【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


腸の病気だった私の強い味方

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。

腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。
原因が特定できず、何を食べたらいいのかわからず、病との闘いにも疲れ果てていました。

そして、最終的にたどり着いたのが発酵食品です。

発酵食品を食べるようになって、目には見えない菌が活動し、発酵し、菌の働きに助けられて私たちは生きているということがわかりました。
「自分の腸は善玉菌が少なくなっていたため、消化・吸収がちゃんとできなかったんだ」と気づき、腸内細菌のバランスを整えて善玉菌を増やす発酵食品を自分で作るようになりました。

市販の動物性のヨーグルトは食べられなかった私ですが、豆乳と玄米で作る「豆乳グルグルヨーグルト」なら食べることができ、私の腸はどんどん元気になっていきました。
今では過敏性腸症候群も治まり、いろいろなものが食べられるようになりました。

そして豆乳ヨーグルトと発酵食品を楽しむためのフェイスブックの同好会「TGG豆乳ヨーグルト同好会」の管理人としても活動するようになりました。
この同好会には、現在1万1000人以上ものかたに参加いただいており、熱い情報交換が行われています。

その発酵仲間たちの中で最近ホットなのが「発酵キャベツ」です。
ドイツでは「ザワークラウト」と呼ばれて親しまれています。

ソーセージや肉料理などに添えられているお漬物のような発酵食品、食べたことがあるかたも多いでしょう。
あれは実は、とっても簡単に手作りできます。

キャベツを塩で発酵させるだけなのです。
手軽にできますが、発酵によって乳酸菌が増えて、腸内環境を整えてくれるので、発酵仲間たちから大人気です。

実際に手作りして食べた人からは、「便秘が治った」「肌の調子がよくなった」「体から活力がわいてきた」などの報告が続々寄せられています。

実は私自身、病気を治すために発酵生活を始めた頃、発酵キャベツを作って、スープに入れてよく食べていました。
ほかのものは食べられなくてもキャベツはだいじょうぶだったので、「キャベツは腸に優しいんだ」ということがわかりました。

大航海時代から健康に役立っていた

海外では、発酵キャベツは昔から健康維持のために重宝されていたそうです。
1700年代、「キャプテン・クック」で有名なイギリスのジェームズ・クック船長は、史上初めて壊血病(※出血性の障害が体内の各器官で起こる病気。ビタミンCの欠乏が原因となる)による死者を出さず、世界周航を成し遂げました。

クック船長の船には大量のザワークラウトが積んであったそうです。
発酵キャベツは一度作ると長期保存がききます。
クルーたちは遠洋航海中にザワークラウトを食べたおかげで、壊血病にかからなかったのです。

まろやかな酸味があっておいしい発酵キャベツですが、そのまま食べることのほか、いろんなお料理に使えて、レパートリーも増えます。
ホットドッグ、マカロニサラダ、餃子、ホイル焼き、お鍋にも合います。

また、おなかが弱っている人は、スープに入れて、温かくして食べることから始めることをお勧めします。
トマトやベーコン、豚肉などを入れたスープはとても美味です。

キャベツはどこでも手軽に手に入る野菜ですが、できれば自分の住んでいるところから近い土地で作られたもの、無農薬のものを選ぶと、よりおいしく、安心して食べられます。

塩は、塩化ナトリウムが成分の精製塩だと発酵が進まないので、天然塩を選ぶようにしてください。
塩の量はキャベツの量の2~3%が目安です。
少なすぎると発酵が進まず、失敗してしまうこともあるので注意しましょう。

また、空気に触れると乳酸菌のほかに雑菌も繁殖してきます。
密封して重石をすることもポイントです。

海外のザワークラウトは、キャラウェイシードというスパイスを入れて作ります。
しかし、今回ご紹介する発酵キャベツの材料は、キャベツと塩と水だけ。
これだけでじゅうぶんにおいしく出来上がります。

出来上がった発酵キャベツは、冷蔵庫で保存することで、半年~1年間保存することができます。
時間が経つごとに熟成され、どんどんうまみを増していくのも、食べる楽しみの1つです。

栗生隆子
自然素材の暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年の腸の病気を自然治癒力で完治。その経緯から目に見えない菌が健康にも環境にもたいせつな役割をしていると知り、菌の世界から発酵への理解を深める。命のリレーをして細胞が続いていくように「つないでいく発酵」がテーマ。Facebook「TGG 豆乳ヨーグルト同好会」の管理人。『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』(マキノ出版)などの著書がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)