【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


篠浦伸禎
1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、都立荏原病院等を経て、2009年より現
職。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。著書に『脳にいい5つの習慣』(マキノ出版)『ボケない脳をつくるニンニク油』(青春出版社)などがある。

脳の毛細血管を広げ血流をよくする

私は脳外科医ですが、脳の健康を保つには、日々の食事による「食養生」がたいへん重要だと考えています。
私自身もさまざまな食養生について研究し、実践しています。

特に効果を実感し、多くの患者さんにお勧めしているのが、「ニンニク油」です。

ニンニク油は、脳の健康維持にとても役立つ効果が期待できる”脳の特効薬”です。
しかも自分で作れます。
材料はニンニクとオリーブオイルだけですから安価で、長く続けられるのも優れた点です。

ニンニク油には、脳の毛細血管を広げて、血流をよくする作用があると考えられます。
それはすなわち、衰えた脳の働きがよくなるということです。

実際に、ニンニク油の摂取をお勧めした患者さんには、脳の血流改善が認められ、めまいや頭痛、高血圧、記憶力の低下など認知症の初期症状、脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)の後遺症などが改善したという例が少なくありません。
脳の血管が狭窄(狭まってしまうこと)していたのが、ニンニク油を摂取するようになってから改善した人もいます。

脳の手術を行う前後に患者さんにニンニク油を飲んでもらうと、術後の感染症防止、体力の回復、手術後に行う放射線や化学療法の副作用を軽減することにも役立っています。

脳の血流が改善し記憶力が回復!

Aさんは、「年を取って記憶力が悪くなった。認知症が心配」と訴えて外来を訪れました。
以前は、こうした患者さんに認知症の治療薬を投与していました。

しかし、薬でよくなったという患者さんの話は、まったくといっていいほど聞くことがありませんでした。
むしろ副作用が出ることもあり、私は認知症の治療薬にかなり不信感を持っていました。

そこで、Aさんにニンニク油の摂取を勧めたのです。
Aさんは、ニンニク油の摂取を熱心に続けられました。

脳のどの部位にどのくらいの血流が流れているかを調べる、スペクト(SPECT・単一光子放射断層撮影)という検査があります。
1年後、Aさんのスペクトを実施したところ、脳の血流が改善していることが認められました。

特に、右の後部帯状回という部分の血流が顕著に改善していました。
帯状回は最近、脳の司令塔といってもいいくらい、重要な役割をしていることが判明しました。
この部位の血流が落ちて機能が低下すると、脳のさまざまな機能が低下しますが、その一つが記憶の低下です。
アルツハイマー型認知症では、後部帯状回とその付近の血流が初期から低下すると報告されています。

Aさんの場合、認知症と診断されていたわけではありませんが、脳の血流低下が記憶の低下を招いたと考えられます。
ニンニク油の摂取を続けるうちに、ご本人も記憶力が改善したことを自覚されたそうです。

脳によい効果のカギは「アホエン」

ニンニク油はなぜ脳によいのでしょうか。
カギを握るのは「アホエン」という物質です。

アホエンに関しては多くの研究が行われており、以下に挙げたような、さまざまな作用があることがわかっています。

・抗酸化作用(動脈硬化や脳卒中の予防につながる)
・血小板凝集抑制作用(高血圧の抑制につながる)
・血中コレステロール値改善
・尿酸値改善(痛風予防につながる)
・抗ガン作用
・殺菌、抗ウイルス作用(感染症の予防につながる)

近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つ作用があることもわかってきました。
脳内では無数の神経細胞がネットワークを作り、さまざまな神経伝達物質によって膨大な情報を伝えています。

神経伝達物質の一つに「アセチルコリン」があります。
記憶や学習に関連する働きを持つ物質です。

アルツハイマー型認知症では、脳内のアセチルコリンが減少することがわかっています。
アホエンには、アセチルコリンを分解する物質(アセチルコリンエステラーゼ)の働きを阻害し、脳内のアセチルコリンの減少を防ぐ効果があると報告されています。

それが記憶力の改善や認知症の予防、症状の進行を遅らせることにつながると考えられます。
動物実験でも、アホエンを与えた動物の記憶力がよくなることが確認されています。

もう一点、アホエンが脳によい影響を及ぼすメカニズムとして私が考えているのが、微小循環(毛細血管の血流)の改善です。
これに関しては、別の記事で私の見解を詳しく述べます。

すばらしい作用を持つアホエンですが、実は生の状態のニンニクには含まれていません。
アホエンは、ニンニクを「低温の油で熱する」という一手間を加えることによって生成されます。

つまり、ニンニク油はアホエンを最も効果的に取り出し、摂取する方法なのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)