出ても残便感がある【直腸性便秘】お腹が痛い 対策は 寝る前の「この姿勢」

出ても残便感がある【直腸性便秘】お腹が痛い 対策は 寝る前の「この姿勢」

便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリしない、コロコロ便しか出ない、便が細い、お腹が張る、お腹が痛いという「残便感」に悩む人たちです。「出残り便秘」とも呼ばれています。ここでは、話題の直腸性便秘の改善方法をご紹介しましょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長・総合診療科教授)


直腸性便秘を改善させるセルフケアに詳しい瓜田純久教授(東邦大学医療センター大森病院副院長)

直腸性便秘は「便が直腸に入っても」便意を感じなくなる

 大学病院の総合診療科を訪れる便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリとした感覚を持てない残便感に悩む人たちです。
 まったく便が出ないわけではないのですが、便が出たときに、出し切った感覚に乏しく、不快に感じています。

 この残便感の悩みは、大きく二つに分けることができます。
 残便感を感じるとき、実際に便が肛門の手前の直腸に残っている場合と、便が残っていない場合です。まずは、前者の腸内に便が残っている場合から解説しましょう。

●便が直腸に残っている場合
 この場合の原因としては、①自律神経の乱れ(けいれん性便秘)や、②直腸の異常(直腸性便秘)が考えられます。
 けいれん性便秘とは、ストレスなどの影響で、腸の働きをコントロールしている自律神経のバランスがくずれた結果、大腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が強過ぎて起こる便秘です。おなかの張りや腹痛を伴うこともあります。
 便意は非常に強く感じるのに、出てもコロコロしたウサギのフン状で量が少なく、残便感を覚えます。便秘と下痢をくり返すのも、この便秘の特徴です。

 直腸性便秘とは、直腸に問題が起きて生じる便秘です。便が直腸に入ってくると、その刺激が脳へ伝わり、肛門周囲の筋肉がゆるみ、便を出す態勢に入ります。これを、「直腸・肛門反射」といいます。
 この反応は一過性で、排便せずに我慢していると、やがて便意がなくなってしまいます。こうした我慢をくり返していると、そのうち便が直腸に入っても便意を感じなくなります。直腸に留まった便は時間とともに硬くなり、排泄されにくくなります。直腸性便秘でも、強い残便感が起こってきます。

●便が直腸にない場合
 この原因は、たいてい下剤の乱用によるものです。市販の下剤の多くは、刺激性タイプの下剤です。このタイプの下剤は、効果が強い半面、習慣性があり、常用するとだんだん効かなくなります。下剤の作用で腹痛を伴います。

 また、このタイプの下剤を常用していると、排便のときにおなかがギューッと痛くなり、トイレに行くとドッと出るという感覚に慣れていきます。その結果、本来の自然な便意を感じることができなくなり、排便してもスッキリしないという感覚に悩まされるようになるのです。

曲がりくねった腸からガスを出す「ガス抜き」の秘策

 残便感がある便秘の患者さんには、便秘解消のテクニックとして「寝る前10分のうつぶせ寝」を勧めています。
 腸はおなかの中で曲がりくねっているため、階段の踊り場のようにくねっている箇所にガスがたまりがちです。そこで、うつぶせでおなかを圧迫し、さらにゴロゴロ転がることで、腸内のガスを移動させ、オナラとして排出させるのです。

 こうしてガスが抜けると、腸の蠕動運動が促され、便秘が解消されます。
 うつぶせ寝を行うのは、1日のうちで胃腸の動きが活発になる時間、とくに寝る前をお勧めします。寝る前10分のうつぶせ寝を習慣とするといいでしょう。

便秘薬(下剤)の種類を 変えてみる

 うつぶせ寝に加えて、残便感のそれぞれの原因に合わせた対策も行えば、便秘を解消する効果はより高まります。
 けいれん性便秘では、ストレスの解消を目指します。対策の基本は、規則正しい生活で、睡眠をしっかり取ることです。その上で、スポーツや趣味などでストレス解消に励みましょう。

 直腸性便秘は、便意が起こったとき、仕事などで忙しくてすぐにトイレに行けないことが大きなきっかけとなります。日中仕事が忙しくてトイレにすぐ行けない人の場合には、朝、仕事に出かける前に排便をすませる習慣をつけることが最良の方法になるでしょう。
 そして、下剤を常用している人は、まずは刺激性タイプの下剤とは作用の異なる下剤に薬を切り替えることです。すぐに下剤の常用をやめたいところですが、現実的には難しいために、最初は薬の種類を変更します。

 新たな下剤として勧められるのは、便のかさを増やす「膨張性下剤」や、便を軟らかくする「塩類下剤」です。膨張性下剤は市販薬としては販売されていませんので、病院で処方してもらう必要があります。
 うつぶせ寝は、簡単にできるにもかかわらず、驚くほど効果のある方法です。
 毎日うつぶせ寝を続けながら、できる範囲で生活の改善や、下剤の減量・離脱に取り組んでみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


おなら 直腸性便秘 便秘

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

前回に引き続き、「便失禁」のお悩みについて、お答えします。前回は、便失禁で悩んで当院に来られている人の実に9割が、肛門機能に異常がない「ニセ便失禁」であること、その原因の多くは、肛門付近に便が残っている「出残り便秘(R)」であることをお伝えしました。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)