【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

高齢になると、複数の慢性的な病気を併発し、それぞれの病気の治療薬を服用している人がたくさんいます。そうした薬の中には、便秘を引き起こす副作用を持つものがあるのです。しかも、複数の薬の副作用が相乗的に働き、便秘がさらに悪化するケースもあるのです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副・総合診療科教授)


持病の薬が知らぬ間に便秘をもたらす

 Aさん(70歳代・男性)は、半年前から便秘に悩まされるようになりました。
 日ごろの生活では、それなりに健康に気を遣ってきました。毎日、ヨーグルトを食べ、野菜などの食物繊維の摂取を心がけてきました。イヌの散歩を日課としており、雨が降っても30分程度は歩きます。
 私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしました。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。
 高齢になると、Aさんのように、複数の慢性的な病気を併発し、それぞれの病気の治療薬を服用している人がたくさんいます。そうした薬の中には、便秘を引き起こす副作用を持つものがあるのです。
 しかも、複数の薬の副作用が相乗的に働き、便秘がさらに悪化するケースもあります。Aさんの例がまさにそれで、降圧剤と睡眠薬の二つが便秘をもたらす要因となっていました。
 つまり、Aさんの事例は、生活習慣やほかの病気の影響ではなく、「薬の副作用による便秘」でした。

自分一人の判断で薬をやめない

 副作用として便秘を引き起こしやすい薬の代表は、以下の3種類です。

①不眠症の薬
 睡眠へスムーズに導くために、いわゆる安定剤や睡眠導入剤といわれる薬には、「ベンゾジアゼピン系の薬剤」が使われています。 
 この薬剤は、脳の中枢神経系の働きを抑制する脳内神経伝達物質のGABAの受容体に働きかけ、脳内全般の神経活動をスローダウンさせます。それが眠気をもたらします。
 腸の動きは、私たちの意志とは無関係に働く自律神経の支配下にあります。自律神経には、主に活動時に優位になる交感神経と、主に休息時に優位になる副交感神経の二つがあり、副交感神経が優位になると、腸の動きが活発になります。
 ところが、ベンゾジアゼピン系薬剤によって、脳内の神経活動が抑制されると、副交感神経の働きも抑制されるために、腸の動きが停滞し、便秘が起こるのです。

②頻尿の薬
 年を取るにつれて、頻尿に悩まされる人が多くなります。
 通常、膀胱は、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きで、筋肉が収縮し、尿を出そうとします。頻尿の薬のうちでも、「抗コリン作用を持った薬剤」は、アセチルコリンの働きを妨げて、膀胱の収縮を抑え、尿をためるように働きます。抗コリン作用が働くと、結果的に副交感神経の働きを抑制するため、排便がうまくいかなくなることがあるのです。
 過活動膀胱の治療薬としても、抗コリン薬が使われています。過活動膀胱とは、自分の膀胱が収縮し、尿意が我慢できなくなる病気です。
 日本には810万人の過活動膀胱の患者さんがいるといわれ、しかもこの病気は年齢が高くなるほど増えます。

③高血圧の薬
 降圧剤の中でも、とくに「カルシウム拮抗薬」が問題です。
 カルシウム拮抗薬は、血管を構成する筋肉である平滑筋の中にあるカルシウムイオンの通り道(カルシウムチャネル)をふさぐことで、平滑筋細胞の収縮を抑え、血管を広げて血圧を下げます。
 カルシウム拮抗薬が腸管の平滑筋に働きかけると、その活動が抑制され、便秘が起こるとされています。
 降圧剤をはじめとして、頻尿や不眠の治療薬も、長期間にわたって服用することが多い薬です。治療薬の副作用によって便秘が起こるようになると、結局、患者さんは、長い期間、便秘に悩むことになります。

 しかも、この三つの種類の薬は、高齢になるほど併用する可能性が高まります。睡眠薬と頻尿の薬と降圧剤、この三つを飲む人も少なくないでしょう。
 しかし、薬による副作用で便秘が起こっていたとしても、元の病気の治療に支障をきたす可能性があるため、自分一人の判断で薬の服用をやめてはいけません。かかりつけ医に、便秘のことについて、改めて相談しましょう。
 例えば、睡眠薬ならば、ベンゾジアゼピン系以外の薬剤に替えてもらうなど、薬の処方を調整してもらってください。新たに下剤を出してもらってもいいでしょう。
 ただし、市販の下剤を常用したり、多用したりすることは控えてください。それが、新たな便秘の誘因となることが多いからです。かかりつけ医と相談の上、下剤を選ぶことをお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)