【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

腸内環境を整えるために、毎日摂取したいのが「発酵食品」です。今回ご紹介する「フルーツ水キムチ」も、その一つです。水キムチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく豊富に含み、腸内環境を整えるには抜群の効果があります。しかも、辛くないので食べやすいキムチです。【解説】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


辛いキムチで発酵食品のパワーを実感

腸内環境を整えるために、毎日摂取したいのが「発酵食品」です。
今回ご紹介する「フルーツ水キムチ」も、その一つです。

韓国の食文化を代表するキムチも、私が大好きな発酵食品です。
その一方で、あのにおいと辛さが苦手という人も多いのではないでしょうか。

実は私は学生時代、重度の便秘でした。
11日もの間便通がなかったこともあったのです。

思えば、その原因は無理なダイエットでした。
食事量を減らしたために、便の材料となる内容物がそもそも足りず、また、便通に必要な食物繊維の摂取もできていなかったのです。

腸内の老廃物を出すために便秘薬を常用するようになり、そのため、いつも腹痛がありました。
その後、便秘の解消には、便の材料となり、腸で善玉菌のエサとなる食物繊維を食事でしっかりと取ることや、発酵食品がとても効果的と知りました。

そこで目をつけたのがキムチです。
ハクサイですから、食物繊維も豊富。
発酵食品で乳酸菌もたっぷりです。

それからは毎日、昼食にごはんとキムチとみそ汁を食べ続けたのです。
数日でお通じはよくなり、発酵や野菜のパワーを実感しました。
ところが、1ヵ月ほどたったときに、家族に「におうよ」と言われてしまったのです。

その後、食に対する勉強を深め、発酵や食物繊維への知識も得ると、食物繊維と一口にいっても、水溶性と不溶性の両方が必要なことを知りました。
そこで注目したのが、水キムチだったのです。

水キムチの漬け汁は植物性乳酸菌の宝庫

韓国には、赤くて辛いキムチのほかに、野菜を水に漬けて発酵させる水キムチもあります。
水キムチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく豊富に含み、腸内環境を整えるには抜群の効果があります。

しかも、辛くないので食べやすいキムチです。
水キムチは、漬け込んだ野菜を食べるのはもちろんのこと、漬け汁もスープのように飲みます。

あるテレビ番組では、水キムチの汁に含まれる植物性乳酸菌の量は、いわゆる普通のキムチのおよそ2倍、ぬか漬けの20倍と紹介されていました。
まさに植物性乳酸菌の宝庫です。

乳酸菌には整腸作用があり、腸の働きを活発にします。
便秘の改善はもちろんのこと、美肌効果や免疫力を高める効果もあります。

また、コレステロール値や血圧、血糖値を低下させることから、生活習慣病の予防と改善にもつながります。
さらに、水キムチの乳酸菌は植物性です。

チーズやヨーグルトなどの動物性乳酸菌は穏やかな環境で育ちますが、植物性乳酸菌は、野菜や穀類などに塩を加えて発酵します。
そのため、動物性乳酸菌に比べると、過酷な条件でも生き残ることができるので、生きたまま腸に届く確率が高いのです。

乳酸菌を取りたいけれど、乳製品でおなかがゴロゴロになってしまうという人も、フルーツ水キムチなら安心です。
これほどすごい発酵食品である水キムチを見逃す手はありません。

漬け汁の味はおいしいサワードリンク

しかし、ここでも問題になるのがにおいです。
それならと、オリジナルで作り始めたのが、ニンニクを使わないフルーツ水キムチでした。

従来のハクサイやダイコンなどの野菜のほかに、フルーツを加えたことで彩りがよくなり、食べやすくもなりました。
果物の抗酸化成分も摂取できます。

私も、旬のフルーツや野菜で手作りしたフルーツ水キムチを毎日食べています。
先日、アメリカに行ったときには、さすがにフルーツ水キムチを持参できなかったので、代わりにヨーグルトを毎日食べていました。

でも、やはり便秘になってしまい、4日間お通じがありませんでした。
ところが、帰国してフルーツ水キムチを食べたらすぐにお通じが来たのです。

私の便秘解消には、やはりフルーツ水キムチが最高のようです。
食事のときはもちろんのこと、フルーツですから、間食にも適しています。

甘いお菓子の代わりにこのフルーツ水キムチを食べれば、ダイエットにも役立つでしょう。
また、のどが渇いたときには、フルーツ水キムチの漬け汁でのどを潤します。

ほんのりフルーツの香りと味もあり、おいしいサワードリンクといったところでしょうか。
しかも糖分はいっさい加えず、フルーツの甘さのみです。

私はフルーツ水キムチに入れる野菜やフルーツもさることながら、この漬け汁が大好きです。
この漬け汁を飲んでいたら、2本飲んでいた缶ビールが1本で満足できるようになりました。

先ほどもお話ししましたが、漬け汁は植物性乳酸菌の宝庫です。
フルーツ水キムチを作ったあかつきには、漬け汁はぜひとも飲み干してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

前回に引き続き、「便失禁」のお悩みについて、お答えします。前回は、便失禁で悩んで当院に来られている人の実に9割が、肛門機能に異常がない「ニセ便失禁」であること、その原因の多くは、肛門付近に便が残っている「出残り便秘(R)」であることをお伝えしました。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)