MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)

●聞き手
石川惠美子(医療ジャーナリスト)

●お話をうかがった方々
足立和孝(あだち眼科院長)
有安正規(視能訓練士・保健科学博士)
古川力(あだちコンタクトセンター)

一つのレンズで遠くにも 近くにもピントが合う

古川さん、足立先生、有安先生

――老眼かな? と思ったら、早めに老眼鏡をかけたほうがいいですか。

足腰が衰えたとき、トレーニングをすると、筋力の低下を遅らせることができますね。
それと同じように、目も、一生懸命見ることで、進行をやや遅らせられることがあります。

しかし、あまり無理をすると目に負担がかかりますし、人によっては、早く老眼鏡をかけたほうがいい場合もあります。
見えにくいと感じたら、まずは気軽に眼科を受診してください。


――最近の遠近両用メガネは、かなり進化しているとか。

そのとおりです。
以前は、遠近両用メガネというと、「使いづらい」「見えにくい」とよく耳にしましたが、それは発売当初のレンズで、最近の「累進多焦点レンズ」は、格段に使いやすくなっています。

私(足立)も、累進多焦点レンズの遠近両用メガネをかけていますが、これ一つで車の運転もできますし、近くもよく見えるので便利ですよ。
目も疲れませんし、レンズの境目がないので、遠近両用と気付かれにくいのもうれしいです。


──どう違うのですか

遠近両用レンズには、二重焦点レンズと累進多焦点レンズがあります。
二重焦点レンズは、遠くを見る用のレンズの下に、手元を見る用の小窓があるもの。

いわゆる従来からある「境目のある遠近両用レンズ」です。
遠くと近くだけに焦点が合い、便利に使えるかたもいますが、中間距離が見えにくく、境目で急に見え方が変わるため、歩行時など、足元には注意が必要です。
 
それに対し、累進多焦点レンズは境目がなく、レンズ1枚の中に連続して焦点があり(累進設計)、遠くから近くまで、どの距離でもピントが合うように設計されています。
 
二重焦点レンズのように、境目で急に見え方が変わることもなく、外見上目立つ欠点もありません。
さらに、目的や用途に応じて作成でき、外出から室内まで、日常生活で幅広く利用することができます。


──それだけ、目にかかる負担は少なくなったのでしょうか。

そうですね。
目への負担は減ったと思います。

ただ、老眼が強い人は、度数の差が大きいので、慣れるまで時間がかかります。
そういう点では、老眼が進む前にメガネを作ったほうが、遠近両用レンズに慣れやすいと思います。


──累進多焦点レンズはとてもよさそうですが、何かデメリットはありますか。

レンズの側面に収差(ズレ)が出て、横目を使ったりすると、見え方にゆれやゆがみが出る点です。
これは、累進多焦点レンズの設計上、どうしても出てしまうものです。
 
現在、各メーカーでさまざまな設計での遠近両用レンズが開発され、それぞれに特徴があります。
例えば、レンズの大きさや、どこに累進設計があるかによっても見え方が違います。
 
なお現在は、レンズ外側に累進設計がある外面累進レンズ、内側にある内面累進レンズ、内外の両側に分けた両面累進レンズが販売されています。
後者になるほど視野が広がり、ゆれやゆがみも少なくなります。

慣れれば手放せなくなるくらい便利

──患者さんの反応は?

近視の人は、メガネをかけることに慣れているので、すぐ使いこなせる人が多いですね。
ただ、正視や遠視のように、もともと遠くが見えていた人や、少々神経質な人は、慣れるのに少し時間が必要な場合があります。

しかし、慣れてしまえば、これほど便利なものはなく、手放せないという人が大半です。
ただ、どうしても慣れないという人もいます。


──遠近両用メガネを作るときに注意する点はありますか。
 
目的や用途に合わせて選択するといいでしょう。

例えば、パソコンをする時間が長い人なら、約30㎝から1m以内がよく見える近々両用、部屋の中が不自由なく見えればいいという人なら、2~3mくらいまでが見える中近両用を選ぶと、目が疲れにくくなります。


──自分に合った遠近両用メガネを作るには、どこに行ったらいいでしょうか。

視能訓練士がいて、屈折矯正に力を入れている眼科に行くことをお勧めします。
メガネの度数を決める検査や、メガネ作成後の満足度など、眼科によって差が出ることがあります。


──量販店でも作れますか。

作れますが、レンズメーカーや価格によって累進設計が違うことがありますので、ご自身が希望したものと同じレンズか、累進設計が同じかなどをきちんと確かめてから、購入するといいでしょう。


──これから遠近両用メガネを作る人にアドバイスをお願いします。
 
必ず眼科で視力を測定してから、メガネを作ってください。
病気のチェックという点でも、眼科での視力測定が大事です。
 
また、メガネの度数が合わないと、頭痛や肩こり、目の疲れの原因になります。
メガネを作ったら、半年から1年に一度は、眼科で視力のチェックを受けてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)