MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)

健康の基本はしっかり食べてしっかり出す

私たち人間の体は、食べたものからできています。
穀類や野菜、海藻類、そして酵素(体内での化学反応を促進する物質)がたっぷり含まれた、みそなどの発酵調味料を、しっかりと食べ、その栄養を自らのものとし、不要なものは排泄する。

このくり返しが、健康で美しい体を作ると私は考えています。
私が主催する料理教室では、そうした考えを基に、食生活による体質の改善方法をお伝えしています。

今回、皆さんにご紹介する「50℃みそ汁」は、この教室の定番メニューです。
50℃みそ汁は、作り方が驚くほど簡単なだけでなく、酵素を存分に摂取できるので、健康な体づくりに大いに役立ちます。

事実、50℃みそ汁を飲み始めた生徒さんの多くは、寝つきがよくなったとおっしゃいます。
なかには、睡眠導入剤が不要になった人もいました。

肌の状態がよくなった、シミが薄くなった、やせた、血圧やコレステロール値が下がった、アトピーが改善した、気力が充実した、イライラしない、体が軽い、便秘が解消したなど、人によってさまざまなよい効果が得られるようです。

一緒に飲み始めたご主人が、「疲れた」という口ぐせを言わなくなった、娘の生理痛が消えた、という声もありました。
なぜ、50℃みそ汁には、このような素晴らしい効果があるのでしょうか。

熱いみそ汁は酵素の活性が失われている

まず、伝統的な製法で作られたみそは、良質な植物性たんぱく質とミネラルが豊富です。
さらに、麹による発酵の過程で、健康な体づくりに欠かせない酵素もたっぷりと含んでいます。

しかし、酵素は高温で活性力が失われるという弱点があります。
調理時に加熱する一般的なみそ汁では、植物性たんぱく質などの栄養は取れても、酵素の力は生かせません。

そこで、試行錯誤の末、考案したのが50℃みそ汁です。
50℃みそ汁は、みそを加熱せずに作ります(詳しい作り方は次の記事を参照)。

そのため、みそが持つ栄養と酵素を、そのままいただけるのです。

基本の具材として使う切り干し大根とコンブは、ビタミン、ミネラルが豊富な食材です。
また、加熱しなくても甘みとうまみのあるだしが取れる、という利点もあります。

実は私自身、50℃みそ汁をはじめとした、食生活の改善により、それまでの不調が大きく改善した一人なのです。

500円玉大のシミも消えた!

7年前まで、私のコンプレックスは肌でした。
季節の変わり目にはゴワゴワに乾燥し、左の口元には500円玉ほどの大きな薄いシミがありました。

当時、私は食品関係の会社を経営していましたが、その稼ぎの半分は美容に費やしたでしょうか。
しかし、エステに通っても高価な美容液を使っても肌は変わらず、むしろ湿疹が増えるなど状態は悪化したのです。

そんなとき、仕事の関係で食育・食事法について学ぶ機会がありました。
元々食に関心があった私は、さらに勉強を続け、自分の食生活を切り替えてみました。

すると、肌のツヤがみるみるよくなったのです。
食生活を変えた翌年には、肌は乾燥しなくなりました。

口元の大きなシミも薄くなり、今ではすっかり消え、ファンデーションすら使っていません。
夏にUVクリームも使いませんが、シミはありません。
肌の力が養われたのでしょう。

50℃みそ汁と、食生活改善の結果です。
こめかみのかゆみや、手の湿疹も消えました。

47㎏だった体重は44㎏に(身長は161㎝)。
見た目は、もっとやせたように感じられます。

肥満や不調の多くは、誤った食生活の積み重ねに、加齢などによる免疫力(病気に対する抵抗力)の低下が重なって生じると考えています。
酵素が豊富な発酵食品や、ビタミン・ミネラルが豊富な玄米、野菜、海藻類などをしっかりと食べて、きちんと排泄する。

これだけで、不調の多くは改善するはずです。
食生活の見直しの第一歩として、簡単に作れる50℃みそ汁を、ぜひお試しください。

早ければ1週間ほどで、目覚めのよさや便通の改善などの変化を実感できるでしょう。

次の記事では「50℃味噌汁」の作り方をご紹介しましょう。

解説者のプロフィール

人見惠子
ミレット・スタイル代表。
体質改善料理指導家
自身の肌トラブル改善のため、あらゆる調理法を研究し、食生活が不調を改善することを実感。2010年、代表取締役を務めた会社を譲り、本格的に体質改善料理指導家としての活動を開始。自身の体験を基に、料理教室やセミナー等で指導を行う。

●ミレット・スタイル
http://www.millet-style.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt