MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
猫背は膝を伸ばして治す「直角壁すわり」で後ろ姿の若さと品格を取り戻す

猫背は膝を伸ばして治す「直角壁すわり」で後ろ姿の若さと品格を取り戻す

年を取ると、次第に筋力が衰えます。20歳の人を100とすると、60歳以上の筋肉は約半分に減るのです。それとともに、姿勢が悪くなり、ネコ背になる人が増えていきます。そこでひざが少々曲がっていても骨盤を正しい位置に戻せる 「直角壁すわり」をお勧めします。【解説】三矢八千代(八千代スタジオプロアカデミー主宰)

すべての健康は正しい姿勢から

「年だから姿勢が悪くなっても仕方ない」「背中が丸くなったのは年のせい」などと、あきらめてはいませんか。
年を取ると、次第に筋力が衰えます。

20歳の人を100とすると、60歳以上の筋肉は約半分に減るのです。
それとともに、姿勢が悪くなり、ネコ背になる人が増えていきます。

加齢によって生じるネコ背は、年のせいだから治すことが難しい。
そう考える人も多いかもしれません。

しかし、そんなことは決してありません。
私のスタジオでは、70歳代やそれ以上の人たちが、ピンとしたきれいな姿勢で運動を楽しんでいます。

後ろ姿だけ見れば、まさに20代に見えるほどです。
しかし、その人たちは最初からよい姿勢だったわけではありません。

適切な運動を行えば、何歳でもネコ背を改善することは可能なのです。
いくつになっても、運動を行えば体は大きく変わります。

遅いということはないのです。
とはいえ、激しい運動をする必要はありません。

基本はよい姿勢を保つだけです。
姿勢がよいと、実年齢より若く見え、立ち振る舞いに品格が出ます。

それ以上に姿勢がよくなると、体調が改善されて、日常生活もらくに感じられるようになります。
「ああ、疲れた」と口にする回数も激減するでしょう。

体が動きやすくなると歩くのも速くなり、運動量が増え自然と体もスリムになります。
姿勢がよいと、すてきなことばかり起こるのです。

ネコ背を治すにはまずひざを伸ばすこと

ネコ背の人をよく観察してみると、ひざがピンと伸びている人はほとんどいません。
加齢によって筋力が低下すると、体を支えるために踏ん張ろうとしてひざが曲がります。

ひざが曲がると、体がバランスを取ろうとして骨盤が後ろに倒れます。
骨盤が後ろに倒れると、さらにそのバランスを取るためにネコ背になり、あごが前に出ます。

人間の体はつながっていますから、体のある部分でバランスがくずれると、そのつり合いを取ろうとして、反射的な変化が連鎖的に生じるのです。
これを「姿勢反射」といいます。

逆に、この姿勢反射を利用して、ネコ背を改善することが可能です。
特に注目したい部分が、ひざなのです。

ひざを伸ばしてみましょう。すると、股関節が開きます。
股関節が開くと、体の中でも最も大きな筋肉である大殿筋と、太ももの裏側の筋肉であるハムストリングが収縮します。

すると、後傾していた骨盤が正しい位置に収まり、体が起きるのです。
背すじがピンと伸びて、前に出ていたあごが引っ込み、正しい姿勢になります。

ところが、ひざが硬くて伸びない人は骨盤が正しい位置になりません。
そこでひざが少々曲がっていても骨盤を正しい位置に戻せる「直角壁すわり」をお勧めします。(やり方は次項の図参照)

「直角壁すわり」のやり方

腹筋と背筋が同時に鍛えられる

直角壁すわりでは、壁にぴったりと腰と背中、両肩、頭を付けて、足を伸ばして座ります。
これだけで骨盤が正しい位置になって姿勢がよくなります。

腹筋や背筋を同時に使うことができ、よいトレーニングになるのです。
しかし、ネコ背の人は、直角壁すわりを初めはなかなかうまくできません。

腰や背中、両肩、頭が壁に付いてひざが伸びるようになるには、くり返し行うことが大切です。
自分の骨盤が正しい位置にあるかどうかは、直角壁すわりを行う前に、まず普通に立って自分の重心が足のどこにあるか感じてください。

その後、直角壁すわりを3〜5分間行い、再び立って自分の重心を感じてみましょう。
すると、この直角壁すわりを行う前とは違って、足の裏全体に体重がかかり、しっかり立てている感覚がわかると思います。

1回行うだけでも違いを感じるでしょう。
慣れないうちはひざや腰などに違和感があり、難しいと感じるかもしれません。

違和感のある部分は、普段しっかり使えていない筋肉です。
少しずつ続けることで、使っていなかった筋肉が強化できます。

伸びなかったひざが徐々に伸び、ひざが伸びると、骨格はきれいに整い美しい姿勢になります。

解説者のプロフィール

三矢八千代
八千代スタジオプロアカデミー主宰。
1952年、東京生まれ。
日本体育大学大学院トレーニング科学専攻修士。
83年より、東京・中目黒でエアロビクスの専門スタジオ「八千代スタジオプロアカデミー」を主宰。
日本体育大学非常勤講師ほか、スポーツクラブのアドバイザーも務める。
著書に、『DVD付きオールカラー 高齢者イキイキ!音楽に合わせてリズム運動』(西東社)、『ロコモにならないワン・ツー・スリー運動』(ルックナウ)などがある。

●八千代スタジオプロアカデミー
http://www.yachiyostudio.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)
更新: 2018-11-16 11:47:47
下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)
更新: 2018-11-13 18:00:00
骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)
更新: 2018-11-05 18:00:00
バストが全体的に垂れ下がってしまったり、デコルテあたりからそげて骨が浮き出てしまったり、バストトップが外を向いて離れてしまったりといった悩みをよく聞きます。体形やバストが崩れる最たる原因は「筋肉のこり」を放置しているからです。【解説】朝井麗華(株式会社キレイカンパニー代表・経絡整体師)
更新: 2018-09-15 20:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt