【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


原因不明の体調不良から奇跡の生還!

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。
病院で手術や投薬などの治療は受けるのですが、それでもなお健康とは言えない人をたくさん見てきたからです。

そんなとき、私自身が原因不明の体調不良に襲われました。
発熱、便秘、原因不明の腹痛、全身に広がる湿疹とかゆみ、PMS(月経前症候群)、慢性疲労感、頭痛、めまい、動悸、不整脈、血液データの変化……重度の脱水症状に陥り、一時生命の危機にさらされる事態にもなりました。

病院に何度も訪れ、検査するのですが、どこも異常なし。
決定的な症状名がつきません。

そうするうちに心理的閉塞感、不安感が強くなり、ほんとうに生きるのがつらい日々が続きました。
この状態はなんと7年間にも及びました。

当時、幼い子どももいましたし、「なんとかしなければ」という気持ちがありました。
そのとき、実家の母が具合が悪かったとき、ヨガで元気になったことを思い出したのです。

私はヨガの大家である龍村修先生に師事し、ヨガを学ぶことにしました。
すると薄紙を剥ぐように少しずつ全身の体調不良が治りはじめ、ついに半年後には、「生きているってうれしい」と思えるほどにほとんどの症状が回復しました。

これは龍村先生から学んだヨガと、そして「龍村式指ヨガ」の効果にほかなりません。
指ヨガは、「手指をもむ」ことで全身でヨガをやっているのと同じ効果が得られるというものです。

手指をもむだけなので、いつでもどこでも手軽にできますし、また足や腰を痛めて動けない人、寝たきりの人でもヨガが行うことができます。
龍村式指ヨガは、「手は人体の縮小版」という原理に基づいて行います。

中指が頭と首にあたり、残り4本の指が手と足にあたります。
手のひらが消化器系の内臓や子宮など、手の甲が背骨や骨盤などに相関しています。

この考え方から体の不調を感じる部分に相応する指のポイントをもむことで、間接的にその部分の異常を修正することができます。
例えば、指ヨガをやる前に首を左右にねじり、さらに指ヨガをやった後にも同様に首を左右にねじってみます。

指ヨガを行う前よりも後のほうが首の可動域が広がっていることがわかると思います。
中指は、頭から首、背骨にあたります。
ここをねじったり、回したりするのは、首をねじったり、上半身をぐるぐる回したりしたことと同じ効果が得られます。

それで首の可動域が広がったわけです。

患者の腰痛・めまい・うつ・認知症に効いた!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。
そこで患者さんや指ヨガに興味のあるかたに、指ヨガを施術・指導しています。

参加者に協力してもらい、2014年6月〜2015年11月の間、データとアンケートを取りました。
その結果が上の図です。

血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。
もう1つ、驚いたのが認知症への効果です。

認知症の患者さんが集まる老人養護施設へ指ヨガの施術に行っているのですが、指をもんであげると皆さんきちんと反応があったり、気持ちよさそうな顔をしたりするのです。
なかには指ヨガのことを覚えてくれたかたもいました。

指ヨガによる指のもみ方の詳細は別記事をご覧ください。
基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介しています。

体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。
時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。

また、基本的には右手か左手、どちらかでよいですが、両方やっても構いません。
行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。

吐く息を意識しながら行います。
滞りのあるところがほぐれて元気になるイメージで行います。

「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。
指ヨガは、いつでもどこでも何回やっても構いません。

気がついたときに気軽に実践してみてください。

→「中指ねじり」のやり方はコチラ

宮本よしか
長崎県生まれ。虎の門病院血液内科などで看護師を約10 年間勤めた後、自らの原因不明の体調不良から西洋医学への限界を感じる。その後、龍村修氏に師事し、ヨガを本格的に学んで元気を取り戻す。現在はヨガや指ヨガを通じて、ホリスティックな面から真の健康をサポートしている。田園調布長田整形外科、沖ヨガスタジオなどで指ヨガの施術・指導を行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)