医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


健康の基本はしっかり食べてしっかり出す

私たち人間の体は、食べたものからできています。
穀類や野菜、海藻類、そして酵素(体内での化学反応を促進する物質)がたっぷり含まれた、みそなどの発酵調味料を、しっかりと食べ、その栄養を自らのものとし、不要なものは排泄する。

このくり返しが、健康で美しい体を作ると私は考えています。
私が主催する料理教室では、そうした考えを基に、食生活による体質の改善方法をお伝えしています。

今回、皆さんにご紹介する「50℃みそ汁」は、この教室の定番メニューです。
50℃みそ汁は、作り方が驚くほど簡単なだけでなく、酵素を存分に摂取できるので、健康な体づくりに大いに役立ちます。

事実、50℃みそ汁を飲み始めた生徒さんの多くは、寝つきがよくなったとおっしゃいます。
なかには、睡眠導入剤が不要になった人もいました。

肌の状態がよくなった、シミが薄くなった、やせた、血圧やコレステロール値が下がった、アトピーが改善した、気力が充実した、イライラしない、体が軽い、便秘が解消したなど、人によってさまざまなよい効果が得られるようです。

一緒に飲み始めたご主人が、「疲れた」という口ぐせを言わなくなった、娘の生理痛が消えた、という声もありました。
なぜ、50℃みそ汁には、このような素晴らしい効果があるのでしょうか。

熱いみそ汁は酵素の活性が失われている

まず、伝統的な製法で作られたみそは、良質な植物性たんぱく質とミネラルが豊富です。
さらに、麹による発酵の過程で、健康な体づくりに欠かせない酵素もたっぷりと含んでいます。

しかし、酵素は高温で活性力が失われるという弱点があります。
調理時に加熱する一般的なみそ汁では、植物性たんぱく質などの栄養は取れても、酵素の力は生かせません。

そこで、試行錯誤の末、考案したのが50℃みそ汁です。
50℃みそ汁は、みそを加熱せずに作ります(詳しい作り方は次の記事を参照)。

そのため、みそが持つ栄養と酵素を、そのままいただけるのです。

基本の具材として使う切り干し大根とコンブは、ビタミン、ミネラルが豊富な食材です。
また、加熱しなくても甘みとうまみのあるだしが取れる、という利点もあります。

実は私自身、50℃みそ汁をはじめとした、食生活の改善により、それまでの不調が大きく改善した一人なのです。

500円玉大のシミも消えた!

7年前まで、私のコンプレックスは肌でした。
季節の変わり目にはゴワゴワに乾燥し、左の口元には500円玉ほどの大きな薄いシミがありました。

当時、私は食品関係の会社を経営していましたが、その稼ぎの半分は美容に費やしたでしょうか。
しかし、エステに通っても高価な美容液を使っても肌は変わらず、むしろ湿疹が増えるなど状態は悪化したのです。

そんなとき、仕事の関係で食育・食事法について学ぶ機会がありました。
元々食に関心があった私は、さらに勉強を続け、自分の食生活を切り替えてみました。

すると、肌のツヤがみるみるよくなったのです。
食生活を変えた翌年には、肌は乾燥しなくなりました。

口元の大きなシミも薄くなり、今ではすっかり消え、ファンデーションすら使っていません。
夏にUVクリームも使いませんが、シミはありません。
肌の力が養われたのでしょう。

50℃みそ汁と、食生活改善の結果です。
こめかみのかゆみや、手の湿疹も消えました。

47㎏だった体重は44㎏に(身長は161㎝)。
見た目は、もっとやせたように感じられます。

肥満や不調の多くは、誤った食生活の積み重ねに、加齢などによる免疫力(病気に対する抵抗力)の低下が重なって生じると考えています。
酵素が豊富な発酵食品や、ビタミン・ミネラルが豊富な玄米、野菜、海藻類などをしっかりと食べて、きちんと排泄する。

これだけで、不調の多くは改善するはずです。
食生活の見直しの第一歩として、簡単に作れる50℃みそ汁を、ぜひお試しください。

早ければ1週間ほどで、目覚めのよさや便通の改善などの変化を実感できるでしょう。

次の記事では「50℃味噌汁」の作り方をご紹介しましょう。

→【次の記事】「50℃みそ汁」の作り方

解説者のプロフィール

人見惠子
ミレット・スタイル代表。
体質改善料理指導家
自身の肌トラブル改善のため、あらゆる調理法を研究し、食生活が不調を改善することを実感。2010年、代表取締役を務めた会社を譲り、本格的に体質改善料理指導家としての活動を開始。自身の体験を基に、料理教室やセミナー等で指導を行う。

●ミレット・スタイル
http://www.millet-style.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

規則的でスムーズな排便には、便にある程度のボリュームが必要です。ボリュームがあることで、腸が刺激されて、便意が生じて排泄できるからです。したがって、食物繊維の豊富な温野菜を、毎日たくさん摂取することも心がけたいものです。【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)