【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


→「マインドフルネス呼吸法」とは

この記事では、「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。

家族との口論を回避

家族とのたわいのない会話から、口論に発展しました。
これ以上言い続けると、エスカレートしてひどいことを口走ってしまう――そう思った瞬間、その場を離れて、マインドフルネス呼吸法を行いました。

「今、自分はイライラして、怒っている」と認めながら、マインドフルネス呼吸法をしばらく続けていくと、心が落ち着いていきました。
すると、さっきまでカチンときたことが、たいしたことがないように思えてきたのです。

イライラして、ムカムカした感情が消えていきました。
マインドフルネス呼吸法で背すじが伸び、深くゆっくりした呼吸でおなかに空気が入ったことで、体の中心がスッキリした感じでした。

マインドフルネス呼吸法を始めた当初は、「自分の今ここでの感情や感覚に気づくこと」など、実感としてわかりませんでした。
また、そんなことが自分の日常に必要なのかと、疑いの気持ちも持っていました。

しかし、今は違います。
マインドフルネス呼吸法を継続することで、自分自身のスキルになることに気づきました。

(40代・女性)

夫への怒りを解消

緊張する場面の前やストレスを感じたときに、私はマインドフルネス呼吸法を行います。
私はボランティア活動をやっていて、会議に出ることがあります。

大事な会議で発表するときは、不安になり、とても緊張します。
そんなときの前に行うのです。

すると、あまり緊張しないで、思っていることを堂々と発言することができます。
マインドフルネス呼吸法を始めてからは、対人関係のストレスが少なくなりました。

行っていると、自然と心がスーッと落ち着いていきます。
今の自分の気持ちをありのままに見つめることができて、冷静になれるのです。

このため、感情にまかせて、他人にきつい言葉をぶつけたり、気持ちがモヤモヤしたりすることもなくなりました。
コミュニケーションがよく取れ、人間関係も円滑に運びます。

また、ふだん生活をしているとき、「あっ、ストレスを感じているな」と思ったら、すぐにマインドフルネス呼吸法をします。
先日、夫が味噌汁を作ったのですが、こんな出来事がありました。

鍋をのぞくと、味噌汁に干しシイタケが丸のまま、ゴロゴロと入っていたために、夫に激しい怒りが湧いてきたのです。
幸いにも、夫はそのとき不在でした。

ここは冷静にならなければならないと考え、マインドフルネス呼吸法を行いました。
すると、気持ちが落ち着いてきて、帰ってきた夫には、
「味噌汁を作ってくれてありがとう。でも、これからは干しシイタケをそのまま入れないでね」と、冷静に伝えられました。

マインドフルネス呼吸法を始めてから、夫婦ゲンカがめっきり少なくなりました。
(58歳・女性)

うつ病にも役立つ

私は、20年ほど前にうつ病を経験しています。
それ以来、ときどき気分の落ち込むことがあります。

そんな心が落ち込んだときに役立つのが、マインドフルネス呼吸法です。
私は、朝晩2回、3~4分間ですが、この呼吸法を習慣化しています。

マインドフルネス呼吸法をすると、血液の循環がよくなり、しだいに体が温かくなって、心身ともにスッキリします。
落ち込んだ気持ちが消えていくのです。

また、「今日は、ちょっとうつっぽいな」とか、「お天気がよくないと、体調が悪くなりがちだな」とか、その日の心身の傾向がわかってきます。
すると、気持ちに余裕が生まれます。

「今日の外出はやめておこう。
でも、パソコンで作業をするくらいならできる」と、今の自分にできることが見えてくるのです。

また、私は若い頃から体が弱く、よくカゼを引き、月に一度は病院のお世話になっていました。
マインドフルネス呼吸法を続けていると、「ちょっと鼻がぐずるな」とか、「少し寒気もするな」とかと、意識的に体調管理ができるようになりました。

体調が優れないときには早めの対処ができるため、ひどくなる前に手を打つことができます。
マインドフルネス呼吸法を始めて以来、半年も病院に行っていません。

すごいことだと思っています。
(73歳・女性)

「マインドフルネス呼吸法」やり方解説

石井朝子
心理学博士。日本認知療法学会理事、日本不安障害学会評議員。欧米では多くの実証的研究報告のある、ストレス軽減法の1つ「マインドフルネス」を、米国の精神療法家のマーシャ・リネハン博士から直接指導を受ける。DV被害親子のためのマインドフルネスを活用したケア介入プログラムや、子育て中の母親に対するストレス対処法の確立にも取り組んでいる。監訳書に『家庭と学校ですぐに役立つ感情を爆発させる子どもへの接し方』『パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ』(ともに明石書店)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ストレス うつ病 呼吸法

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)