医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【脳卒中とは】くも膜下出血、脳出血って何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【脳卒中とは】くも膜下出血、脳出血って何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

今回は、脳卒中のうち、「クモ膜下出血」と「脳出血」を取り上げます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


くも膜下出血、脳出血を防ぐには?

 血圧が高いと血管壁が傷つきやすくなり、そこにコレステロールなどが沈着し、動脈硬化が進みます。血圧を上げない生活習慣が肝心です。食生活に気を付けるほか、過剰なストレスも血圧を上げるので、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。喫煙や過剰な飲酒も危険因子の一つ。適度な運動も大切です。
 激しい頭痛やめまいは、前兆の可能性があります。異常な頭痛などを自覚したら、速やかに専門医を受診してください。

くも膜下出血

 くも膜下出血は、脳の表面を包んで保護している軟膜、くも膜、硬膜の3枚の膜のうち、軟膜とくも膜とのすき間(くも膜下腔)に出血が起こる病気。原因のほとんどは、脳動脈瘤(脳の動脈にできる小さなコブ)の破裂で、脳動脈の中でも、脳底にある動脈にできる場合が多いのです。まるでバットで後頭部を殴られたような激しい頭痛が生じ、意識を失います。そのまま意識が戻らず死に至ることも多く、ほかの脳卒中と比べると、30~40代という若い世代にも見られ、女性の占める割合も多いという特徴があります。

脳出血

 脳出血は、脳の細い動脈が破れて脳内に出血が起こる病気。例えば、水道のゴムホースは、古くなると弾力性が失われ、水あかがついたり、ひびが入ったりして、水もれを起こします。血管もこれと同様に、高血圧や加齢などによって弾力性が失われてもろくなると、破れやすくなるのです。
 血管が破れて流れ出た血液によって、脳の組織が破壊されたり、圧迫されたりします。頭痛やめまいなどの症状のほか、突然意識を失って死に至ることも少なくありません。命が助かった場合も、言語障害や手足のマヒなどの後遺症が残ることが多いのです。

解説者のプロフィール

川嶋朗(かわしま・あきら)
東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授。
北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授(附属青山自然医療研究所クリニック所長)を経て、2014年より現職。一般財団法人東洋医学研究所附属クリニック医師、医学博士。『冷えとりの教科書』(マイナビ)、『健康法で死なないための42のカルテ』(水王舎)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

私が「朝カレー」に注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。偏食が多く、生活も不規則その上、体が冷えていて低体温が多かったのです。カレーは血流を促して体温を上げ、新陳代謝を活発にします。朝食べたら、朝から元気になり早寝早起きの習慣がつきます。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【くも膜下出血】2種の手術のメリットデメリット、最新治療法まで解説!

【くも膜下出血】2種の手術のメリットデメリット、最新治療法まで解説!

脳卒中の一種の「くも膜下出血」は致死率が高く、発症すると、3〜4人に1人が命を落としてしまうほどの恐ろしい病気です。一命を取り留めても、約半数の人に手足のマヒなど重大な後遺症が残ってしまいます。この病気を引き起こす原因となるのが脳動脈瘤です。【解説】根本繁(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科血管内治療学分野教授)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)