MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体臭を消す方法】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消す方法】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)

解説者のプロフィール

五味常明(ごみ・つねあき)
五味クリニック院長。
1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部卒業。昭和大学医学部卒業。昭和大学病院形成外科で形成外科学、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ。「体臭の悩みの解決には外科治療の技術の他に、心の治療も必要」と考え、心のケアに外科的手法を組み合わせた「心療外科」を新しい医学分野として提唱・実践する。治療・研究の傍ら、テレビなどメディアでも活躍。流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。『なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?』(かんき出版)、『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)など著書多数。

●五味クリニック
・東京
新宿区百人町1-10-12
TEL 03-3368-5126
・大阪
大阪市西区新町3-8-18
TEL 06-6532-8632
http://www.gomiclinic.com/

「体臭が気になり仕事に集中できない」

清潔志向の高まりも影響してか、現代の日本には、体臭を気にする人が非常に増えていると感じます。
25歳から49歳の男女約1100名を対象にしたある調査では、「自分や他人の体臭が気になって仕事に集中できないことがある」と答えた人が60%近くを占め、「体臭はビジネスシーンにおいて、マイナスに影響する」との回答は約90%に達しました。

体臭は、仕事や対人関係にまで悪影響を及ぼす問題なのです。
ひとくちに体臭といっても、種類はさまざまです。

私は体臭を、加齢臭・脂臭・汗臭・頭皮臭・足のにおい・口臭の6つに大別しています。
ここでは混同されやすい「加齢臭」「脂臭」「汗臭」を詳しく見ていきます。


①加齢臭
中高年になると出てくる特有のにおいが加齢臭で、原因物質は「ノネナール」です。
毛穴にある皮脂腺からは皮脂が分泌され、皮膚や毛髪を保護しています。

しかし年を取ると、皮脂腺の中で活性酸素が発生して皮脂が酸化しやすくなります。
皮脂が酸化すると、脂肪酸やアルデヒドなど多様なにおい成分が生成され、皮脂のにおいは強くなります。

ノネナールも、におい成分のひとつです。
ノネナール自体は、ろうそくや枯れ草に似たにおいで、単独ではさほど不快ではありません。

ただし、他のにおい成分と混ざると、途端に不快なにおいになるのです。

加齢臭より圧倒的に不快な2種類のにおい

②ミドル脂臭
不快な体臭の代表格は、脂臭です。
30~50代のミドル世代に多いにおいで、ミドル脂臭と呼ばれることもあります。

「ジアセチル」が原因物質で、「古い油のよう」と表現されます。
「つわり臭」とも呼ばれ、女性がかぐと胸がムカムカするような生理的な不快感を覚える刺激臭です。

ミドル脂臭は後頭部から首すじの後ろ側にかけての部分に発生しやすいので、枕がくさい人はミドル脂臭の可能性が高いです。
ジアセチルは、汗の中に含まれる乳酸が、皮膚の表面に生息する常在菌によって分解されると発生します。

ここに、汗や皮脂が酸化してできる中鎖脂肪酸が結合すると、加齢臭とは比べ物にならないほど強烈なにおいが発生します。


③汗臭
汗のにおいも、体から出る不快な体臭の1つです。

主要な原因物質は、尿のにおい成分でもある「アンモニア」です。
全身から出ますが、わきの下など、汗腺が多く集中する部分からは特に出やすいです。

汗を分泌する汗腺には、全身に分布するエクリン腺と、わきの下や性器の周辺など特定の部分のみに分布するアポクリン腺があります。
アポクリン腺から出る汗は、糖質や脂質、アンモニアなどの成分を含み、粘り気があるのが特徴で、ワキガの原因となることもあります。

一方、体温調節のためにエクリン腺から出る汗は、本来は99%以上が水分です。
サラリとしていて、においはほとんどありません。

しかし、生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。
現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。

汗の原料は血液ですが、汗腺から汗が出るとき、体に必要な栄養やミネラルは血液に再吸収されるため、汗として排出されるのは、水分とわずかな塩分だけです。
ところが、汗腺の機能が低下すると、この再吸収がうまくいかなくなるのです。

【チェックリスト】私のにおいは「脂臭」?「汗臭」?

きつい体臭は不健康のシグナル

また、エネルギー代謝(※体内に摂り入れられた炭水化物・脂質・たんぱく質が、酸素や消化酵素などの働きで、運動や体温維持などのエネルギー源となる仕組み)や解毒の機能が低下すると、血液中に悪臭の原因物質が増え、汗といっしょに排出される量も増えます。
疲労がたまったり、血行が悪かったりして、体内の酸素が不足していると、糖質の代謝において多量の乳酸が産生されます。

その結果、汗の中の乳酸が増え、脂臭の発生につながるのです。
一方、汗臭の原因となるアンモニアは、腸内でたんぱく質が分解されるときに産生されます。

通常アンモニアは、肝臓で分解されて尿素となり、尿として排泄されます。
しかし、飲酒、高タンパク・高脂肪な食生活、ストレスなどによって肝機能が低下すると、アンモニアが分解されず、汗とともに体外に出てきます。

きつい体臭は言わば、健康状態の異常を示すシグナルです。
では、気になる体臭を抑えるには、どんな対策が有効でしょうか。

市販の制汗剤や消臭剤の多くには、殺菌成分や汗を抑える成分が配合されており、乱用するのは考えものです。
皮膚を守る常在菌まで殺してしまったり、汗を出せなくなって体内に熱がこもり、熱中症になる可能性が高まったりするからです。

そこで私がお勧めするのは、「重曹水」と「ミョウバン水」、2種類の手作り消臭スプレーの活用です。
重曹はアルカリ性で、加齢臭やミドル脂臭など酸性のにおいに効果的です。

一方、ミョウバンは酸性なので、汗臭などアルカリ性のにおいに有効です。
重曹もミョウバンも安価なので、2種類のスプレーを作り、自分が気になる体臭のタイプに応じ、併用するといいでしょう。

もちろん生活習慣の改善も大事です。
汗腺を鍛えるために、冷房に頼りすぎない、適度な運動をする、夏でもお風呂に入る、睡眠・休息をしっかり取る、暴飲暴食しないなどのことを、ぜひ心がけてください。

「重曹水スプレー」と「ミョウバン水スプレー」の作り方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
便、おなら、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸で作られます。腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水化物などは、主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンといった、においの少ないガスを作ります。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-30 18:00:00
頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではありません。私のクリニックには「こまめに洗髪しているのに頭が臭い、におう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが「塩洗髪」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-08 10:02:18
それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。【体験談】『ゆほびか』編集部M(52歳)
更新: 2018-11-23 07:00:00
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-10-09 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt