【脳卒中とは】くも膜下出血、脳出血って何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【脳卒中とは】くも膜下出血、脳出血って何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

今回は、脳卒中のうち、「クモ膜下出血」と「脳出血」を取り上げます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


くも膜下出血、脳出血を防ぐには?

 血圧が高いと血管壁が傷つきやすくなり、そこにコレステロールなどが沈着し、動脈硬化が進みます。血圧を上げない生活習慣が肝心です。食生活に気を付けるほか、過剰なストレスも血圧を上げるので、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。喫煙や過剰な飲酒も危険因子の一つ。適度な運動も大切です。
 激しい頭痛やめまいは、前兆の可能性があります。異常な頭痛などを自覚したら、速やかに専門医を受診してください。

くも膜下出血

 くも膜下出血は、脳の表面を包んで保護している軟膜、くも膜、硬膜の3枚の膜のうち、軟膜とくも膜とのすき間(くも膜下腔)に出血が起こる病気。原因のほとんどは、脳動脈瘤(脳の動脈にできる小さなコブ)の破裂で、脳動脈の中でも、脳底にある動脈にできる場合が多いのです。まるでバットで後頭部を殴られたような激しい頭痛が生じ、意識を失います。そのまま意識が戻らず死に至ることも多く、ほかの脳卒中と比べると、30~40代という若い世代にも見られ、女性の占める割合も多いという特徴があります。

脳出血

 脳出血は、脳の細い動脈が破れて脳内に出血が起こる病気。例えば、水道のゴムホースは、古くなると弾力性が失われ、水あかがついたり、ひびが入ったりして、水もれを起こします。血管もこれと同様に、高血圧や加齢などによって弾力性が失われてもろくなると、破れやすくなるのです。
 血管が破れて流れ出た血液によって、脳の組織が破壊されたり、圧迫されたりします。頭痛やめまいなどの症状のほか、突然意識を失って死に至ることも少なくありません。命が助かった場合も、言語障害や手足のマヒなどの後遺症が残ることが多いのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

脳卒中の一種の「くも膜下出血」は致死率が高く、発症すると、3〜4人に1人が命を落としてしまうほどの恐ろしい病気です。一命を取り留めても、約半数の人に手足のマヒなど重大な後遺症が残ってしまいます。この病気を引き起こす原因となるのが脳動脈瘤です。【解説】根本繁(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科血管内治療学分野教授)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【熱中症の初期症状】実は脳梗塞と似ている 頭痛・吐き気・冷や汗・だるさの症状に注意

【熱中症の初期症状】実は脳梗塞と似ている 頭痛・吐き気・冷や汗・だるさの症状に注意

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)