【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


誰でも毎日催眠を体験している

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。
ヒプノセラピーを語る上で欠かせないのが、「顕在意識」と「潜在意識」です。

私たちの意識のうち10%は、理性、思考、判断を司る顕在意識。
残り90%は感情、感覚、記憶を司る潜在意識と言われます。

潜在意識は、文字どおり隠れています。
自分では意識できない領域ですが、情報処理能力は顕在意識の100万倍と言われます。

催眠とは、ふだんあまりつながっていない潜在意識にアクセスし、「顕在意識と潜在意識がつながった状態」になることです。
ちゃんと意識(顕在意識)が働いているので、操られることはありません。

安心してくださいね。
催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。

起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。
習慣化していることも、広い意味では催眠状態です。

毎日通う場所には、無意識でたどり着けますよね。
映画を観て共感しているときも催眠状態。

顕在意識では作りごとだと分かっているのに、潜在意識では映画の世界と自分の感情が共鳴し、涙ぐんだりします。
映画の世界をあたかも自分が、体験しているかのように感じているのです。

催眠状態になると免疫力が上がる

人間の生命活動に欠かせない自律神経(※呼吸、体温調整、消化といった、人間の生命活動に欠かせない機能を支える、体中に張り巡らされたネットワーク。)は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。
交感神経は私たちの心身を興奮、緊張させ、活動状態に導きます。

しかし、常に交感神経が優位だと疲れてしまい、高じるとうつにもなり得ます。
顕在意識だけで過ごしていると、日常生活で入ってくるたくさんの情報を判断し続けることになります。

そのため、交感神経優位になりやすく、ストレスを感じやすいのです。
一方、副交感神経は、私たちの心身を弛緩させて、リラックス状態へと導きます。

催眠状態では、脳波に「アルファ波」や「シータ波」(※いずれも脳波の種類を表す。アルファ波は安静時、シータ波は深いリラックス状態のときに出る脳波。)が現れることがわかっています。
つまり、潜在意識につながった催眠状態は、リラックスしているので、副交感神経優位になりやすいのです。

例えば、副交感神経優位になると、リンパ球による免疫力が向上します。
ガンの免疫を司っているのはリンパ球ですが、実はこれらは、副交感神経が支配しています。

経験上、緊張している人は、ガンなどの病気が治りにくい傾向があります。
リラックスして、副交感神経優位になる時間が必要なのです。

潜在意識とつながり本来の生き方を取り戻す

潜在意識は、私たちの体ともつながっています。
例えば、心臓移植をすると、心臓を受け取った人は、食べ物の好みや習慣が提供者とそっくりになるケースがあります。

また、殺されて亡くなった提供者の記憶が蘇り、犯人が捕まった例もあります。
つまり、細胞には感情や記憶が埋め込まれているということ。

細胞は潜在意識とつながっているのです。
心臓が単なる血液ポンプであれば、こうしたことは起こり得ません。

細胞に記憶があるなら、ガン細胞にも記憶があります。
私がガン患者さんにヒプノセラピーを行う場合、潜在意識につながっていき、ガン細胞と話をします。

すると、潜在意識にある“感情のしこり”が明らかになります。
これがガンを作っていることも多いのです。

以前、講演会で100人ほどのかたに催眠誘導をしました。
講演を終えるとある女性がやってきて、「死のうと思っていたが、内側から声が聞こえて『死んじゃだめだ』と言うので、生きようと思った」とおっしゃっていました。

患者さんは病気を治す答えを、自分の潜在意識の中に持っていて、答えに気づくお手伝いをするのが催眠というわけです。
これ以外にも、潜在意識とつながることで、拒食症や対人恐怖症を克服されたり、家族問題を解決されたり、花粉症や腰痛が改善したり、胃ガンの進行が止まったりと、催眠療法には多くの実例があります。

人は誰しも潜在意識の中に、問題解決力や自己治癒力を持っています。
そうした力を思い出せば、本来はもっと輝いて、自分らしい生き方ができるのです。

萩原優
イーハトーヴクリニック院長。医学博士。広島大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡診断・治療、緩和医療に従事し、第一外科講師、消化器外科准教授を経て、外科部長に就任。30年以上にわたり3000件以上の手術に関わる。現在は、イーハトーヴクリニック院長、聖マリアンナ医科大学客員教授、日本緩和医療学会評議員などを務める。著書に『医師が行う「ガンの催眠療法」CDブック』(マキノ出版)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)