MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【イライラ・ストレス】を抑える簡単な方法 脳が活性化する「親指への刺激」とは

【イライラ・ストレス】を抑える簡単な方法 脳が活性化する「親指への刺激」とは

昔から、「手先をよく動かす人はボケにくい」と言われてきました。それは、確かに事実です。ただし、その「手先」にあるすべての指の中で、脳機能の活性化にとりわけ大きな役割を果たすのが、実は「親指」なのです。【解説】長谷川嘉哉(医療法人ブレイングループ理事長・認知症専門医)

研究と実践を重ねて生まれた“究極の健康法”

今から16年前、私は、認知症専門外来のクリニックを開業しました。
また、その2年後には、主に遠方からの患者さんを受け入れるデイサービスを開始しました。

以来、ほぼすべての患者さんに、お勧めしている健康法があります。
それは「親指刺激法」です。

昔から、「手先をよく動かす人はボケにくい」と言われてきました。
それは、確かに事実です。

ただし、その「手先」にあるすべての指の中で、脳機能の活性化にとりわけ大きな役割を果たすのが、実は「親指」なのです。
そのため、親指を適切に刺激すると、認知症の予防や進行抑制、記憶力アップや意欲向上などの効果があります。
また、冷え症やイライラの解消、不眠の改善にも大いに役立つのです。

「ほんとうに親指を刺激するだけで?」と驚かれるかもしれません。

しかし、私が考案した親指刺激法は、指の構造はもちろんのこと、脳の構造や機能、指と脳の関係性、血液の流れや神経機能なども考慮しつつ、研究と実践を繰り返してたどりついた“究極の健康法”なのです。
実は、こうした親指刺激法を1冊の本にまとめたところ、13万部を超えるベストセラーになりました。
おかげさまで、そのすばらしさは着実に広まってきていると自負しています。

そこで今回は、何種類かある親指刺激法の中でも、誰でも簡単に行える「親指のキワもみ」をご紹介したいと思います。

血流がぐっとよくなり自律神経の働きも調整

親指のキワもみのやりかたは、非常に簡単です。
ひとことで言えば、親指の爪の左右のキワを、反対の手の親指と人さし指でもむだけです(下図参照)。

実践するうえで、爪を立ててもんだり、強く押し込んだりする必要はありません。
押す側の親指と人さし指の“腹の部分”を使い、1秒に1回押すぐらいのペースで20回軽くもめばOKです。

指先には、無数の毛細血管が張り巡らされています。
また、心臓から出た動脈が静脈に切り替わる「動静脈吻合」というポイントでもあります。

こうした特徴があるところをもむことで、脳だけでなく全身の血流がぐっとよくなっていきます。
また、「もむ側」の親指の動きは、脳の前頭葉という部位にある運動野を刺激し、「もまれる側」の指の動きは頭頂葉にある感覚野を刺激します。

おかげで、血流アップとの相乗効果も生まれ、脳の働きが総合的に活性化されるわけです。
さらに、指先は神経が発達しているため、少しの刺激でも脳へ的確に情報が伝わります。

親指のキワをきちんともめば、脳をストレスから癒し、自律神経(※内臓や血管の働きを調節して、人間の生命活動を支えるネットワーク。体を緊張状態に向かわせる「交感神経」と、リラックス状態に向かわせる「副交感神経」とのバランスでなる。)のバランスを整えることにもなるのです。

ですから、1日の中で自律神経の働きが変わるタイミング、つまり起床後や入浴後は、親指のキワもみを行うのにとても理想的です。
その際、朝は「副交感神経優位から交感神経優位に切り替わるとき」ですから、少し強めの「イタ気持ちいい強さ」でもむといいでしょう。
反対に、夜は「交感神経優位から副交感神経優位に切り替わるとき」ですから、優しく「心地いい強さ」でもむことをお勧めします。

脳・全身の血流を促進する親指のキワもみ

解説者のプロフィール

長谷川嘉哉
1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。医学博士。認知症専門医。独自に開発した「親指刺激法」を認知症の予防や脳リハビリに役立てている。2000年には、認知症専門外来および在宅医療のためのクリニックを岐阜県土岐市に開業、毎月1000人の認知症患者を診察する。著者、『親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!』(サンマーク出版)はベストセラー。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)
マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)
私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)
近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)
マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)