【虚血性心不全】突然死を防ぐには "頸動脈(首の動脈)" のエコー検査が有効

【虚血性心不全】突然死を防ぐには "頸動脈(首の動脈)" のエコー検査が有効

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


動脈硬化の早期発見こそ血管障害を防ぐ秘訣

 現在のクリニックを開設する以前、私は救急診療を併設した医療センターに循環器内科医として勤務していました。

 そこでは連日のように、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが救急搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。
 そこで、治療だけにとどまらず、病気になりにくい体、病気と闘える体を作るための、血管のアンチエイジングの指導や、動脈硬化の早期発見のための検査を行えるクリニックを開設しました。特に力を入れているのが、動脈硬化の早期発見です。

 血管障害の大きな原因は動脈硬化ですが、これは急に起こるものではありません。昨日はなんでもなかった人が、翌日血管を見たらできていた、というものではないのです。動脈硬化は長い期間にわたって徐々に進行しますから、大事に至る前に進行を食い止めることが可能です。

 そのために当院では、動脈硬化の疑いがある人には「頸動脈エコー」を実施しています。この検査では、頸動脈の硬さや厚み、狭窄の程度を画像で確認して、動脈硬化の進行の度合いを判断することができます。
 頸動脈は、首の横にある太い血管です。首の左右に1本ずつあり、この血管を通して脳に大量の血液が流れていきます。
 頸動脈は非常に太いうえ、比較的体の外側に位置しています。そのため、エコー検査で簡単に状態を確認しやすいというメリットがあります。
 頸動脈エコー検査では、左右の血管の状態を15分程度かけて見ます。痛みもなく、横になっているだけなので、体に負担はかかりません。

頸動脈を見ることで全身の様子が見える

 ここで、動脈硬化について少し説明します。血管は、「内膜」「中膜」「外膜」の三つの層からできています。
 血管の内側にあり、血液と接しているのが内膜で、その表面は「内皮細胞」というフィルターのような層で覆われています。内皮細胞には、血液が固まるのを防いだり、血管を拡張させたりする働きがあります。

 高血圧や糖尿病などで内皮細胞が刺激されて傷つくと、その部分に、コレステロールや脂肪がお粥のような軟らかい沈着物となってたまり、「プラーク」と呼ばれるコブのような塊をつくります。その結果、内膜はどんどん厚くなります。

 プラークがある血管は硬く、内腔も狭いので、血流は悪くなり、血管が少し収縮しただけでも血流が途絶えます。この状態が動脈硬化です。

 また、プラークは破れやすく、破れるとそこに血の塊(血栓)ができます。それが血流に乗り、心臓の血管を詰まらせれば心筋梗塞を、脳の血管を詰まらせれば脳梗塞を起こします。

 動脈硬化を起こしやすい部位はいくつかありますが、その代表的な部位が頸動脈なのです。そして、頸動脈の血流速度や血流の状態は、全身の血流の状態を反映しています。さらに、頸動脈の動脈硬化が強いほど、その他の部位の動脈硬化も進行していると考えられます。

 これらのことから、頸動脈エコー検査で全身の動脈硬化の有無を判定できると考えられるのです。

20代から始まっていても自覚症状はほとんどない

 自覚症状がほとんどない動脈硬化の危険因子には、糖尿病や高血圧、高脂血症、喫煙、肥満などが挙げられますが、加齢も大きな原因の一つです。

 実は、内皮細胞への脂肪の沈着は、20歳代ころからすでに始まり、じわじわと進んでいます。ところが、50歳を過ぎて血管がだいぶ硬くなってきても、自覚症状はほとんどありません。

 内皮細胞が破れて、血栓で血管が詰まったときに急性心筋梗塞や脳梗塞などを起こし、そこで初めて症状が現れるのです。危険因子を持っている場合は、動脈硬化の進行はもっと早くなります。
 危険因子を持っている人はもちろんのこと、自覚症状がない人も、50歳を過ぎたら動脈硬化の検査を定期的に受けることをお勧めします。

杉岡充爾
 1965年、千葉県生まれ。千葉大学医学部卒業。97年より2014年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務。第一線で脳梗塞や脳出血、心筋梗塞など数多くの血管障害の患者の治療に当たる。14年にすぎおかクリニックを開業。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

脳卒中の一種の「くも膜下出血」は致死率が高く、発症すると、3〜4人に1人が命を落としてしまうほどの恐ろしい病気です。一命を取り留めても、約半数の人に手足のマヒなど重大な後遺症が残ってしまいます。この病気を引き起こす原因となるのが脳動脈瘤です。【解説】根本繁(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科血管内治療学分野教授)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)