便秘のタイプを知れば下剤からの脱却も可能!大学病院で勧める「腸活テクニック」

便秘のタイプを知れば下剤からの脱却も可能!大学病院で勧める「腸活テクニック」

私はこれまで多くの便秘に悩む人々を診てきましたが、よかれと思ってやっていることがかえって症状を悪化させてしまうこともあります。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


ひどい便秘の人は 食物繊維の取り方に注意

 私はこれまで多くの便秘に悩む人々を診てきましたが、よかれと思ってやっていることがかえって症状を悪化させてしまうこともあります。
 例えば、便秘の解消に食物繊維がよいと考え、野菜や玄米を中心に取っている人です。ひどい便秘の人は、食物繊維の取り方によっては逆効果になることもあり、注意が必要です。
 食物繊維は体が作る消化液では消化されず、大半は便になります。腸内が空っぽのときは、食物繊維が便のかさを増やして腸の活動を活発にするので、確かに便秘の予防に効果的です。
 ところが、すでに便秘で、腸内に内容物が滞っているところに消化されない食物繊維が送り込まれると、未消化の内容物がさらに増加します。この結果、便がいよいよ硬くなったり、ガスが多量に発生したりして、便秘がさらに悪化するのです。
 実は、食物繊維は水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」の二つがあります。腸の働きが低下している人が、不溶性食物繊維を多量に取ると便秘を悪化させる恐れがあるのです。
 不溶性食物繊維が多いのは、キャベツやレタスなどの野菜サラダ、玄米やオートミールなどの穀物や雑穀類、豆類、サツマイモ、カボチャなどです。
 また、最近はやっている肥満を予防するための「食べる順番」にも注意が必要です。
 便秘の人が、食物繊維を多く含む野菜から食べ始め、次に肉や魚などのたんぱく質、最後にごはんなどの炭水化物の順番で食べると、便秘を悪化させる恐れがあります。
 便秘のときには、胃腸への負担を減らし、鈍っている胃や腸の働きをよくすることが原則です。そのためには、主食の炭水化物から先に食べたほうがいいのです。

私自身が半年で 40㎏もやせた

 実は私自身が、炭水化物を減らし、食物繊維を多く取ることによって、便秘になった苦い経験があります。
 私は現職に就く前、故郷の青森県で開業医をしていました。
 そのときの体重は、なんと110㎏です。胃腸の専門医だった私ですが、自分の胃腸には無関心だったともいえます。
 しかし、肥満は胃腸が健康な証拠ともいえるのです。胃腸が本当に弱った人は、腸から栄養を吸収できず、太ることもできません。
 そんないい訳をくり返していましたが、このままで健康によいわけがありません。ある日、ダイエットを決意しました。
 まずは食事です。食事の絶対量を減らし、食事内容はごはんなどの炭水化物の摂取量を減らして野菜を中心にしました。
 食事の摂取量が減ると便になる材料が足りなくなり、便秘がちになります。加えて、不溶性食物繊維の多量摂取で便秘になるというパターンに、私自身が陥ったのです。
 そのことに気付いてからは、炭水化物の量を増やすようにし、便秘を改善させました。
 さらに、私は毎日10㎞、週末には30~40㎞のジョギングを半年ほど続けました。
 その結果、体重は70㎏を切るまでになりました。あれから10年以上がたちますが、現在の体重は75㎏前後で安定しています。便秘することもなく、よい腸内環境を維持できています

便秘の原因は 大きく五つ

 便秘を招く原因は大きく分けて五つが考えられます。まずは、自分の便秘の原因がどれに当たるのかをチェックし、具体的な対策に取り組んでいきましょう。どんながんこな便秘でも、原因を知れば改善策がわかり、下剤も手放すことができるのです。
 便秘の患者さんで特に多いタイプは、以下の三つです。
①便が出ていないわけではない
 が、残便感のある便秘
②やせた高齢者に多い便秘
③持病の治療薬による便秘
 この①~③タイプの便秘の具体的な対応策は、次回、詳しくお話ししましょう。

瓜田純久
1958年、青森県生まれ。東邦大学医学部を卒業。専攻は、内科学、総合診療医学、機能性消化器疾患、内視鏡医学など。便通異常や腸内ガス研究の第一人者として、これまでに1000人以上の患者を診察。著書に、『便秘を治す腸活クリニック』(マキノ出版)、『腸が若返る新・健康法10分のゴロ寝で10年長生きできる』(扶桑社)などがある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは、ガンの中では最も助かりやすいガンの一つです。なぜなら進行が遅く、良性のポリープから段階的にガンに変わっていくからです。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで招く「腸内フローラの乱れ」

便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで招く「腸内フローラの乱れ」

「腸内細菌」が、多くの病気や老化のカギを握るキーワードとして、今注目されています。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング