【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


→「酢ニンニク」の健康効果の解説はコチラ

材料と用意するもの

下準備・加熱・熟成の3ステップ、24時間で完成するレシピです。熟成させればさせるほど、やわらかくなり、抗酸化作用もアップします。

【材料】1カ月分
◎国産ニンニク…3~4個程度
*1日1片食べるので、30片くらいになるようにする
◎酢…適量
(米酢・穀物酢・黒酢など。甘酢は不可。容器の中でニンニクがひたる量でよい)
◎お好みでハチミツ少量

【用意するもの】
◎電子レンジで使える容器
◎ガラスやホーロー製の保存容器

【作り方】

下準備
❶ニンニクを1片ずつにわけ、レンジで使える容器に入れる。皮は残っていてよい

❷500~600Wのレンジで2分程度加熱し、ニンニクが手で触れられるくらいに冷めたら、皮をむく(加熱すると、皮と実の間に隙間ができ、皮がむきやすくなる)

加熱
皮をむいたニンニクと酢を容器に入れ、レンジで3分加熱。容器全体に熱が行き渡るように注意しながら、1~2分ずつ追加加熱を繰り返す。竹串やフォークで刺せる程度にやわらかくなるまで加熱する。粗熱が取れたら保存容器に移し、冷蔵庫へ。ハチミツを入れる場合は、冷蔵庫に入れる直前に加え、よく混ぜる

熟成
冷蔵庫に入れた24時間後から食べられる。

【食べ方】
1日1片を目安に食べる
いつ食べてもよい。1片が15gを大幅に超える場合は、食べる際に半分に切る。

酢を調理に使っても美味!炭酸水などで割って飲んでも◎

失敗しないでおいしく作る4つのポイント

Point 1
加熱の際は、容器全体に熱が行き渡るよう、「短時間加熱する→いったんかき混ぜる→また加熱する」を細かく繰り返すのがお勧めです。
やけどしないようご注意ください

Point 2
ニンニクの破裂が心配な場合は、ラップをフワッとかけてください

Point 3
加熱・熟成中にニンニクの一部が青くなるのは、味・品質に問題があるのではなく、強い抗酸化物質が発生し、ニンニク中の微量のミネラルに反応しているためです。
なお長く熟成させると、ニンニクは青から黄金色に変化し、抗酸化作用もいっそう増します

Point 4
漬けて24時間で食べられますが、漬ければ漬けるほど、おいしさ・やわらかさ・健康効果がアップします!

※血液凝固系の障害がある・抗血液凝固薬などを服用中・妊娠中のいずれかの場合は、念のためかかりつけ医に相談のうえお試しください。

※万が一、腹痛などの症状が出た場合は、そのときの腸内細菌が酢ニンニクに合っていない可能性があります。
食べる量を減らすか、いったん中止し、腸の調子がよくなってから再開してください。

藤田紘一郎
感染免疫学者。医師。1939年旧満州生まれ、三重県育ち。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院修了。金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を歴任。長年、腸内細菌の研究に取り組み、『腸内革命』(海竜社)、『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)、『腸の毒出しでやせる!病気が治る!』(マキノ出版)などベストセラー多数。近著に『1000 兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法』(KADOKAWA)、『腸で変わる! 病気にならない、50 代からの生活習慣』(世界文化社)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

私は鍼灸師ですが、患者さんの手をひと目見るだけで、体のどこが悪いか、どういう体質なのかがわかります。手相の線やシワ、色ツヤ、肉づきなどから全身の各器官の健康状態が判断できるのです。そして、手相の異常のある部分に、マッサージや鍼灸治療を施します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)