MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【高齢者に多い便秘】対策は3つ 冷水での手洗い 食事の量 こまめな水飲み

【高齢者に多い便秘】対策は3つ 冷水での手洗い 食事の量 こまめな水飲み

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 ・総合診療科教授)

朝1杯の水が腸を目覚めさせる

少食と水分不足が高齢者の便秘の大敵

 高齢になると、便秘に悩む人が男女を問わず増えます。
 平成25年度「国民生活基盤調査」によれば、便秘を自覚している人は、全年齢では、男性が1000人あたり26人(2.6%)、女性は、48.7人(4.9%)となっています。便秘に悩む人は、60代までは圧倒的に女性が多数ですが、70代以降は男性も増え、80歳以降になると、男女ともに10%以上の人が便秘を自覚するようになります。

 高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。
 まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。
 日常生活の習慣も便秘に大いに関係しています。例えば、同じ年代の人でも、便秘になるのは太った人よりも、実はやせた人のほうが断然多いのです。

 やせている人は、一般的に食事の量が少ないものです。食事の量が少なければ、腸に入ってくる内容物の量も少なくなります。便もあまり作られなくなります。使わない筋肉が衰えるのと同じで、腸の蠕動運動も衰え、便を押し出す力が弱って、便秘が起こるのです。
 加えて、高齢になると、水分の摂取量も少なくなります。高齢者は、トイレへ行くのが頻繁になったり、夜中に尿意で目が覚めたりするのを嫌うため、水分摂取を抑えてしまう人が多いのです。

 便は、実はその大半が水分で、重さにして約7~8割が水分です。水分量が9割を超えると、ビシャビシャの下痢便になり、7割を切ると、カチカチの硬い便になります。水分摂取量が少ないと、便が硬くなり、腸の中を進みにくくなって、便秘がひどくなります。
 このように食事量や水分量の減少は、高齢者の便秘を招く大きな要因となっています。
 そこで、やせた高齢者の便秘解消のためには、「少食は便秘の大敵」と考え、よく食べることを心がける必要があります。高齢者はたんぱく質や脂質がとくに不足しがちなので、積極的に肉や魚を食べるといいでしょう。

起き抜けに水を飲むのが便秘解消のポイント

 また、じゅうぶんな水分補給も重要です。
 1日に摂取すべき水分量は、およそ「体重の30分の1」が目安になります。体重60kgなら約2Lです。

 これは食品中の水分も含む量ですから、毎食きちんと食べているのならば、飲料として摂取する量は1.5L程度になるでしょう。
 水分をきちんと取ると、大腸内で便が水分を含み、動きやすい硬さになります。水分で便のかさも増すので、腸壁に刺激が伝わり、それが腸の蠕動運動を活発化させるのです。

 水の飲み方は、まず「起き抜けにコップ1杯の水」を習慣にしましょう。
 ことに、冷たい水が空っぽの胃に入ると、その刺激で大腸の蠕動運動が活発になります。一度に飲む量は、コップ1杯程度でよいので、取る回数を多くし、こまめに水分補給をしてください。

冷水が副交感神経の働きを高める

 もう一つ試みて欲しいのが、冷たい水での手洗いです。
 腸の動きは、私たちの意志とは無関係に内臓や血管をコントロールする自律神経の支配下にあります。自律神経は、主に活動時に優位になる交感神経と、主に安静時に優位になる副交感神経とがあり、両者がバランスを取りながら働いています。
 腸は、副交感神経が優位のときによく動くのですが、この腸を動かす副交感神経の働きが加齢とともに低下します。副交感神経の働きを活発にさせるのが、冷水での手洗いなのです。
 やり方は簡単です。気付いたときに冷水で手を10~20秒間洗うだけだけです。
 冷水を手で受け止めると、一時的に交感神経が優位になって、血管がキュッと収縮します。前方に揺れたブランコがそのまま後方に戻ってくるように、しばらくたつと副交感神経が優位となってくるのです。
 このような刺激によって、自律神経の振れ幅を作ることが、交感神経と副交感神経のバランスを整え、低下しがちな副交感神経の働きを活性化します。それが、腸の動きをよくすることにもつながるのです。
 冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる温冷浴なども、同様の理由から、腸の活動を高める可能性がありますが、全身の温度を大きく変えることは体に負担がかかります。ことに高齢者には勧められません。
 その点、気付いたときに手を冷やすこの方法ならば、体にかかる負担も少ないはずです
 食事量の減少や水分摂取量の不足などは、生活の中の意外な盲点です。高齢者で便秘に悩んでいる人は、ぜひ自分の生活を振り返り、便秘対策に取り組んでいきましょう。

冷水が自律神経を刺激する

解説者のプロフィール

瓜田純久(うりたよしひさ)
1985年、東邦大学医学部卒業。日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本超音波学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会認定医、日本消化管学会胃腸科指導医、日本病院総合診療医学会認定医などとして活躍。テレビ番組の医療コメンテーターとしても、わかりやすい語り口で人気。監訳書に『Dr.アップルの早期発見の手引き診断事典』(マイケル・アップルほか著、産調出版)などがある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt