医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

発酵パワー【フルーツ水キムチ】の作り方 臭いも辛さもナシで栄養満点

発酵パワー【フルーツ水キムチ】の作り方 臭いも辛さもナシで栄養満点

フルーツと野菜を漬け汁に入れて漬けこむだけ。翌日には、乳酸菌が普通のキムチの2倍も含まれているといわれる、フルーツ水キムチが出来上がります。トウガラシやニンニクは使わないので、においも辛さもありません。新しい発酵食品の魅力に迫ります。【監修】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


解説者のプロフィール

奥田涼子(おくだ・りょうこ)
発酵プロフェッショナル・発酵マイスター。
ローフードマイスター1級。フードコーディネーター。発酵食品の普及をめざし、フルーツ水キムチをはじめとした各種レッスンや講座を開催。
Facebookで『育菌美人』のページを主宰。

●ブログ
https://ameblo.jp/ryoko-okuda/

日ごとに変わる味を楽しむ

→【前の記事】「フルーツ水キムチ」とは

フルーツ水キムチは、作ってから1日で食べられます。
夏場なら半日〜1日常温で発酵させ、その後冷蔵庫で保存します。

常温は20℃前後。
日光が直接当たる場所は避け、暑過ぎず寒過ぎず、自分がいて心地いいと思う環境に置きましょう。
常温に半日〜1日置いたら冷蔵庫で保存し、夏なら5日をめどに食べきりましょう。

発酵の過程では、乳酸菌だけでなく雑菌も増えやすい環境にあります。
漬け汁から腐敗臭がしたり、カビが浮かんだりしたら、食べずにすぐに廃棄してください。

冷蔵庫でも発酵は少しずつ進みます。
ですから、フルーツ水キムチも、ぬか漬けのように、1日ごとに味が微妙に変わります。
その変化を楽しむのも、発酵食品の一つの楽しみ方です。

水キムチの作り方

リンゴのフルーツ水キムチ

適度な歯ごたえがあり、色味もきれいなリンゴはフルーツ水キムチに最適です。
そのため、季節が合うときは、講座のときも生徒さんにはリンゴのフルーツ水キムチを作ってもらいます。

今回、野菜は手軽さや作りやすさからキュウリとダイコンにしましたが、お好みの野菜で作ってください。

【材料】(作りやすい量)
・水…500mL
・上新粉…大さじ1/2
・塩……大さじ1/2
・リンゴ……1/2個(150~200g)
・キュウリ……1本
・ダイコン……200g
・塩(野菜の塩もみ用)……少々
・酢……大さじ3

※酢は米酢、黒酢などなんでもよいが、リンゴ酢を使うととても食べやすくなる。
また、すっぱいのが苦手な人は糖分が添加された「飲むタイプ」の酢を使ってもよい。

【作り方】
①鍋に水と上新粉、塩を入れてよくかき混ぜる。
火にかけて沸騰させ、沸騰したら火を止めて、そのまま冷ます。
※沸騰後、しっかりと冷ますこと。

②ダイコンとキュウリはよく洗い、皮ごと切る。
塩を振って軽くもむ。5~10分ほど、水気が出るまで置いておく。
※野菜の切り方は、いちょう切り、ななめ切りなど好きな形、厚さで。

③②をしっかりと水洗いして塩気を落とす。
キッチンペーパーで水気をふき取る。
※水気はしっかりとふき取る。

④よく洗ったリンゴを皮つきのまま食べやすい形に切り、密閉できる袋に入れる。
※リンゴの皮部分に乳酸菌が多いため、皮つきで使う。

⑤④に野菜と冷ました①を加える。

⑥⑤に酢を加え、袋をゆすって全体を混ぜ合わせたら、空気が入らないように袋を閉じる。
※雑菌の繁殖を防ぐため、しっかりと空気を抜く。

⑦⑥を常温で発酵させる。
常温(20℃前後)で夏は半日~1日、冬は1日程度で出来上がり!出来上がったら冷蔵庫へ。
※夏場は日の当たらない涼しい場所や、適度に冷房が効いた部屋に置いて発酵させるのがお勧め。

【食べごろ】
・夏場は半日~1日程度おけば食べられる(夜に漬けたら朝食べられる)。
発酵が進むにつれて味が変わっていくので、変化を楽しんでもよい。

【保存】
・袋に入れたまま冷蔵庫で保存する。

・作るとき同様、なるべく空気が入らないようにして保存する(容器などに移さない)。

・漬けてから5日~1週間は冷蔵庫保存が可能。
 暑い夏はなるべく早めに食べきるようにする。

ブドウのフルーツ水キムチ

ここでは、夏にお勧めのフルーツと野菜を組み合わせたレシピを「応用編」としてご紹介します。
ブドウは皮の部分にアントシアニンをはじめとした抗酸化成分が豊富なので、ぜひ皮ごと使ってください。

また、フルーツ水キムチ全般に言えることですが、フルーツはなるべく硬めで歯ごたえがあるものを選ぶとおいしく食べられます。

【材料】(作りやすい量)
・水……500mL
・上新粉……大さじ1/2
・塩……大さじ1/2
・ブドウ……150g
・セロリ……茎の部分を1本分
・パプリカ……1/2個
・キャベツ……100g
・塩(野菜の塩もみ用)……少々
・酢……大さじ3

【作り方】
①鍋に水と上新粉、塩を入れてよくかき混ぜる。火にかけて沸騰させ、沸騰したら火を止めて、そのまま冷ます。

②セロリは茎の部分を1cmのななめ切りにする。キャベツとパプリカはざく切りに。
 切った野菜に塩を振って軽くもむ。5~10分ほど、水気が出るまで置いておく。

③②を水洗いしてキッチンペーパーで水けをふき取り、密閉できるビニール袋に入れる。

④ブドウを皮つきのまま縦2つに切り、種を除いて③の袋に入れる。

⑤④に冷ました①と酢を加えて、空気が入らないように袋を閉じる。

⑥⑤を常温に置いて発酵させる。出来上がったら冷蔵庫へ(冷やして食べたほうがおいしい)。

パイナップルのフルーツ水キムチ

ズッキーニは煮たり炒めたり加熱して使うことが多いと思いますが、実は生で食べてもとてもおいしい野菜です。

また、パイナップルも、漬け汁に漬けていても形がくずれず、甘みが発酵にうまく使われるため、フルーツ水キムチに向いています。

プチトマトは赤はもちろん、いろいろな色のものを使うと彩りがさらに鮮やかになります。

【材料】(作りやすい量)
・水……500mL
・上新粉……大さじ1/2
・塩……大さじ1/2
・パイナップル……150g(カットフルーツでOK。缶詰は避ける)
・ミニトマト……100g
・ズッキーニ(小~中)……1本
・塩(野菜の塩もみ用)……少々
・酢……大さじ3

【作り方】
①鍋に水と上新粉、塩を入れてよくかき混ぜる。火にかけて沸騰させ、沸騰したら火を止めて、そのまま冷ます。

②ズッキーニは皮ごと一口大に切り、塩を振って軽くもむ。5~10分ほど、水気が出るまで置いておく。ミニトマトはそのまま使うので、ヘタだけ取り除く。

③②を水洗いしてキッチンペーパーで水けをふき取り、パイナップルとともに密閉できるビニール袋に入れる。

④③に冷ました①と酢を加えて、空気が入らないように袋を閉じる。

⑤④を常温に置いて発酵させる。出来上がったら冷蔵庫へ(冷やして食べたほうがおいしい)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)


【ジーンズが緩くなった!】「塩発酵キャベツ」で慢性便秘を改善!ポッコリ下腹も凹んだ

【ジーンズが緩くなった!】「塩発酵キャベツ」で慢性便秘を改善!ポッコリ下腹も凹んだ

塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)


【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

今回注目したいのは、食材からカルシウムを溶出させ、吸収を促す酢の作用です。酢を入れた水で殻つきの貝を煮ると、殻に含まれるカルシウムが酢の成分と結びついて、煮汁に溶け出します。酢を入れずに煮た場合と比べると、3倍以上ものカルシウムが溶け出すことがわかりました。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

「みそ汁を飲みなさい。そんな肌荒れくらい、すぐに治るよ」と勧められたのも、みそ汁を飲む大きな動機となりました。翌日から、毎日みそ汁を飲みました。すると、ボロボロだった肌が2ヵ月で生まれ変わったのです。便秘も解消して、毎日快腸です。冷え症も改善し、真冬でも手足の冷えを感じません。【体験談】藤本智子(ミソガール)


ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

実をいうと私も、20年ほど前から、みそ汁に酢を入れています。きっかけは、お仕事でごいっしょした先輩が、みそ汁に酢を入れるのを見たことでした。意外な組み合わせに驚きましたが、お酢好きの私は、すぐにまねをしました。すると予想を上回るおいしさだったのです。それ以来、みそ汁には必ず酢を入れています。【体験談】秋本奈緒美(女優)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)