MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腰痛・膝痛】原因は偏平足?錦織圭選手も実践する「足裏トレーニング」

【腰痛・膝痛】原因は偏平足?錦織圭選手も実践する「足裏トレーニング」

腰痛やひざ痛に悩む女性の足の裏は、土踏まずがしっかり形成されていない「偏平足」の人が多いのです。土踏まずのない偏平足では、クッションもバネも働きません。足の裏から足首、ひざ、股関節にかけて大きな加重ストレスがかかるので、関節が故障しやすくなるのです。【解説】松山幸弘(浜松医科大学医学部附属病院病院長・浜松医科大学教授)

解説者のプロフィール

松山幸弘
広島大学医学部卒業。半田市立半田病院、名古屋大学大学院医学系研究科准教授を経て、2009年より浜松医科大学教授。2016年より浜松医科大学医学部附属病院病院長も務める。日本整形外科学会代議委員、日本脊椎脊髄病学会理事。専門は脊椎脊髄。脊髄再生、脊柱変形の手術で多くの症例を有するが、なるべく手術をせずに体を健康に保つ運動療法なども勧めている。

「足の裏の衰え」が腰痛やひざ痛につながる

ひざ痛や股関節痛といった足の症状に悩むのは、男性より女性に多い傾向があります。
特に『ゆほびか』の読者に多い40~50代くらいから痛みが出始めて、そのまま持病になってしまう人が多いようです。

私の専門領域は、脊椎・脊髄外科です。
慢性腰痛や、腰が曲がってしまう脊柱変形の患者さんをよく診ますが、こちらも女性に多い傾向があります。

これは男性よりも女性のほうが筋肉量が少なく、衰えやすいことが原因です。
この話は、全身の筋肉に当てはまるのですが、私が特に顕著だなと感じているのは、足の裏の筋肉です。

腰痛やひざ痛に悩む女性の足の裏は、土踏まずがしっかり形成されていない「偏平足」の人が多いのです。
土踏まずがしっかり形成された足の裏は、歩いたり、走ったりして着地するときに、衝撃を吸収するクッションのような役割を果たします。

また、バランスよく重心を移動させるバネの働きもします。
土踏まずのない偏平足では、クッションもバネも働きません。

足の裏から足首、ひざ、股関節にかけて大きな加重ストレスがかかるので、関節が故障しやすくなるのです。
足の裏の筋肉が衰えると、末梢の循環が悪くなり、足が冷えたり、むくんだりします。

末梢の血流が悪くなると、全身の血流も悪くなります。
これが全身の不調やこり、痛みなどにつながっていくわけです。

リオ五輪で日本勢として96年ぶりの銅メダリストとなった男子テニスの錦織圭選手は、もともと右足首に故障を抱えていて、それをかばうために左足にも大きな負担を与え、結果さらに故障が増えるという悪循環に陥っていたそうです。
そこで錦織選手は、トレーナーの指導で、「足の指先でタオルをつかむ」などの足の裏と指を鍛えるトレーニングを行いました。

トレーニングを続けた結果、足の裏および足指の筋肉がしっかり鍛えられ、足首の可動域も広がり、右足首や全身の故障を克服したそうです。
これが現在の活躍にもつながっています。

錦織選手のケースからもわかるとおり、足の裏の筋肉というのは全身の礎であり、ここをしっかり鍛えることがあらゆる痛みや不調を解消することにつながっていくのです。

立ち姿、歩き姿もガラリと変わる!

それでは、具体的にどのようにして足の裏を鍛えればいいのでしょうか。
ここでは自宅や職場でも簡単にできる足の裏のトレーニングのやり方をご紹介しましょう。

まず、偏平足の人や足の指が固まっている人に勧めたいのが、「足指ほぐし」。
足の指を1本ずつ伸ばしたり、回したりしながら、ほぐしていってください。

これをやるだけでも足の血流はよくなるため、体に変化があるはずです。
次に、「足のグーパー運動」。

下記画像のように、イスに座って足の指をギュッと折り曲げてグーを作り、パッと広げてパーにします。
この動作を繰り返します。

足のグーパー運動は、私も机に向かっているときなどによくやっています。
手術を行うときは10時間以上立ちっぱなしということもざらにあるので、そういうときでもしっかり立って執刀できるように、足の裏の鍛錬は欠かせないのです。

余裕のある人は、さらに「つま先とかかとの上下運動」も行うと効果的です。
足の裏を鍛えると同時に足首の可動域を広げる効果もあり、ふくらはぎも鍛えられます。

これらの動きはすべてイスに座ってできる簡単な動作ですが、やってみると汗が噴き出てくると思います。
それほど運動効果が期待できるトレーニングです。

足の裏が鍛えられると、痛みや体の不調の改善につながるだけでなく、立ち姿や歩き姿などといった外見の美しさ、若さにも効果が現れてきます。
ぜひ日々の習慣に足裏トレーニングを取り入れて、いつまでも健康な足でいてください。

足裏トレーニングのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)
更新: 2018-09-10 16:52:45
「足裏10円玉療法」は、左右の足の親指と人さし指の付け根の間と、薬指と小指の付け根の間に、10円玉を貼る健康法です。10円玉を足の裏に貼ると、普通に歩くよりも着地時の衝撃が大きくなるうえ、ひざや腰に負担をかけない正しい姿勢で歩けるようになるので、ひざ痛の改善に有効なのです。【解説】芦原紀昭(内科医・整形外科医)
更新: 2018-09-05 13:29:32
私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。【体験談】速水道子(仮名・82歳・主婦)
更新: 2018-09-12 11:51:39
ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関博和(せき接骨院院長)
更新: 2018-09-28 16:04:31
「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)
更新: 2018-09-18 13:58:25
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt