MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【キッチン掃除】ルールを決めていつもピカピカ! 食後・調理後の片付けポイント

【キッチン掃除】ルールを決めていつもピカピカ! 食後・調理後の片付けポイント

「調理中に汚れをすぐ拭く」というルールと同じくらい大事なのが、調理後の正しい片づけルールです。めんどうなことは1つもありません。食事が終わったらすぐ、ルールどおりに調理道具と食器を片づけ、調理台と床に汚れや水跳ねが残っていないか最終チェック。快適台所へのネガティブな感情も、確実に軽減します。【解説】高木ゑみ(料理家)

調理後は台所を「完全リセット」

「調理中に汚れをすぐ拭く」というルールと同じくらい大事なのが、調理後の正しい片づけルールです。
めんどうなことは1つもありません。

食事が終わったらすぐ、ルールどおりに調理道具と食器を片づけ、調理台と床に汚れや水跳ねが残っていないか最終チェック。
快適な台所に、完全リセットします。

乾いたふきんを3枚用意し洗った食器はすぐ拭く

ここでも、重要な役割を果たすのは、まとまった枚数の、乾いた清潔なふきんです。
床や調理台の汚れをすぐ拭くのと同様、調理道具や食器の水滴も、濡れたままでの放置は厳禁。

洗ったらすぐに、気持ちよく拭きあげます。
調理道具や食器の量にもよりますが、夕食1回分の片づけで、使用枚数は3枚が目安です。

と、お伝えすると、「いつも自然乾燥させていて、食器は拭かないんです」と言うかたが実に多いですが(笑)、たくさん重ねられた食器の山の下のほうは、ほんとうに乾いているでしょうか。
食器と食器の間に残った水分が、嫌なにおいをさせていたり、食器をぬるぬるさせていたりしませんか?そこで、菌が繁殖しているのです。

また、調理台にいつまでも食器が載ったままだと、それだけで生活感満載。
次の調理もスムーズに始められないですし、台所に立つのが憂うつになる原因となります。

台所を使うたびに元のフラットな状態にリセットするのは、最初は、おっくうかもしれません。
でも、正しいルールが習慣になれば、何も考えなくても体が勝手に動きます。

フラットな台所がキープできると、台所に立つ時間は、大幅に短縮されます。
台所へのネガティブな感情も、確実に軽減します。

食後の台所の「リセットルール」

解説者のプロフィール

高木ゑみ
料理家。
1985年、東京都生まれ。
慶應義塾大学卒業。海外留学や数々の厨房での修業の後、エコール辻東京フランス・イタリア料理マスターカレッジを卒業。
2009 年より中目黒で主宰している料理教室は生徒数800 人超と大人気で「なかなか予約の取れない教室」と評判。企業向けレシピ開発・出張料理・メディア出演も精力的に行っている。
著書『考えない台所』(サンクチュアリ出版)は12万部突破。最新刊『もう献立に悩まない』(マガジンハウス)も好評。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt