼吸を実行すると、便秘、高血圧や痔、不眠、肩こり、冷え症、腰痛、肥満など、さまざまな症状に効果があることも判明しています。

→【精神科医が考案】「デルデル呼吸」とは何か の記事はこちら

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 


最新の投稿


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング