【ガムを噛む】と眼圧が下がり老眼の改善も期待 最新研究で判明

【ガムを噛む】と眼圧が下がり老眼の改善も期待 最新研究で判明

私たちはまず、ガムを噛み続けた後に、目の血流と関連のある眼圧(眼球内の圧力)が低下することを実験で確認。その後、ガムを噛む前後での、白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)


あさかわ・けん
2003年北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻卒業、2010年北里大学大学院医療系研究科眼科学修了、医学博士取得。北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教をへて、2016年より現職。視覚情報科学、形態機能学(視覚器)分野の研究に従事。

約1・7倍も血流がアップした

 私は、視能訓練士(眼科で目の検査や視機能訓練を行う国家資格の必要な医療従事者)を目指す学生に、目の検査法や小児の視力発達に関する訓練法を指導しています。

 その一方で、所属する視覚機能療法学の研究室で、生活習慣による視機能の向上法について研究を続けてきました。
 なかでも、咀嚼による目への影響を評価する実験は、さまざまな角度からくり返し検討を重ねてきた、重要な研究テーマの一つです。

 私たちはまず、ガムを噛み続けた後に、目の血流と関連のある眼圧(眼球内の圧力)が低下することを実験で確認。その後、ガムを噛む前後での、白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。
 目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流が良好に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も、間接的に保たれていることを意味しています。

 実験に協力してくれたのは、平均年齢21歳の健康な学生10名(男性3名・女性7名)です。
 実験では、市販のミント味のガムを噛む前と噛んだ後で、それぞれ血流を専用の計測装置で測り、変化を調べました。白目の表面に安全な光を照射して、血液中の酸化ヘモグロビン相対濃度(赤血球のたんぱく質濃度による血流変化)を測定するのです。

 ガムを噛むスピードは毎分80回とし、10分間続けて噛んでもらいました。咀嚼ではなく、味覚によって影響を受けている可能性も考慮し、ガム以外に、同じ味のあめでも血流の変化を測定しました。

➊何も口に入れていない状態
➋あめをなめた後
➌ガムを噛んだ後

 この三つの条件で白目の血流の変化を1人ずつ測定し、その差を比較したのです。

 実験の結果、ガムを噛んだ後、9人の酸化ヘモグロビン相対濃度が上がっていました。これは、血流に優位な変化が見られたことを示しています。
 白目の血流の変化をわかりやすくするために、何も口に入れていない状態(負荷前)の酸化ヘモグロビン濃度を100%としましょう。
 あめをなめた後の濃度は、平均で105・7%ですが、ガムを噛んだ後では167・6%となっています。ガムを噛む前と比較して、約1・7倍も血流が上がったことになります。これに対して、何も口に入れていない状態の酸化ヘモグロビン相対濃度と、あめをなめた後の酸化ヘモグロビン相対濃度では、ほとんど差が見られません。

 これによって、味覚の影響ではなく、咀嚼という行為が白目の血流をよくすることが証明されました。

1日1回10分間を目安に噛むとよい

 この結果から、ガムを噛むと白目の血流がよくなることがわかります。ガムを噛むことで目の機能を活性化させたり、目の疲れを改善させたりする効果が期待できそうです。

 白目のすぐ近くには、目のレンズの役割を果たしている水晶体の厚みを調節する、毛様体筋という筋肉があります。ガムを噛むことは、毛様体筋にもよい影響を及ぼす可能性があります。加齢に伴って近くにピントが合わせづらくなりますが(いわゆる老眼)、こうした症状にも、ガムを噛むことが一定の効果を発揮しそうです。

 最近行った実験では、目の周りにある眼輪筋、ほおに位置して咀嚼などに使われる咬筋においても、ガムを噛んだ後は血流がよくなっていることがわかりました。
 ちなみに、ガムを使って行ったこれらの実験以前に、スルメを使った実験もしましたが、結果は同じでした。あくまでも「噛む」行為によって、目の血流がよくなることが確かめられたわけです。

 こうした効果は、もちろん皆さんの普段の生活にも応用が可能です。1日1回、10分間を目安にガムを噛んでみてください。長く噛んで味がなくなったガムでは、噛むことがストレスになって逆効果です。自分の好みの味の、おいしく感じられるガムを選ぶのがコツです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


眼圧 老眼 噛む力

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

加齢などによって動脈硬化が進むことに加え、欧米風の食生活の影響で血液がドロドロになります。その結果、目の健康が阻害され、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性など、重大な目の疾患を引き起こすのです。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

東洋医学的な視点から、「肝」と「腎」を養い、血液をきれいにして、目を含む全身の血流を向上させる料理をご紹介します。肝と腎が良好な状態を保ち、血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)