【脂質異常症(高脂血症)とは】コレステロールって何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【脂質異常症(高脂血症)とは】コレステロールって何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

脂質異常症(高脂血症)は、血液中に、コレステロールや中性脂肪などの脂質の量が多過ぎる状態をいいます。脂質が多いと、血液がいわゆるドロドロの状態になります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


脂質異常症って、どんな病気なの?

 脂質異常症(高脂血症)は、血液中に、コレステロールや中性脂肪などの脂質の量が多過ぎる状態をいいます。脂質が多いと、血液がいわゆるドロドロの状態になります。現在は、LDLコレステロール(以下、LDL)値が140mg/dl以上、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪値が150mg/dl以上のいずれかに当てはまる場合に、脂質異常症と診断されます。

なぜいけないの?

 脂質異常症は、肥満、糖尿病、肝臓病、腎臓病などによって起こる場合と、遺伝的な要素で起こる場合があります。
 コレステロールは細胞膜やホルモンの材料となるなど、必要不可欠な物質ですが、量が多過ぎると、動脈硬化の一つである粥状動脈硬化を引き起こすのです。LDLが多くなると血管の内皮細胞が傷つき、内皮細胞の下にLDLが入り込んで変性し、酸化LDLになります。

 血液中の単球も内皮細胞の下に入り込んでマクロファージとなり、酸化LDLを無制限に取り込みます。大量に取り込むと泡沫細胞となり、アテローム(粥状の塊)を作るのです。アテロームの表面を覆う薄い被膜が破れると、修復のために血小板が集まり、血管が細くなります。こうして粥状動脈硬化が進行していくのです。
 中性脂肪は活動のエネルギー源となりますが、余ると、皮下だけでなく内臓の周りについて、メタボリック(内臓脂肪)症候群を引き起こします。

どうすれば防げるの?

 脂質異常症は、食事の改善と適度な運動で予防できます。食事は、動物性脂肪などに多い飽和脂肪酸はなるべく控え、DHAやEPAなどオメガ3脂肪酸を取りましょう。青背の魚がお勧めです。エネルギーの過剰摂取は、中性脂肪の増加を促すので、菓子類や果物などの食べ過ぎには注意し、野菜など食物繊維の多い食事を心掛けましょう。卵は1日1個食べても構いませんが、タバコはお勧めできません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

シナモンとはちみつを組み合わせた「はちみつシナモン」を継続的に摂取すれば、糖尿病(Ⅱ型)、高血圧、脂質異常症の予防・改善に、大きな力を発揮してくれるはずです。特に期待できるのは、メタボの改善。実はシナモンだけでなく、はちみつもメタボ改善に役立つことがわかっています。【解説】平柳要(医学博士・食品医学研究所所長)


【血圧を下げる】“カカオ”の効果 チョコやココアで善玉コレステロールを増やすことができる

【血圧を下げる】“カカオ”の効果 チョコやココアで善玉コレステロールを増やすことができる

チョコレートやココアには「甘くて高カロリーの嗜好品」というイメージがついて回ります。そのため、ダイエットや健康に気を使う人からは敬遠されがちな食品です。しかし、それはとてももったいないことです。健康にいい成分として注目されている「ポリフェノール」が非常に豊富な食品だからです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)