【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


丸山眞砂夫
柔道整復師。明治東洋医学院専門学校卒業。株式会社タオ取締役、日本ふくらはぎセラピスト協会会長。後進の育成にも力を注ぎ、ふくらはぎもみのよさを普及。著書に『ふくらはぎをもむと体が変わる!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

健康なふくらはぎは二の腕のように軟らかい

近年、ふくらはぎをもむ健康法が、一般にも広く認知されるようになってきました。私が所属するタオ整骨院と「ふくらはぎ健康法タオ」にも、老若男女、多くの人が、ふくらはぎマッサージ(以下、ふくらはぎもみに省略)を受けに来ています。

ふくらはぎには、その人の体調が反映されます。健康なふくらはぎは、つきたてのお餅や、二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。

一方、体に何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、弾力がなくフニャフニャだったりするのです。

当院が取り入れているふくらはぎもみは、医師の故・石川洋一先生が考案したものです。
先生によると、内臓系の疾患はふくらはぎの内側、腰痛やひざ痛はふくらはぎの外側、心肺機能や神経系の不調はふくらはぎの中央部分に現れやすいとのことです。

日々、いろいろな人のふくらはぎを触っていると、確かにその傾向が顕著に現れています。

例えば、お酒の飲み過ぎで肝臓が疲れている人は、ふくらはぎの内側が硬くなっています。
不眠の人は、アキレス腱付近が硬くなっているのです。

ふくらはぎをもむと、そうした不調が改善する例が多数見受けられます。
それは、ふくらはぎをもむと全身の血流がよくなること、自律神経(内臓や血液の働きを調整する神経)が整うこと、ふくらはぎに多くのツボがあることが関係しているからだと思います。

血流がよくなりあらゆる不調が改善

血流がよくなれば、血圧も安定しますし、肩こりや腰痛、ひざ痛も軽快します。
当院では、ふくらはぎもみを行った人が、杖を忘れて帰るという光景がよく見られます。
高齢者に多い、睡眠中のこむら返りも起こりにくくなります。

女性であれば、子宮の血液循環もよくなります。
そのため、生理痛や更年期障害の症状が軽減した、なかなか赤ちゃんができなかったけど妊娠した、という声も聞きます。

私のタオ整骨院では、技術の向上のために、スタッフ同士でふくらはぎもみを行うのですが、女性のスタッフが次々と妊娠し、いつも誰かが産休中といった具合です。

全身の血流がよければ、膵臓が活性化して、糖尿病への効果も期待できます。実際、血糖値やヘモグロビンA1cが改善した人が何人もいます。

また、基礎代謝も上がるので、ダイエット効果も期待できます。食事や運動療法との併用で、2ヵ月で35kgやせた人もいました。

さらに、体温が上がるので、免疫力(病気に対する抵抗力)のアップにもつながります。体温が1℃上がると、免疫力が24%上がるとされるので、カゼもひきにくくなるはずです。

ふくらはぎもみによる痛気持ちいい刺激は、自律神経のバランスを整えるので、不眠にも効果的です。

私たちは系列のデイサービスでも、ふくらはぎもみを取り入れていますが、継続して通っている人は、認知症の進行が比較的抑えられています。

ドーパミンという、脳内物質が減ることによって起こるとされるパーキンソン病の人でも、症状の進行が治まり、歩行が安定している例もめずらしくありません。

3分もむだけでもかなりの効果

自分でふくらはぎをもむときのコツは、両手の親指を重ねて、そこに体重をかけるようにして押すことです。硬さを感じる部分や、押してみて痛みを感じる部分を中心に、ほぐしてみてください(詳しいやり方は別記事を参照してください)。

やり方が簡単な上、片足3分もむだけでも、かなりの効果があるはずです。
2〜3日で、何らかの変化を感じると思います。
すぐに実感できるのは、寝付きがよくなることでしょう。
また、腸や腎臓の動きがよくなるので、便通やオシッコの出がよくなり、むくみも改善します。

もむのは、いつでも構いませんが、お風呂の中やお風呂上がりなど、温まっているときに行うと効果的です。

ぜひ、実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)