医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

口臭を改善する【歯の磨き方】口内悪玉菌が発する毒ガスを撃退!

口臭を改善する【歯の磨き方】口内悪玉菌が発する毒ガスを撃退!

代表的な悪玉菌は、虫歯菌と歯周病菌です。虫歯菌は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。歯周病菌は、歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因となります。実は、口臭の原因菌の8割以上が、この歯周病菌です。歯周病菌が発する、腐敗臭を伴うガスこそが口臭の正体なのです。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部教授)


口臭の正体は口内の悪玉菌が発するガス

「腸内フローラ」が最近話題になっています。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌(腸内の環境によって善玉にも悪玉にもなる菌)、合わせて約300種以上、約100兆個以上の腸内細菌が、種類ごとにまとまって、びっしりと腸内に壁面を作って生息している状態を、花畑(フローラ)にたとえた言葉です。

実は腸だけでなく、口の中にも「口内フローラ」があることをご存じでしょうか。
口内にも、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が多数存在し、フローラを形成しています。
およそ100~1000億個と腸内より数こそ少ないものの、種類は700種類以上と、口内の菌種の方がはるかに多いのです。

腸内では、腸壁が防衛の役割を果たしているため、悪玉菌が血中に漏れることはありません。
しかし口内では、なにか噛むたびに、虫歯の穴や、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)から口内フローラが血中に漏れ、悪玉菌が体内に入っていってしまいます。

血中に漏れた悪玉菌は、脳や子宮も含めた体じゅうのあらゆる臓器に侵入します。
そして糖尿病・高血圧をはじめとする生活習慣病や、ガン、関節リウマチ、認知症、早産、低体重児出産などのさまざまな問題を引き起こすということが、近年の研究で明らかになってきました。
口内フローラの菌のうち、悪玉菌は少数です。

しかし、砂糖やご飯などの糖質を多く取ったり、歯磨きを怠ったりしていると口内環境は悪化します。
悪玉菌がみるみる増殖し、ひどい場合は、口内フローラのほとんどが悪玉菌となります。
代表的な悪玉菌は、虫歯菌と歯周病菌です。

虫歯菌は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。
歯周病菌は、歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因となります。
実は、口臭の原因菌の8割以上が、この歯周病菌です。
歯周病菌が発する、腐敗臭を伴うガスこそが口臭の正体なのです。

洗口液やタブレットより歯磨きが有効

歯周病菌を含む口内の悪玉菌は、ぬるぬるとした糊状の毒素を産出して、歯の表面や歯周ポケットに付着します。
そして菌どうしでスクラムを組んで、「バイオフィルム」と呼ばれるバリアを張ります。

バリアの中には悪玉菌がうじゃうじゃいて、くさいガスが発生します。
年齢とともに歯ぐきがやせてくると、歯の表面積が増えるため、バイオフィルムの面積も広がります。

すると歯周病菌も増え、口臭もきつくなっていきます。
歯周病菌は、血液中に多く含まれるたんぱく質、ヘモグロビンと結びつきやすいので、歯ぐきから血が出ている人は特に注意が必要です。

口内の悪玉菌を一網打尽に撃退すれば口臭を解消できるのですが、残念ながら、そのような特効法は今のところ見つかっていません。
やはり、日頃の歯磨きで、口内の悪玉菌を減らしていくのがいちばんの近道です。

昨今、洗口液(マウスウォッシュ)やガム、乳酸菌のタブレットなど、口内環境を整えるとうたわれた多くの商品が出回っているようですが、どんなアイテムを使うよりも、歯磨きこそが有効であると、私は考えます。
歯磨きは、普通〜やわらかめの歯ブラシと、硬めの歯ブラシ、2本を準備し、それぞれを使い分けることをお勧めします。

○普通〜やわらかい歯ブラシ
毎日の歯磨きに使う。ペングリップ(鉛筆を持つように握る・下図参照)で持ち、歯周病菌が潜んでいる歯周
ポケットを念入りに磨く。
磨く強さは、爪と指先の間をこすっても痛くない程度。

○硬めの歯ブラシ
3日に1回程度、バイオフィルムを除去するために使用。
パームグリップ(親指をブラシの柄に当て、残りの4本の指で握る・下図参照)で持ち、デッキブラシでこするようなイメージで、歯と歯の間に突っ込み、歯間部を含めた歯の表面を磨く。

併せて、歯間ブラシまたは糸ようじで、歯の隙間や歯周ポケットも磨く。

口臭を撃退する2種類の歯磨き術

繊維質の豊富なリンゴやゴボウも悪玉菌を撃退

舌にも、多くの悪玉菌がいて、特に舌の中央部の奥のほうに、菌や汚れが溜まりがちです。
舌ブラシを使い、定期的にやさしくこすり磨きましょう。

なお、歯や舌の適切な磨き方・磨く頻度には、個人差があります。
自分に適した磨き方を詳しく知りたい際は、かかりつけの歯科にて、歯科衛生士に相談してみてください。

この他、硬い繊維質が豊富なリンゴやゴボウなどを食べるのもお勧めです。
繊維質は善玉菌のエサとなるうえ、歯も舌も磨けます。

繊維を悪玉菌といっしょに飲み込んでしまえば、胃で、胃酸が菌を殺します。
悪玉菌は、一晩でも歯磨きをしないで寝ると、確実に増殖します。

口臭だけでなく、全身の病気を防ぐためにも、ぜひ正しい歯磨きを習慣づけてください。

解説者のプロフィール

花田信弘
鶴見大学歯学部教授。
1953年、福岡県生まれ。
福岡県立九州歯科大学歯学部卒業、同大学院修了。
米国ノースウェスタン大学博士研究員、岩手医科大学助教授、国立感染症研究所部長、九州大学連携講座教授、国立保健医療科学院部長などを経て、2008年より現職。
日本歯科大学、明海大学、東京理科大学の客員教授、長崎大学、新潟大学、東京医科歯科大学の非常勤講師、NEDO 評価委員を併任。
著書に『白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 』(光文社新書)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)


口中の菌は一晩で8倍!時間が取れなくても「歯磨き」をするべき理由

口中の菌は一晩で8倍!時間が取れなくても「歯磨き」をするべき理由

高齢者が肺炎で亡くなるというのは、皆さんにとっても、非常に身近で切実な出来事といえるでしょう。だからこそ、私たちは肺炎を防ぐ配慮を怠ってはならないのです。肺炎のうちで高齢者に多く見られるのが誤嚥性肺炎です。頻繁に誤嚥が起こっているのは、夜間の睡眠中です。【解説】奥田克爾(東京歯科大学名誉教授・千葉県立保健医療大学講師)


めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

ゆでモヤシと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。【解説】井上正文(群馬中医研薬局薬局長)


朝起きたときの口のネバつきは口内細菌!対策は寝る前の「緑茶うがい」

朝起きたときの口のネバつきは口内細菌!対策は寝る前の「緑茶うがい」

歯の表面や根元などにたまる白いネバネバの物体を、歯垢(デンタルプラーク)といいます。その正体は、細菌のかたまりです。口の中、とりわけ歯垢に含まれる細菌は、ウ○コ、つまり糞便に含まれる細菌と量も質もほとんど変わらないと聞いたら、あなたはどう思いますか。【解説】落合邦康(日本大学歯学部特任教授)


【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)