MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
物理学者が指南【幸運の引き寄せ方】愛の気功実践法5大ポイント

物理学者が指南【幸運の引き寄せ方】愛の気功実践法5大ポイント

愛そうとか愛されようとか努力していたのが、いつの間にか「あるがまま」の愛になるのが、愛の気功の真髄です。誰か(何か)と時空を共有し、ただここに「ある」だけ。それこそが最上の愛の形なのです。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)

周囲に対する気持ちを変えるだけで、どんな状況も最適な状況に変わる――これは、物理学をヒントに見い出した、厳然たる事実です。

「素粒子」という言葉を聞いたことはありませんか。

これは物質を構成する最小単位です。
私たちの体を含めたあらゆる物質は素粒子で構成され、素粒子によって空間は連続的に広がっているというのが、従来の物理学の考えでした。

これに異を唱えたのが、ノーベル賞学者の湯川秀樹博士です。
博士は、素粒子が「素領域」という泡のような入れ物の中に入っていることを、理論的に提唱しました。
泡の配置は不連続で、少し配置が変わるだけで、泡と泡の間を素粒子が行き交う際のエネルギーの伝わり方が変化します。

ところで、素粒子は物理的な力(重力や電磁力など)によって、素領域から別の素領域へと遷移します。

では素領域は何によって動いているかというと、実は「愛」や「情」ではないかと考えるのが、素領域理論のポイントです。
そして、愛や情が作用するということは、素領域1つひとつには「霊」的要素があり、素領域の全集合は「神」といえるのではないか。

素領域どうしの関連性は「神意」によるものといえるのではないか――というのが、素領域理論による、この世界の捉え方です。
素領域に愛を送ると、神意によって、素領域の配置が最適化します。

それによって、運命も、人間関係も、人生すべてが一変するのです。

「愛の気功」を実践するための5大ポイント

1「進んで損をする」

弱い人、最も損なクジを引いた人から順に、神様は助けてくれます。
例えば、スーパーでは賞味期限ができるだけ短いものを買いましょう。

電車やバスは最後に乗り、最後に降りましょう。
こんなことでも、続けるうちに何かが変わり、ある日「世界はこんなふうに回っているんだ」と気づくはずです。

2「毎朝、合掌する」

自分という存在は、神から身体を与えられている存在です。
合掌は、身体への感謝を忘れないための行為です。

身体に意識を向けるという点では、誰かの重い荷物を持ってあげたり、手を差し伸べたりするのも同じです。
余計なことを考えずに身体を使っていると、状況が変化していきます。

3「人を見たら神様と思う」

人と人の間には、神様がいます。
神様を通して人を見ると、どんな人も神様になり、いい人になります。

もし、目の前の人が悪魔に見えたとしても、それも神様の取り計らいです。
神様だと思えば、どんな人でも自然とたいせつに思えます。

そうすると、悪いことは決して起きません。

4「愛されていると信じ切る」

自分が愛されていないのに、何かを愛そうとするのは困難です。
神様から、お天道さまから、あるいは世界じゅうの人から、こんなに自分は愛されているのだと、勝手に信じ切ることです。

「愛する」と「愛される」は対です。
どちらがなくなっても持続は難しいですが、両方あれば永続できます。

5「あるがままで過ごす」

愛そうとか愛されようとか努力していたのが、いつの間にか「あるがまま」の愛になるのが、愛の気功の真髄です。
誰か(何か)と時空を共有し、ただここに「ある」だけ。

それこそが最上の愛の形です。
自分がここにいること自体が愛だと気づくと、人も、犬も、山も海も、皆同じ愛の存在だと実感できます。

解説者のプロフィール

保江邦夫
1951年、岡山県生まれ。74年、東北大学理学部卒業。76年、京都大学大学院理学研究科博士課程後期課程中退。78年、名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程修了。スイス・ジュネーブ大学理論物理学科講師、東芝総合研究所研究員を経て、現職。大東流合気武術佐川幸義宗範門人。『ありのままで生きる』(マキノ出版・共著)、『人を見たら神様と思え—「キリスト活人術」の教え』(風雲舎)、『ついに、愛の宇宙方程式が解けました』(徳間書店)など著書多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt