MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
子どものアレルギーにおすすめの食事 腸内環境を整える「塩発酵キャベツ」の効果

子どものアレルギーにおすすめの食事 腸内環境を整える「塩発酵キャベツ」の効果

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)

老化や病気の原因物質を抑える

「塩発酵キャベツ」は、現代の日本人に最も食べてほしい食品の一つです。それほど塩発酵キャベツには理想的な要素がそろっています。

現代人の食物繊維の摂取量は、戦前の1/3にまで減っています。これが、便秘や腸の病気に悩む人が増えている大きな理由です。

また、パソコンやスマートフォン、電化製品などの電磁波や、環境や生活のストレスによって体内に活性酸素(※1)が発生します。これにより腸内環境が悪化し、老化を早めたり、体にダメージを与えたりして、多くの病気を引き起こす原因になっています。

しかし、塩発酵キャベツを食べることで、食物繊維不足も活性酸素の増加も抑えることができます。
キャベツは、食物繊維がとても豊富で、普段の食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。

もう一つ見逃せないのは、キャベツの抗酸化作用です。キャベツは野菜の中でもトップクラスの抗酸化作用を持ち、活性酸素を抑える働きをします。発酵キャベツを食べることで、腸内の悪玉菌の働きを抑えると、結果的に活性酸素の除去にもつながってきます。

このように塩発酵キャベツは、現代人が最も足りていないものを補ってくれる優秀な食材なのです。

さらにキャベツにはビタミンUが含まれます。
これは「キャベジン」とも呼ばれ、胃の粘膜を修復する働きがあります。
「発酵キャベツを食べた後は胃がスッキリする」という人が多いのはこの作用のためです。


※1 物質を酸化させる力が非常に強い酸素。殺菌力が高いが、増えすぎると病気や老化の原因となる

子どものアレルギーにも効果大!

あるテレビ番組で、4人のタレントさんたちに毎食酢をかけたキャベツを2週間食べてもらいました。すると、4人全員が食事を変えたわけでも、運動を始めたわけでもないのにダイエットに成功したのです。

これは腸内で「やせ菌」(※2)が増えたためです。やせ菌が増えると何を食べても太りにくい体質に変わります。塩発酵キャベツでも同等の効果が期待できます。

塩発酵キャベツは、お子さんにもお勧めです。近年は便秘や下痢、さまざまなアレルギー症状に悩む子どもが増えています。これらはすべて腸が原因です。塩発酵キャベツを食べることで改善につながります。

近年、糖尿病、うつ、認知症、自閉症にも腸内環境が関係していることがわかってきました。塩発酵キャベツを食べて腸を整えることは、全身の健康の基本とも言えるのです。


※2 腸内に存在する日和見菌で、バクテロイデス門と呼ばれるグループに属する菌のこと

解説者のプロフィール

藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)
1939年、中国・旧満州ハルピン生まれ。東京医科歯科大学医学部を卒業後、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学医学部教授などを歴任。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。『ガンにならない整腸学』(PHP研究所)、『ウンココロ』(実業之日本社)、『笑うカイチュウ』(講談社)など著書多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)
ある日、テレビで、「天然の酵母を起こし、それでパンを作る」という映像を見ました。おもしろそうだったので、私も作りたくなり、自己流でやってみました。ところが、酵母を起こす段階でカビが生えてしまい、うまくいきませんでした。【体験談】竹内悦子(51歳・主婦)
オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)
私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)