【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


健康の基本はしっかり食べてしっかり出す

私たち人間の体は、食べたものからできています。
穀類や野菜、海藻類、そして酵素(体内での化学反応を促進する物質)がたっぷり含まれた、みそなどの発酵調味料を、しっかりと食べ、その栄養を自らのものとし、不要なものは排泄する。

このくり返しが、健康で美しい体を作ると私は考えています。
私が主催する料理教室では、そうした考えを基に、食生活による体質の改善方法をお伝えしています。

今回、皆さんにご紹介する「50℃みそ汁」は、この教室の定番メニューです。
50℃みそ汁は、作り方が驚くほど簡単なだけでなく、酵素を存分に摂取できるので、健康な体づくりに大いに役立ちます。

事実、50℃みそ汁を飲み始めた生徒さんの多くは、寝つきがよくなったとおっしゃいます。
なかには、睡眠導入剤が不要になった人もいました。

肌の状態がよくなった、シミが薄くなった、やせた、血圧やコレステロール値が下がった、アトピーが改善した、気力が充実した、イライラしない、体が軽い、便秘が解消したなど、人によってさまざまなよい効果が得られるようです。

一緒に飲み始めたご主人が、「疲れた」という口ぐせを言わなくなった、娘の生理痛が消えた、という声もありました。
なぜ、50℃みそ汁には、このような素晴らしい効果があるのでしょうか。

熱いみそ汁は酵素の活性が失われている

まず、伝統的な製法で作られたみそは、良質な植物性たんぱく質とミネラルが豊富です。
さらに、麹による発酵の過程で、健康な体づくりに欠かせない酵素もたっぷりと含んでいます。

しかし、酵素は高温で活性力が失われるという弱点があります。
調理時に加熱する一般的なみそ汁では、植物性たんぱく質などの栄養は取れても、酵素の力は生かせません。

そこで、試行錯誤の末、考案したのが50℃みそ汁です。
50℃みそ汁は、みそを加熱せずに作ります(詳しい作り方は別記事参照)。

そのため、みそが持つ栄養と酵素を、そのままいただけるのです。

基本の具材として使う切り干し大根とコンブは、ビタミン、ミネラルが豊富な食材です。
また、加熱しなくても甘みとうまみのあるだしが取れる、という利点もあります。

実は私自身、50℃みそ汁をはじめとした、食生活の改善により、それまでの不調が大きく改善した一人なのです。

500円玉大のシミも消えた!

7年前まで、私のコンプレックスは肌でした。
季節の変わり目にはゴワゴワに乾燥し、左の口元には500円玉ほどの大きな薄いシミがありました。

当時、私は食品関係の会社を経営していましたが、その稼ぎの半分は美容に費やしたでしょうか。
しかし、エステに通っても高価な美容液を使っても肌は変わらず、むしろ湿疹が増えるなど状態は悪化したのです。

そんなとき、仕事の関係で食育・食事法について学ぶ機会がありました。
元々食に関心があった私は、さらに勉強を続け、自分の食生活を切り替えてみました。

すると、肌のツヤがみるみるよくなったのです。
食生活を変えた翌年には、肌は乾燥しなくなりました。

口元の大きなシミも薄くなり、今ではすっかり消え、ファンデーションすら使っていません。
夏にUVクリームも使いませんが、シミはありません。
肌の力が養われたのでしょう。

50℃みそ汁と、食生活改善の結果です。
こめかみのかゆみや、手の湿疹も消えました。

47㎏だった体重は44㎏に(身長は161㎝)。
見た目は、もっとやせたように感じられます。

肥満や不調の多くは、誤った食生活の積み重ねに、加齢などによる免疫力(病気に対する抵抗力)の低下が重なって生じると考えています。
酵素が豊富な発酵食品や、ビタミン・ミネラルが豊富な玄米、野菜、海藻類などをしっかりと食べて、きちんと排泄する。

これだけで、不調の多くは改善するはずです。
食生活の見直しの第一歩として、簡単に作れる50℃みそ汁を、ぜひお試しください。

早ければ1週間ほどで、目覚めのよさや便通の改善などの変化を実感できるでしょう。

人見惠子
ミレット・スタイル代表
体質改善料理指導家
自身の肌トラブル改善のため、あらゆる調理法を研究し、食生活が不調を改善することを実感。2010年、代表取締役を務めた会社を譲り、本格的に体質改善料理指導家としての活動を開始。自身の体験を基に、料理教室やセミナー等で指導を行う。

「50℃みそ汁」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)