【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


目の不快感は自律神経の乱れの証拠


目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。
このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。

自律神経は、体の諸機能を無意識のうちに調整する神経のことです。
自律神経には2種類の神経があり、一つは、体を活動状態にする「交感神経」、もう一つが、体を休息状態にする「副交感神経」です。

この二つの神経がバランスを取って働き合っています。
目が疲れてこすりたくなるのも、交感神経の緊張から副交感神経の働きが抑えられ、涙の量が少なくなっているからです。

同様に、日本人の多くが抱える近視も、交感神経の緊張を背景に発症・進行していく病気ともいえます。

近視は、屈折異常の一つです。
本来は目のフィルムの役割をしている網膜上に焦点を結ぶ光が、網膜の手前で焦点が結ばれるため、遠くの物がぼけて見えにくくなってしまうのです。

そのとき、解剖学的に問題とされるのは、眼球のいちばん外側の膜である角膜表面から網膜までの距離(眼軸)です。
「眼軸が伸びるほど近視も強くなる」と、一般にはいわれています。

しかし、近視の度数=屈折度数が同じであっても、視力が同じとは限りません。
屈折度に合わせたメガネをかけて視力1・0の人もいれば、視力0・5の人もいます。

そこでかかわってくるのが自律神経です。
自律神経のバランスは、眼球に入る光の量を調整している瞳孔(瞳ひとみの黒い部分)の大きさを見るとわかります。

瞳は、交感神経が優位になると、周囲の虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)が延びて大きくなり、副交感神経が優位になると、虹彩が縮んで小さくなるしくみになっています。

近視の人の多くは交感神経が緊張状態

実際、近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。
また、虹彩の反応で自律神経の働きを測定する機器で調べても、近視が進行するときは交感神経が過度に緊張し、副交感神経の働きが抑制されていることが確認されます。

このように瞳が開いた状態では、ピントが合う範囲が狭くなり、ピント合わせに余計な力がかかります。
すると、調整力をつかさどる毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまうのです。

交感神経を過度に緊張させる原因は、ストレスです。
そもそも自律神経は、日中は交感神経が優位に、夜から明け方にかけては副交感神経が優位に働くようにプログラムされています。

夜ふかしや寝不足など、この生理的変動を超えた生活スタイルが、自律神経のバランスを乱す最大のストレスです。
そう考えれば、昔から「暗い部屋での読書は禁物」といわれるのも納得できるでしょう。

自律神経の正常化が目の健康を守る基本

こうした生活習慣に精神的ストレスが加わると、交感神経はいっそう緊張度を増し、近視も進みやすくなります。
強度の近視は、緑内障(視野が欠ける病気)を発症させる一因にも挙げられています。

緑内障は、眼圧によって網膜の視神経が障害される病気といわれていますが、正常眼圧でも、緑内障になる人が増えています。
正常眼圧緑内障の患者さんを見ると、冷え症の合併症が多く、自律神経のバランスが悪くなっていると考えられます。

このほか、老眼や白内障、さらには糖尿病・高血圧性網膜症の根底にも、明らかに自律神経の失調が存在します。
つまり、自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。

そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。
爪もみとは、爪の生えぎわをもんで刺激をする健康法のことです。

神経はネットワークを作って働き合っています。
爪の生えぎわは、神経が密集する部位なので、爪もみをすると刺激が瞬時に自律神経に伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。

事実、反応の早い人なら、爪もみを終えた瞬間に目の前が明るくなり、物が見えやすくなっているのがわかるでしょう。
1日2〜3回を目安に、根気よく続けてみてください。
目だけでなく、体全体も整ってくるのを実感することでしょう。

→【正常眼圧緑内障に有効】目の特効ツボ「光明」刺激

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【スマホ老眼を改善する】目にいいスマホの使い方とは?緑内障や近視にも効果

【スマホ老眼を改善する】目にいいスマホの使い方とは?緑内障や近視にも効果

スマホ老眼とはその名の通り、スマートフォンを見続けることで目のピント調節力が低下して起こるトラブルです。引き金になるのは、スマートフォンのモニターと目の距離、そしてモニターが放つブルーライト(光)です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

私は5~6年ほど前に、急に右ひざが痛むようになりました。そこで2年ほど前から、毎日、お風呂に入ったときに、湯船で10~15分くらい足の爪をもんでみたのです。半年ほどした頃、イスに腰かけたときも、右ひざが曲げられるようになり、左右の足をそろえて座ることができます。階段も平気です。【体験談】加藤静子(主婦・72歳)


【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)