医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

変形性膝関節症の最大原因は半月板損傷!痛みの有無は「筋力」の違いで決まる

変形性膝関節症の最大原因は半月板損傷!痛みの有無は「筋力」の違いで決まる

中高年のひざ痛の主な原因は半月板が割れることです。半月板自体には神経が通っていないので割れたことでは痛みはありません。割れた破片がはみ出して血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ神経を刺激するために痛みが生じます。これが「変形性膝関節症」の最大原因です【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


解説者のプロフィール

戸田佳孝(とだ・よしたか)
●戸田リウマチ科クリニック
https://toda-hiza-seikei.com/

戸田リウマチ科クリニック院長。
1960年、大阪府生まれ。
86年、関西医科大学卒業。
91年、英国王立整形外科病院留学。
92年、関西医科大学整形外科大学院修了、医学博士号を取得。97年、米国タフツ大学に招聘研究員として留学。
98年、大阪府吹田市に戸田リウマチ科クリニックを開院。
2004年、開業医としては史上ただ一人、日本整形外科学会学会奨励賞を受賞。
テレビの健康医療番組などにも数多く出演。
わかりやすい解説で人気が高い。著書に『ひざ痛の97%は手術なしで治せる』『腰痛は「ヤンキー座り」で治る!』(ともにマキノ出版)などがある。

3重のクッションで支えられているひざ関節

中高年のひざ痛の主な原因は「半月板」が割れることです。

半月板は、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の先端を覆っている関節軟骨の間にある軟骨組織で、衝撃吸収と関節を安定させる役割を果たしています。つまり、ひざ関節は3枚重ねにしたクッションで、曲げ伸ばしやひねりなどさまざまな動きや衝撃に対応できるようになっているのです。

しかし、年齢を重ねるとともに半月板は弾力性が失われていき、ちょっとした衝撃で亀裂が入ったり割れたりしやすくなります。だいたい40歳を過ぎるころから半月板が割れ始め、60歳ごろには程度の差はあれ、ほとんどの人の半月板が損傷していると考えてよいでしょう。

半月板自体には神経が通っていないので、割れたことで痛みが生じるわけではありません。割れた破片がはみ出して、血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ、神経を刺激するために痛みが生じるのです。これが「変形性ひざ関節症」の最大の原因です。

ただ、40歳以降のすべての人がひざ痛に悩まされるわけではありません。
痛みが出るか出ないかの違いは、ひざを伸ばす働きをする筋肉の強さによるところが大きいのです。

ひざを伸ばす筋力が衰えると、歩くときに地面から足に伝わる反発力を、股関節や骨盤に分散させることができなくなります。体重の衝撃をすべてひざ関節で受け止めるため、割れた半月板がはみ出しやすくなり、痛みが生じるのです。

最大筋力の80%の力で筋トレするのが効果的

ひざをしっかりと伸ばすために重要な筋肉が、太ももの前面にある大腿四頭筋です。

大腿四頭筋は、「天然のひざサポーター」と言ってもよいほど、ひざ痛の改善に重要な役割を果たしています。

大腿四頭筋を鍛えるために、私が患者さんにお勧めしているのがひざの「タオル押し」などの筋力トレーニングです。

「筋トレが大事ですよ」と患者さんに常々お伝えしていますが、「ラジオ体操をしています」とか「ウオーキングで鍛えています」とおっしゃる人がいます。
しかしこうした運動は、血行を改善させる効果はありますが、ひざを伸ばす筋肉を鍛えるのには適していません。逆に、筋肉が衰えた状態で行うとひざを痛める可能性もあります。ですから、ひざのタオル押しなどの筋トレを優先的に行ってほしいと思います。

しかし、鍛える目標や負荷の目安がない状態では、筋肉が効果的に鍛えられないうえ、長続きしにくいものです。
そこで、私のクリニックでは、ひざのタオル押しの効果を上げるコツとして、次の2点を意識することを勧めています。

①ひざを伸ばす最大筋力を知る
②最大筋力の80%の力で鍛える


ひざを伸ばす最大筋力は、トイレットペーパーと体重計で調べられます。トイレットペーパーの上に、力を入れずに足を乗せただけの状態と、ひざで思いきり押した状態での体重計の数値を測定してください。

トイレットペーパーを押したときの数値から足を乗せただけの数値を引き算すると、最大筋力が算出できます。ちなみにトイレットペーパーを使う理由は、太さと丸みがひざの裏に当てるのにちょうどよいためです。

ひざのタオル押しは、最大筋力の80%の力で行うと、最も効率的に鍛えることができます。

下記の「タオルを押すときの筋力の量り方」を参照して、ぜひご自分のトレーニングに最適な数値を出してみてください。

数値がわかったら、体重計がその数値を示すようにひざ裏で何度か押し付けてみます。力加減をつかんだら、実際にタオル押しをやってみましょう。

ひざのタオル押しで太ももの前面の筋肉が鍛えられると、最大筋力が上がっていきます。
男性は7kg、女性は6.5kg以上を目指して1ヵ月に1回の割合で最大筋力を確認し、トレーニングでかける力の加減も見直しましょう。

タオルを押すときの「筋力」の量り方

実際に、ひざのタオル押しでトレーニングする際には、バスタオルをトイレットペーパーと同じくらいの太さに巻いて輪ゴムなどで留めたものを用意してください。

その上にひざの裏を乗せ、「最大筋力の80%の力」で、ひざの裏でバスタオルを3秒間押しつぶします。
このとき、背すじを伸ばして体重をかけずに、伸ばしたひざでバスタオルを押さえることを意識してください。

すでに痛みが強く、ひざがしっかり伸ばせず押しつぶしにくい人は、ひざの曲がり具合に応じて、タオルを重ねたりたたみ方を変えるなどの工夫をして、太く巻くとよいでしょう。

ひざ伸ばし力を鍛える「タオル押し」のやり方

片足ずつ20回を1セットとして、朝・昼・寝る前の1日3セット行い、翌日休むのをくり返してください。
筋肉はトレーニング後に休息を取ることで発達するので、1日おきのトレーニングをお勧めします。

また、最初は無理をせずにできる範囲で行って、徐々に回数を増やしていきましょう。

女性は女性ホルモンの分泌が減少する更年期に、脂肪が急激に増えて体の筋肉の割合が減っていきます。
今はひざ痛に悩んでいないというかたも、予防のためにもひざのタオル押しを始めるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

私が考案した「一指法整体」は、人さし指1本で筋肉のコリをほぐし、骨格のゆがみを取ることで、体の不調を解消する治療法です。人さし指を筋肉のこっているところに軽く押し当て、ぐるぐる円を描くように動かします。鍼に近い効果で、力を入れずにほぐすことができます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋代表)


【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)