MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【不安、悩みで眠れない】解消には“かかと”を叩くとよい

【不安、悩みで眠れない】解消には“かかと”を叩くとよい

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。そんな人に共通する体の特徴があります。それは首の後ろが硬くこわばっていること。なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)

考えごとで眠れないのは首の緊張が原因

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。

そんな人に共通する体の特徴があります。
それは首の後ろが硬くこわばっていること。
正確には、頸椎(背骨の首の部分)とその周囲が極端に緊張した状態であることが多いのです。

なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。

試しに、首の力を抜き、ダランとうなだれたまま、九九を唱えてみてください。
次に、首をシャキッと持ち上げて、同じことをしてみましょう。

首を立てたときのほうが、考えやすくなりませんでしたか?

ものを考えるとき、頸椎筋を緊張させなければ、しっかりとものを考えることができません。
意外かもしれませんが、脳だけではなく、体も同時に使って初めて考えることが可能となるのです。

一方、眠気があるときは頭がボーッとしてものを考えることなどできません。
このとき、頸椎筋はどうなっているかというと、緊張が解けてゆるんだ状態です。
これは逆もしかりで、頸椎がゆるんだ状態でないと、眠気は訪れません。

「悩みがあって、眠れない」と言いますが、これは「悩み」そのものが原因ではなく、頸椎が緊張したままであるから眠くならないのです。

つまり、悩みごとがあっても、頸椎がほぐれていれば眠気は訪れるのです。

アキレス腱をゆるめると首の筋肉がゆるむ

そこで、頸椎をゆるめる簡単な方法としてお勧めしたいのが、今回ご紹介する「かかとたたき」です。

やり方は下図の写真をご覧ください。

これは、かかとを40回、こぶしで強めにたたく体操です。
この体操の狙いは、かかとに刺激を与えて、アキレス腱をゆるめることにあります。

私が施術に用いている野口整体(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、頭の緊張とアキレス腱は、密接なつながりがあると考えています。

実際、悩みや不安がある人は、頸椎筋だけでなくアキレス腱もガチガチです。
こういった人には、かかとたたきのようなアキレス腱をゆるめる施術を行います。
すると頸椎筋の緊張が取れ、それに伴って不眠も解消します。

かかとたたきのやり方

行ったその夜から効果を実感できる

先日、私は入院中である70代の知人女性を見舞いました。
すると「手術の傷が痛く眠れない」とのこと。
そこでアキレス腱をゆるめる施術をしたところ、その後はグッスリ眠れたそうです。
この方の場合、痛みだけでなく、病院という特殊な環境で不安が高じたことが不眠の原因となっていたのでしょう。

また、糖尿病を抱え一人暮らしをしている70代の女性は、「あれこれ考えてしまい、なかなか眠れない。寝ても朝3時には目覚める」と訴えていました。
そこで、かかとたたきを行ったところ、その夜はすんなりと眠れ、目覚めたら朝6時だったそうです。

このように、かかとたたきは、悩みや不安で眠れない不眠に即効性があります。

効き目を確かなものとするために、かかとたたきを行う前後で、首とアキレス腱の硬さを確認しましょう。
確認する場所は、首は頸椎の両端の筋肉です(上の図参照)。
上から下へとつまみます。アキレス腱は、ふくらはぎからかかとにかけての両端の筋肉をつまんで、硬さを確認します。

かかとたたきを行った後に、この2ヵ所がほぐれていればうまくできたということ。
硬いままなら、再度行います。

最後に、不眠を解消するには、適度な運動と水分の摂取は不可欠です。
水を意識して取り、日中はなるべく体を動かすことを心掛けてください。

解説者のプロフィール

浜田貫太郎
整体師。石川県生まれ。野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会へ入門。同
協会に8年在籍後、独立。施術のほか、各種講座を開催して、整体の普及に努める。著書に『整体操
法入門』(たにぐち書店)がある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
更新: 2019-04-15 10:01:23
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
更新: 2018-12-30 18:00:00
実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-25 18:00:00
横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)
更新: 2018-12-18 18:00:00
あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)
更新: 2018-12-13 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt