痛みは脳が作りだす!「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛が緩和する理由

痛みは脳が作りだす!「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛が緩和する理由

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


解説者のプロフィール

長田夏哉(おさだ・なつや)
●田園調布長田整形外科
東京都大田区田園調布2-41-2NTT田園調布ビル1F
TEL 03-5483-7070
http://www.osada-seikei.com

日本医科大学卒業。
慶應義塾大学病院、済生会神奈川県病院、川崎市立川崎病院などを経て、2005年、田園調布長田整形外科を開院。
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医。
体、心、意識へアプローチした自発的治癒力を高めるための医療を実践する。指ヨガインストラクターの資格も取得。
『体に語りかけると病気は治る』(サンマーク出版)ほか著書多数。

手は「露出した脳」もめば腰痛・ひざ痛も緩和

病気の治療というのは、機械の修理のように、悪いところだけを治せばよいというものではありません。
肩や腰、ひざなど、どこか1カ所に痛みを感じたときに、その部分だけを治しても問題は解決しません。

人間の体は、どの部位もすべてつながっているからです。
つまり、東洋医学で言われる「部分即全体」、手の中に全身があるということです。

そこで私は、治療をするにあたって、西洋医学的なアプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。
なかでも最近患者さんたちに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。

当院のウェルネスプログラムでは、プログラムごとに理学療法士や作業療法士、看護師、柔道整復師、鍼灸師やスポーツトレーナーなど、専門知識を持つ担当者が指導しています。
指ヨガの場合も、指ヨガインストラクターが指導・施術を行っています。

指ヨガは、呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことのたいせつさを説くのはヨガだけではありません。
西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、私が専門としている整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。

実は私も大学病院の勤務医だったときは、手のみを専門とするチームに所属していました。
手が特別なのは、その機能的な多様性・特殊性だけでなく、「露出した脳」と考えられているほど、脳と密接な関係にある部位だからです。

人間の脳は、ほかの動物と違い、生命活動を司る脳幹よりも、大脳の占める割合が大きいのが特徴です。
ただ生きるのではなく、運動や感覚、そしてそれらを処理して、思考、認知、記憶など高次な機能を得てきました。

これが「人間らしさ」です。
緊張すると手が震えたり、興奮するとこぶしを握り締めたりします。

感情の変化が手に出るわけです。
これは逆に言うと、手をもみほぐして緊張を取れば、脳もリラックスさせられることを意味します。

腰痛、ひざ痛など、体の痛みは脳がつくります。
「ここに触れられたら危険」とか、「これをしてはいけない」などの脳の指令が、「痛み」を生じさせるのです。

指をもむことで脳の緊張が取れると、この指令が弱まり、痛みが小さくなることも期待できます。
また、感情を支配する脳の副産物に「不安」があります。

不安は体や心の病気の原因になります。
指をもむことで脳がリラックスすれば、不安感も解消されます。

もう1つ、手は脳と関係が深いということは、認知症へのアプローチも期待できます。
宮本よしか先生の調査では、指ヨガが認知症の患者さんにもとても評判がよかったという結果が出ていますが、手と脳の関係性からすればじゅうぶんにあり得ることです。

脳と体は、常に連係プレーを行っていますが、脳と体にずれが生じると連係プレーがうまくいかなくなります。
この状態が認知症です。

指をもむことで、脳に刺激を与えられれば、脳と体のずれを小さくできるかもしれません。

診療時や待合室で指をもんであげている

手は脳だけではなく、全身の状態を投影します。
指ヨガでも手を全身に当てはめていますが、体の状態をいちばん把握しやすいのも、実は手なのです。

例えば、指や手をもんでいて、「ここがちょっと変だな」と感じたら、その部位に当たるところに今は異常が出ていなくても、症状がこれから出るサインかもしれません。
検査で異常がなくても、自分の生活を顧みて「酒を控えようか」とか、痛みがなくても「体を休めよう」などという方向に考えることができれば、その後、病気になって苦しむこともなくなります。

そして、手をもむだけで全身のヨガをするのと同じ効果が得られる点も大きな要素です。
ヨガには、体のバランスを回復させる効果があります。

全身のバランスが整うことで、人間本来が持っている自然治癒力が高まります。
私のクリニックでは、私を含め6名の医師、看護師、リハビリスタッフが指ヨガインストラクターの資格を取得しました。

ウェルネスプログラムのほか、診療時や待合室でちょっと待つ時間などに、希望する患者さんに指をもんであげます。
私は指ヨガの第一の目的は、病気を治す以前に、手に現れた痛みやこりなどの違和感に気づき、体の異変を知ることにあると思います。

そして、手をもむことでその違和感がなくなったり、体のバランスが整うことで自然治癒力が高まったりすれば、結果的に病気が快方に向かうと考えています。

次の記事では「指ヨガ」のやり方を詳しく紹介しましょう。

→【次の記事】指ヨガのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ひざ痛 腰痛 治癒力

関連する投稿


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 


ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)