【やり方】腸を活性させる「骨盤腸整ウォーキング」で便秘解消!猫背が治って背が伸びた!

【やり方】腸を活性させる「骨盤腸整ウォーキング」で便秘解消!猫背が治って背が伸びた!

骨盤腸整ウォーキングが習慣化すれば、いろいろな筋肉をバランスよく使えるようになり、代謝がアップし、やせやすい体になるのも特徴です。骨盤腸整ウォーキングは、いつ行っても1日に何回行ってもかまいません。ただし、痛みがあるかたは無理のない範囲で行ってください。【解説】山﨑美歩呼(一般社団法人日本姿勢改善ウォーキング協会)


私自身も猫背・O脚・ぽっこりおなかを改善した

「健康やダイエットのためにウォーキングを行っている」というかたはたくさんいらっしゃるでしょう。
でも、猫背やO脚で歩いているかたを見ると、「正しい姿勢で歩けば、猫背やO脚が直り、肩こりや腰痛もなくなって、体も引き締まるのに!」ともったいなく感じてしまいます。

「骨盤腸整ウォーキング」は、毎日の「歩く」という動作の中で、骨盤を立てる正しい姿勢を意識し、ふだんあまり使われていない筋肉を目覚めさせる歩き方です。
骨盤の動きがよくなることで体の奥の深層筋がより働くようになるので、腸まで活性化でき、便秘の改善や免疫力アップも期待できます。

骨盤腸整ウォーキングが習慣化すれば、いろいろな筋肉をバランスよく使えるようになり、代謝がアップし、やせやすい体になるのも特徴です。
きつい筋トレや食事制限をしなくても、毎日の歩き方を変えるだけで、スリムな体が手に入ります。

生徒さんの中には、体重が10kg以上減ったかたも。
肩こり、腰痛、ひざ痛、便秘、生理痛が改善されたと喜びの報告もいただいています。
さらに、「気持ちが前向きになった」と、人生を謳歌されているかたが多いのもうれしいことです。

実は、私自身が猫背やO脚、肥満に悩んでいた過去があり、骨盤腸整ウォーキングが生まれました。

産後に15kg太った後、元に戻らず、ウォーキングやジム通いをしましたが、全然やせなかったのです。
けれど、正しい歩き方と骨盤矯正を勉強し、実践したところ、体重は1カ月半で6kg落ち、猫背が直って身長が2cm伸びました。

O脚だった足も、ふくらはぎまでくっつくようになりました。
だからこそ「このウォーキングを、もっと多くの人に広めたい!」と決意し、骨盤腸整ウォーキングのプログラムを開発したのです。

骨盤腸整ウォーキングは、いつ行っても1日に何回行ってもかまいません。
ただし、痛みがあるかたは無理のない範囲で行ってください。

山﨑美歩呼
一般社団法人日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事。ウォーキング講師。福岡を中心に全国で「骨盤腸整ウォーキング」のレッスンを実施。百貨店や企業でのセミナー、大学での講義も行い、年間延べ3000人に指導している。レッスン生のおよそ90%の人が猫背・O脚が改善できたという。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


骨盤 ウォーキング 便秘

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

前回に引き続き、「便失禁」のお悩みについて、お答えします。前回は、便失禁で悩んで当院に来られている人の実に9割が、肛門機能に異常がない「ニセ便失禁」であること、その原因の多くは、肛門付近に便が残っている「出残り便秘(R)」であることをお伝えしました。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)