高木ゑみさん【掃除と片づけのコツ】キッチン(台所)周りのコンロ・シンク・作業スペース

高木ゑみさん【掃除と片づけのコツ】キッチン(台所)周りのコンロ・シンク・作業スペース

日々の食事を作るために日々台所に立っている皆さんに質問です。「台所が好きですか?」20~60代の女性を対象としたある調査によると、約9割が台所仕事を“憂うつ”だと考えているそうです。私は料理家です。にもかかわらず、以前は私も、台所に立つことが苦痛でした。でも今は、台所も台所仕事も大好きです。【解説】高木ゑみ(料理家)


理想の台所のカギは汚れる箇所の「フラット化」

日々の食事を作るために、日々台所に立っている皆さんに質問です。

皆さんは、台所が好きですか?

20~60代の女性を対象としたある調査によると、女性の約9割が、台所仕事を“憂うつ”だと考えているそうです(上図参照)。

「早く夕食を作らなければ、と頭ではわかっているのに、なかなか台所に向かえない」
「自分の時間を犠牲にして、私は台所に立っている」
など、台所に対してネガティブな感情を持っている女性は、驚くほどおおぜいいるのです。

私は料理家です。
それにもかかわらず、以前は私も、台所に立つことが苦痛でした。
でも今は、台所も台所仕事も大好きです。

今回は皆さんに、「台所が大好きになる片づけ」をご紹介します。

やることはシンプルで、守ってほしいことはたった1つだけ。
それは、調理台(コンロ・シンク・作業スペース)や床、冷蔵庫のドア面など、汚れがつく可能性のある場所には、いっさいものを置かず、「フラット」(平面)な状態を保つということです。

メリットは3つあります。

1つは衛生面。

台所は家族の健康を守る場所。
常に清潔でないと、食中毒も心配ですし、安心して料理に集中できません。
台所を清潔に保つには、こまめな掃除が欠かせません。

台所の汚れは、「あとで掃除しよう」と思っていると、いつの間にか“ガンコな汚れ”となっていて、痛い目を見ます。
水や油が跳ねたり、煮汁や調味料をこぼしたりしたときに、そこにものが置かれていなければ、サッと拭き取れます。

フラットな台所は、別名「汚れ知らずの台所」。
台所の清潔さを、最低限の労力で維持できるんです。

清潔で、作業効率がよく、居心地のいい台所

フラットな台所の2つ目のメリットは、台所仕事の効率がアップする点。

調理台の上にものがなければ、スペースを広く使えるため、調理の効率が圧倒的によくなります。
調理台に今あるものは、すべて撤去してみましょう。

「撤去したものをしまうスペースなんて、うちの狭い台所にはありません」と思われたかもしれませんが、心配不要です。
撤去の詳しい方法は、別記事でご説明します。


3つ目のメリットは、台所が快適な空間になり、台所へのネガティブ感情が解消できる点です。

例えば、掃除が行き届いて清潔なホテルの部屋を想像してみてください。
何とも言えず、心地いいですよね。

生活感がない、余計なものがないというだけで、私たちは心地よさを得られるんです。
視界にものがない、フラットな台所は、それと同じ効果をもたらします。

清潔で、作業効率がよく、心地いい――そんな理想の台所を作る3つのルールを、別記事でお伝えします。
ぜひ実践してみてください。

高木ゑみ
1985年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。海外留学や数々の厨房での修業の後、エコール辻東京フランス・イタリア料理マスターカレッジを卒業。2009 年より中目黒で主宰している料理教室は生徒数800 人超と大人気で「なかなか予約の取れない教室」と評判。企業向けレシピ開発・出張料理・メディア出演も精力的に行っている。著書『考えない台所』(サンクチュアリ出版)は12万部突破。最新刊『もう献立に悩まない』(マガジンハウス)も好評。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


掃除術 片付け術

関連する投稿


【弘兼憲史流・身軽な生き方】“孤独力”を鍛えよ!年賀状・お歳暮はやめてもいい

【弘兼憲史流・身軽な生き方】“孤独力”を鍛えよ!年賀状・お歳暮はやめてもいい

孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)


『島耕作』作者・弘兼憲史さんに聞いた定年後の生き方「60歳からは手ぶら人生で行こう」

『島耕作』作者・弘兼憲史さんに聞いた定年後の生き方「60歳からは手ぶら人生で行こう」

私の作品を長年読んできてくれた読者のかたがたも、定年を迎える年代の人が増えてきました。そんな理由もあり、ここ数年、定年後の生き方を考えることが増えました。漫画はエンディングが大事です。どんな物語も、終わらせかたしだいで、傑作にも駄作にもなります。人生も、漫画と同じです。【解説】弘兼憲史(漫画家)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


【精神科医解説】「アドラー式お片づけ」心身への健康効果 大切なのは過去より“今”

【精神科医解説】「アドラー式お片づけ」心身への健康効果 大切なのは過去より“今”

物理的に家事の動線がよくなると、思っている以上に肉体的・心理的な負担は減り、むしろ家事をすることに「快適さ」を感じることすらあります。これはもちろん、心身の健康や安定にもつながります。【解説】ゆうきゆう(ゆうメンタルクリニック総院長・精神科医)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)