MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【沖ヨガ】不調の5大原因を取り除く「足裏たたき」の効果

【沖ヨガ】不調の5大原因を取り除く「足裏たたき」の効果

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)

病気の5大原因に効果的な足裏たたき

実は、病気には以下の5つの原因があります。
そして、いずれも「足裏たたき」と関係しています。

①排泄の不完全
便や尿の出が悪くなると病気を招きます。
足裏たたきをすると、腸や腎臓の関連部位も刺激されるので、デトックスできます。

②背骨のゆがみ
自律神経失調症や過食、偏食によって背骨がゆがむと、病気につながります。
足裏たたきで背骨の関連部位を刺激すると、ゆがみの改善に役立ちます。

③呼吸の不完全
深呼吸ができなくなると、酸素不足から、うつなどの精神症状が起こりやすくなります。
声を出して数を数えながら足裏たたきを行うと、それが呼吸法になって精神面をケアできます。

④食生活の偏り
食事の偏りや乱れは病気を招きます。
足裏たたきを続けていると、自然にバランスのよい食事を欲するようになってきます。

⑤ストレス
精神的ストレスで頭が混乱することも病気の原因になります。
足の裏は頭と通じており、たたくことで頭をスッキリさせる効果があります。

足裏たたきは精神的ストレスの解消に効果的で、この意味でも病気の改善に役立つのです。
このように、足裏たたきは病気の5大原因に効果的です。

それだけに、足裏たたきを行って、さまざまな症状が改善された例は多数あります。

【症例1】腰痛が消えて遠方まで運転できる

ここでは、そのうち2例をご紹介しましょう。
45歳・女性の例です。

このかたは外国で交通事故に遭い、じゅうぶんな治療が受けられなかったことから、ひどい腰痛に悩まされるようになりました。
車を運転するにも、腰が痛くて15 分くらいしか続けられず、たいへん困っておられました。

股関節の調子も悪く、足のつけ根や首など、体のあちこちの痛みを訴えていました。
さらに、耳の聞こえも悪いと訴えていました。

知人の紹介で沖ヨガの教室にみえたので、足裏たたきから指導を始めました。
すると、最初は指を少し開こうとしただけでも、「ぎゃあっ」と叫ぶくらいの痛みを訴えました。

しかし、根気よくやっていくと、少しずつ足裏たたきができるようになっていきました。
教室に来るのは週に1回ですが、「自宅でもやってください」と言ったので、自分でも熱心に足裏たたきを行ったようです。

そのかいがあって、1カ月後くらいから、急速によくなり始めました。
腰痛を始め、体のあちこちの痛みが消え、耳も聞こえるようになっていったのです。

2カ月後には、すっかり元気になられ、首都圏から長野まで、休まずに車を運転できたと笑顔で報告してくれました。
実は、このかたは看護師さんで、自分の体を劇的に治した沖ヨガ、特に足裏たたきや指ヨガに興味をもたれ、現在はヨガのインストラクター養成講座に通われています。

【症例2】聴力が戻りめまいも消えた

55歳・男性の例です。
このかたは、非常に忙しく不規則な生活を続け、強いストレスにもさらされていたところ、突然、右耳が難聴になってしまいました。

同時にめまいも感じて、歩行時などにふらつくようになりました。
耳鼻科に行くと、大きな病院を紹介され、突発性難聴と診断されました。

そこで治療薬の点滴を受け、飲み薬も処方されました。
しかし、結局、薬では治らず、高気圧酸素療法や神経ブロック注射など、突発性難聴に効くといわれるさまざまな療法を受けました。

それでも思うように回復せず、医師からは「様子をみましょう」と言われたそうです。
その言葉を聞いて、このかたは、「もうダメだ、自分で治すしかない」と感じ、前から知っていた沖ヨガに賭けることにしました。

その日から、毎日、足裏たたきを熱心に行い、そこから始まる沖ヨガを実践しました。
めまいやふらつきがあるので、最初は苦労しましたが、ふらふらしながらもやっていると、次第に足裏たたきがしっかりできるようになってきました。

そして、2カ月ほどたつ頃には、めまいやふらつきがなくなり、右耳の聴力も少しずつ戻り始めたのです。
以後も足裏たたきを熱心に行い、沖ヨガを実践していると、完全に右耳の聴力が戻り、いまでは普通に聞こえるようになりました。
再発防止のため、今でも毎日欠かさず足裏たたきを行っています。

足裏たたきで5大原因をこまめにリセット

冒頭で述べた病気の5大原因は、油断すればいつでも私たちの体や心、生活習慣に忍び寄ります。

しかし、足裏たたきを続けていれば、こまめにそれらをリセットすることができます。
病気になる前に、その原因を遠ざける。

もし病気になったとしても、自然の回復を促す。
それが足裏たたきのすぐれた効能です。

やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。

次の記事では「足裏たたきのやり方】をご紹介しましょう。

解説者のプロフィール

佐藤松義(さとう・まつよし)
イタリア政府公認沖道密教ヨガ総合自由大学教授・沖ヨガ協会本部講師。
1978年、ヨガの世界的権威で沖道ヨガの創設者、「沖正弘」師のヨガ修道場に入門。
日本だけでなく世界各国で沖道ヨガの指導を行いながら、世界の食養生や自然療法を学び、精神鍛錬を通した各種健康法とかねあわせ、独自の実践哲学を確立。
現在、ヨガの哲学や生命科学に基づいた、一般の人が実践しやすい健康法の指導にも力を注ぐ。
2015年、四国八十八箇所霊場巡礼歩きお遍路1600kmを満願。

●OKIDO YOGA JAPAN Matsuyoshi Sato
https://sites.google.com/site/satomatsuyoshi/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)
更新: 2018-09-10 15:50:46
マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)
更新: 2018-09-10 15:31:27
私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)
更新: 2018-09-05 20:52:28
近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)
更新: 2018-09-05 20:58:11
マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)
更新: 2018-09-13 11:49:38
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00