【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

腸内フローラの乱れは便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。「きな粉ヨーグルト」で腸内細菌が増え、腸内環境が整います。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員)


腸内細菌のパイオニアも常食していた

人は一人で生きているわけではなく、腸内細菌と共生しています。
この腸内細菌が、健康と寿命をコントロールしているのです。

私は、44年以上にわたり、腸内細菌の研究を続けてきました。
日々の地道な研究から、健康長寿の源は腸内フローラ(腸内細菌叢)にあることがわかってきたのです。

腸内フローラの乱れは、便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。
この乱れを正し、改善させるために、ヨーグルトと大豆の力を同時に摂取できる「きな粉ヨーグルト」は、最強の食品と言っていいでしょう。

ヨーグルトを作るのに使われるビフィズス菌は、腸内で加齢とともに減少していきます。
そのため、ヨーグルトや乳酸菌飲料のように、生きた善玉菌が入った食品を、日々の習慣として補うといいのです。

ヨーグルトを食べても、便秘が改善しないという人もいます。
その場合には、食物繊維の不足が考えられるでしょう。

そんな人は、食物繊維の多い野菜や海藻を取るといいのです。
食物繊維の多い野菜の筆頭に、大豆(きな粉)があります。

きな粉には、水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の両方が、たっぷり含まれています。
不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増し、腸壁を刺激して便秘を解消します。

便秘が続き、大便が腸内に滞ると、悪玉菌が増殖して腐敗物質が増加します。
その腐敗物質は大腸の腸壁にダメージを与えるだけではありません。

腸壁から吸収された腐敗物質は、血液によって運ばれて、体内の各所で問題を引き起こすのです。
ですから、きな粉の不溶性食物繊維によって便通を促し、腸内環境を整えることは、単に便秘や肥満が解消する以上の健康効果をもたらします。

水溶性食物繊維は、腸内でコレステロールの吸収を抑制する働きがあり、血中コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する作用があります。
きな粉が含む大豆オリゴ糖の効果も見逃せません。

大豆オリゴ糖は、オリゴ糖の一種で大豆の甘味成分です。
大腸でビフィズス菌を増殖させる働きがあり、腸内環境を整えるのに大きく貢献します。

ほかに、きな粉には、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルも多く含まれ、それらによる健康効果も期待できるでしょう。
私のきな粉ヨーグルトのレシピは、きな粉を大さじ1〜2杯、ヨーグルトを200 〜300g、抹茶を小さじ1杯、ハチミツを適量です。

これらをすべてミキサーにかけます。
私の師であり、腸内細菌学のパイオニアである東京大学名誉教授の光岡知足先生は、きな粉ヨーグルトをよく食べていました。

光岡先生が常食されるほどのものですので、どんな人にもお勧めできます。

腸内フローラの活性が健康長寿のカギ

近年、大きな注目を集めるのが、大豆(きな粉)に含まれるイソフラボンです。
イソフラボンが腸内細菌の働きにより、活性の強い「エクオール」という物質に替わり、これが乳ガンや前立腺ガンを強力に予防することがわかってきました。

乳ガンは欧米人に多く、アジア人に少ないという調査データがあります。
その理由として注目されたのが大豆でした。

欧米人は大豆をあまり食べません。
イソフラボンは、植物性ホルモンといわれる物質で、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ています。

エストロゲンは乳ガンの発生を促進することで知られていますが、イソフラボンがエクオールに変わることで、エストロゲンの働きを邪魔することがわかってきました。
それが、乳ガンのリスクを下げることにつながると期待されています。

日本人の2人に1人が、このエクオールを作り出す腸内細菌を持っていると推測されます。
50代では半数以上が持っていますが、30代ではかなり減ってきます。

この原因は、若い世代が伝統的な和食を食べなくなったからともいわれています。
いずれにしても、きな粉ヨーグルトによって、腸内フローラをしっかり整えておくことは、健康長寿をかなえるために重要なことでしょう。

辨野義己
1948年、大阪府生まれ。酪農学園大学獣医学科卒業。専門は、腸内環境学、微生物分類学。腸内細菌と病気の関係を研究し、DNA解析により多数の腸内細菌を発見。ビフィズス菌、乳酸菌の健康効果を訴えている。『腸を鍛えれば頭がよくなる』『体が勝手にやせる食べ方』(ともにマキノ出版)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


【皮膚科医推奨】抜け毛対策のシャンプー法 原因は免疫力低下で若い人に薄毛が急増中

【皮膚科医推奨】抜け毛対策のシャンプー法 原因は免疫力低下で若い人に薄毛が急増中

近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)


最新の投稿


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


開張足の改善には「正しい歩き方」を パンプスが足トラブルの原因になる理由

開張足の改善には「正しい歩き方」を パンプスが足トラブルの原因になる理由

靴の機能性よりファッション性が重視されるようになって、足の機能を損ねるようになってしまいました。足の形や大きさに合わない靴を履いたり、正しい履き方をしなかったりする人が増えています。そうすると、足が圧迫されたり、靴の中で指が遊んだりして、さまざまな弊害を生むのです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)