MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血圧を下げるふくらはぎの刺激「ふくらはぎパンパン法」のやり方

血圧を下げるふくらはぎの刺激「ふくらはぎパンパン法」のやり方

ふくらはぎの刺激法として、最もポピュラーなのは「もむ」ことでしょう。もちろんそれでもいいのですが、患者さんから、もむのは難しい、力がなくてもめない、などの意見をいただき、もっと簡単に刺激する方法はないかと考えました。その結果誕生したのが、「ふくらはぎパンパン法」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)

解説者のプロフィール

渡辺尚彦(わたなべ・よしひこ)

東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科)。
聖マリアンナ医科大学医学部卒業。
1984年、同大学院博士課程修了。
1995年、ミネソタ大学時間生物学研究所客員助教授として渡米。
専門は高血圧を中心とした循環器内科。
1987年8月から携帯型血圧計を装着、以来31年にわたり365日24時間、自分の血圧を測る血圧ドクター。
わかりやすい指導と笑いの絶えない診察室が評判で、遠方からの患者さんも多い。
『血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ』(サンマーク出版)ほか著書多数。

ふくらはぎの筋肉は全身の血流を促す

私は循環器の専門医として、これまで多くの人に、高血圧を予防・改善する生活習慣をアドバイスしてきました。

その中心はやはり減塩ですが、それと並んでぜひやっていただきたいのが、ふくらはぎをたたく「ふくらはぎパンパン法」です。

なぜ、ふくらはぎをたたくと血圧が下がるのか。
まずそのことから、お話ししましょう。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。
これは、ふくらはぎが心臓と同じように、全身の血液循環を促す重要な役目を担っているからです。

血液は心臓から、動脈を通って全身に送り出され、静脈を通って心臓に戻ります。
この静脈の血液を心臓のほうに流すのが、側を走る動脈と筋肉、特に、ふくらはぎの筋肉です。

心臓から最も遠い下肢の血液は、重力に逆らって心臓に戻らなければなりません。
そこで、ふくらはぎの筋肉は、ポンプのように強い収縮と弛緩をくり返して、血液を心臓のほうに送り出す役割を担っています。
この筋肉のポンプ運動を、乳搾りになぞらえて「ミルキングアクション」ともいいます。

しかし、長時間足を動かさないでいると、ふくらはぎの筋ポンプ運動が低下して、血液やリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れが悪くなります。

その結果、足がむくんだり冷えたりし、さらに血圧も上がりやすくなってしまいます。最悪の場合、足の静脈にできた血栓(血液のかたまり)が肺動脈に飛んで血管を詰まらせる、エコノミークラス症候群を引き起こしかねません。そこで、ふくらはぎの刺激が注目されるようになりました。

ふくらはぎの刺激法として、最もポピュラーなのは「もむ」ことでしょう。
もちろんそれでもいいのですが、患者さんから、もむのは難しい、力がなくてもめない、などの意見をいただき、もっと簡単に刺激する方法はないかと考えました。

その結果誕生したのが、「ふくらはぎパンパン法」です。

ふくらはぎパンパン法の効果を実験で確認

ふくらはぎパンパン法は、ふくらはぎを下から上に向かって、手でたたいて刺激するものです。
これには、血流を改善させる三つの効用があります。

①下から上に順にたたくことで、上に向かって流れている静脈の血流が促される。
②たたくことで、筋肉の収縮・弛緩が活発になり、筋ポンプ運動が盛んになる。
③上半身も使うので、下半身だけでなく、上半身の血行もよくなる。


こうして静脈の血流が促進されると、全身の血液循環が改善し、血圧が下がってきます。実際に、この方法を行った前後で血圧を測ったところ、血圧の低下が認められました。

本来は、歩けば、ふくらはぎの筋肉が使われて下肢の血流がよくなり、血圧によい影響がもたらされます。
通勤で駅まで10分以上歩いている人は、10分以下の人より、高血圧のリスクが低いというデータもあります。

ですから、歩くのがよいことはわかっているのですが、ひざや腰が痛くて歩けない人や、高齢で筋力が低下している人もいます。
そういう人は、歩く代わりにふくらはぎパンパン法を行えば、血圧の上昇を抑えるのに役立ちます。

渡辺式「ふくらはぎパンパン法」のやり方

降圧効果が高い貧乏ゆすり

ふくらはぎを刺激する方法には、ふくらはぎパンパン法以外にも、いろいろあります。

ほかにもある!ふくらはぎの刺激方法

意外に効果が高いのが、貧乏ゆすりです。
下肢を上下に小刻みにゆすることで、ふくらはぎだけでなく太ももの筋肉も刺激されるので、下肢の筋肉全体が鍛えられ、血行がよくなります。

大事なことは、こうした運動を毎日継続することです。それによって血圧が下がれば、プラスアルファの効果がたくさん得られます。

たとえば、動脈硬化の進行を防ぎ、不整脈や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)などの重大疾患を予防できる可能性もあります。

そのためには、減塩にも励みつつ、ふくらはぎパンパン法や貧乏ゆすりなどをすれば、相乗効果で、さらに血圧は上がりにくくなります。

また私は、1987年から連続して携帯型血圧計を装着し、日々の血圧の変化を測定しています。
そこから見えてきたのは、血圧は「心の鏡」だということです。

血圧はちょっとした心の動きで上がったり下がったりします。
ですから、心を平安に保つことも大事です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt