【不眠改善】睡眠薬の減薬・断薬に役立つ「睡眠日誌」のつけ方

【不眠改善】睡眠薬の減薬・断薬に役立つ「睡眠日誌」のつけ方

不眠を訴える人は、睡眠に関するさまざまな誤解が原因の「不眠恐怖」に陥っている例が少なくありません。誤解の一つは、「心身の健康を維持するためには、8時間の睡眠が必要」というものです。確かに、睡眠不足は、高血圧や糖尿病の危険因子となる可能性があります。【解説】小曽根基裕(東京慈恵会医科大学精神医学講座准教授)


細切れでもトータルの睡眠が十分なら問題なし

不眠を訴える人は、睡眠に関するさまざまな誤解が原因の「不眠恐怖」に陥っている例が少なくありません。

誤解の一つは、「心身の健康を維持するためには、8時間の睡眠が必要」というものです。
確かに、睡眠不足は、高血圧や糖尿病の危険因子となる可能性があります。

しかし、人が必要とする睡眠時間には、個人差があります。
日中に強い眠気やふらつき、倦怠感、集中力の低下などの異常がなければ、特に問題はないのです。

「眠りが浅くなった」「若いころよりも睡眠時間が短くなった」という訴えもよく耳にします。
これらは、加齢現象としても生じるもので、特に問題視する必要はありません。
しかし、「不眠は心身の健康によくない」という強い不眠恐怖を抱いている患者さんの場合、「8時間以下の睡眠でよい」「夜中に何度も目覚めるのは、重篤な問題ではない」などとはなかなか思えないようです。

そんな不眠恐怖に陥っている患者さんに私がお勧めしているのが、「睡眠日誌」です。

睡眠日誌とは、自分が眠っていた時間や眠れずうとうとしていた時間、日中の気分など、日々の睡眠の状態を記録するためのツールです。
この睡眠日誌をつけることで、患者さんは自分の睡眠の状態を客観的に把握できるようになります。
不眠恐怖の原因となる、睡眠に関する誤解の解消にも、睡眠日誌は役立ちます。

例えば、「夜中に何度も目が覚めてしまう。睡眠不足ではないか」と訴える患者さんがいたとします。
しかし、睡眠日誌をつけて、たとえ細切れであっても、7時間近い睡眠が取れているとわかれば、自分が決して睡眠不足ではないと、患者さん自身が気付くことができます。

また、睡眠日誌をつけていれば、睡眠時間が長くなくても、日中に眠気がなく、活発に活動できる状態の日が見つかるはずです。
そんな日の睡眠時間は、今の自分にとって十分な睡眠時間というわけです。
この時間を目安にすれば、過度に眠ろうとする意識が和らぎ、睡眠は安定します。

2~4週間ほど睡眠日誌を書き続ければ、自分の睡眠の傾向が見えてくるはずです。

睡眠時間が十分足りていても、もともと眠くなる午後2時を除いて、日中に強い眠気を感じることなく、生活に支障をきたさないようであれば、今の睡眠に問題はないといえます。

睡眠日誌は正しい診断と薬の処方にも役立つ

睡眠日誌は、医療機関での不眠の治療の検討、治療の効果判定にも役立ちます。

前述したように、不眠を訴える患者さんの多くは、睡眠に関する誤解が原因の不眠恐怖に陥っています。
そのため、本来であれば、医師はまず患者さんの睡眠に関する誤解を解くべきです。

しかし、実際には、不眠を強く訴える患者さんに対して、医師は睡眠薬を処方せざるを得ないのが現状です。
多くの医療機関では、不眠恐怖のもとになっている誤解を解くだけの十分な時間を、なかなか割くことができません。

また、患者さん自身が、「眠れないのが怖いから」と、睡眠薬の処方を強く希望する場合もあります。
その結果、本来は不要な睡眠薬を服用する患者さんが誕生してしまうのです。
睡眠薬の中には、日中のふらつきや転倒、認知機能の低下などの副作用があるものもあります。

近年、こうしたリスクが知られるようになり、睡眠薬を服用している患者さんの多くは、服用を止めたがるようになりました。
しかし、患者さんの自己判断で急に服用を止めたり、飲んだり飲まなかったりをくり返すと、かえって不眠が悪化する場合があります。

もちろん私は、睡眠薬を完全に否定するつもりはありません。
精神的なショックなど、不眠の原因となる問題がすぐに解消できない場合などは、睡眠薬は必要でしょう。

ただ、その場合も、「ある程度まとまった睡眠が取れるようになり、不眠の原因が解消されたら、服用を止める」などの治療のゴールは、服用開始時にあらかじめ決めておくべきです。
不要な睡眠薬は飲まないに越したことはないのです。

患者さんが、睡眠日誌で自分の睡眠の状態を医師に客観的に伝えることができれば、医師も治療方針や睡眠薬の処方の有無の検討がしやすくなるはずです。
場合によっては、医師の指導のもとで、睡眠薬を完全に止めることも可能です。

不眠の悩みを抱えている人は、睡眠日誌で自分の睡眠の状態を確認してみてください。
ただし、日誌を書くこと自体がストレスになる場合もあるため、詳細につける必要はありません。

まずは、気らくに始めてみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

電車やバスに揺られていると、眠くなるかたが多いでしょう。それは、ガタンゴトンという一定のリズムに「1/fゆらぎ」(えふぶんのいち・ゆらぎ)が加わっているからです。心音を聴いて、よく眠れるようになった、という声があるのは、この1/fゆらぎの効果によるものだと思います。【解説】池川明(池川クリニック院長・産婦人科医)


【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)