MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
表情筋を鍛えると別人級に顔が変わる!1回10秒「顔ヨガ」のやり方と効果

表情筋を鍛えると別人級に顔が変わる!1回10秒「顔ヨガ」のやり方と効果

1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)

表情グセを正して、使っている筋肉と使っていない筋肉の差をなくし、シワやたるみを解消するのが顔ヨガです。
顔ヨガは、一つのポーズが10秒間程度です。

たった10秒でも、鏡を見て筋肉を意識して使うことが重要です。
こうやって顔の動かし方を筋肉に記憶させるのです。

たるみを取り除く外科的な手術もありますが、顔の動かし方が変わらなければ、また同じところにたるみが出てきます。
しかし、顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。

「顔ヨガ」のやり方

Lesson1:こめかみストレッチ

Lesson2:ひょっとこ口

Lesson3:おだんごロック

Lesson4:おでこロック

顔ヨガの効果

顔ヨガの効果についてご説明します。

・こめかみストレッチの効果
側頭筋を引き上げ、誰もが気にするほうれい線を薄くし、下がった目じりを引き上げる顔ヨガです。
顔をかたむけたときに、首すじが伸びるので、顔や頭への血行もよくなり、肌のくすみやむくみも解消します。

・ひょっとこ口の効果
キュッと引き締まった口元は、若々しい印象を与えます。
顔の筋肉のほぼ70%が口の筋肉とつながっているので、老け顔を一掃するには、口の筋肉を効率的に鍛えるのが近道です。
あごの引き締めや、くちびるのシワ取りにも有効です。

・おだんごロックの効果
加齢とともに、最も動かしにくくなるのが、ほおです。

ほおに膨らみがなくなると、のっぺりしたデカ顔になってしまいます。
やせたほおは老けた印象を与えますが、これを解消するのがおだんごロックです。

ほおに、「お肉の位置はここ!」と覚えさせるかのように、手を添えましょう。
また、ほおを上げると、脳は「楽しい」と認識して、気分も上がってきます。

顔ヨガの教室はいつも笑いが絶えません。
それは、脳が喜んでいるからかもしれませんね。

余談ですが、顔ヨガは脳に近い筋肉を動かすので、認知症予防にも有効だと、医学博士の先生からお墨付きをいただいています。

・おでこロックの効果
おでこに横ジワが刻まれている人は、目を開くときに、おでこの筋肉を使っています。

そこで、両手でおでことまゆを押さえて動かないようにして、目の筋肉でまぶたを動かすのがおでこロックです。
まぶたが鍛えられるので、下がりまぶたが解消し、目が大きくなります。

おでこを上げる表情グセが解消すれば、横ジワも薄くなります。

早ければ1~2週間で変わり始めます。
ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。

解説者のプロフィール

間々田佳子
顔アスリート。
小顔・若顔・しあわせ顔スペシャリスト顔ヨガ講師。
タンゴダンサーでありタンゴの講師も務める。
体内年齢は20代をキープしているが、30代後半に顔だけ衰えてきたことに気付き、「顔も体と同じように鍛えられるはず!」と思い当たり、2010年、顔ヨガ講師資格取得。
顔だけでなく脳も活性化する「脳活顔ヨガ」など、新しい顔ヨガメソッドを開発・発表している。

●間々田佳子ウェブサイト
http://w-tango.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)
更新: 2018-11-16 11:47:47
下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)
更新: 2018-11-13 18:00:00
骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)
更新: 2018-11-05 18:00:00
バストが全体的に垂れ下がってしまったり、デコルテあたりからそげて骨が浮き出てしまったり、バストトップが外を向いて離れてしまったりといった悩みをよく聞きます。体形やバストが崩れる最たる原因は「筋肉のこり」を放置しているからです。【解説】朝井麗華(株式会社キレイカンパニー代表・経絡整体師)
更新: 2018-09-15 20:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt