医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


解説者のプロフィール

城戸淳美(今井病院医師)
東京女子医科大学医学部卒業。
東京女子医科大学附属消化器センターなどに勤務後、北京中医大学日本分校で中医学を学びながら、体のゆがみを取り、自然治癒力を引き出す「骨格バランス健康法」を考案。
現在は栃木県足利市の今井病院にて、内科、皮膚科の視点から心と体をトータルに診る医療を行っている。

股関節のずれが全身の不調を呼ぶ

私は1日に多くの患者さんを診ますが、観察してみるとほぼ全員の足の長さが左右で違います。
その原因は、股関節がずれているからです。

股関節の角度(大腿骨の骨頭部と大腿骨体のなす角度)は、正常な成人では約135度と言われていますが、この角度よりも浅くなると足は短くなり、角度が深くなると足は長くなります。
足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。

このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。
また、背骨がゆがむと、背骨を通る脊髄神経が圧迫されるため、その神経に対応する臓器の働きが悪くなります。

自律神経や筋肉のバランスもくずれ、頭痛、肩こり、めまい、不眠、疲れやすいなど、いろいろな症状が出てきます。
そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。

ひざ縛りは、約70年前に考案された「礒谷療法」という整体療法に根幹をなす治療法です。
礒谷療法では、「すべての病気は股関節の転位(ずれ)から生じる骨格のゆがみによる」という理論に基づいて治療を行っています。

その結果、重度の脳性小児マヒや脊椎側弯症(背骨が側方に湾曲する病気)に苦しむ人や、腰やひざの痛みで歩行が困難な人などを、元気に歩けるようになるまで回復させているのです。
私は、東洋医学を学ぶなかで礒谷療法を知り、自分自身のぎっくり腰などの体調不良を治す目的で礒谷療法を勉強しました。

自分で実践して効果を実感し、患者さんの治療にも応用するようになったのです。
ひざ縛りを指導した患者さんたちは、さまざまな不調が改善しています。

ひざ痛が解消して正座ができるようになった人、加齢で縮んだ身長が2㎝も伸びた人、O脚が改善した人、腰痛が治り、歩けるようになった人など、目覚しい効果が現れた事例もあります。

ひざを縛って寝るとよく眠れる

ひざ縛りは、毎日の健康法としても最適です。
股関節のゆがみは、足を組んで座ったり、長時間姿勢をくずして座っていたりなど、日常のささいな動作や習慣で簡単に起こります。

ひざ縛りを行うことで股関節のゆがみを矯正し、正しい姿勢に直すことができます。
ひざ縛りはイスや床に座って行っても、横になって行ってもかまいません。

イスに座った状態でひざ縛りを行うと、自然と背すじが伸びて姿勢がよくなります。
長時間デスクワークをしても、あまり疲労感を感じなくなります。

私がよく勧めているのは、就寝時のひざ縛りです。
私もひざを縛って寝ていましたが、眠りが深くなった実感があり、ある患者さんも「不眠が解消した」と言っていました。

「ひざを縛ると血行が悪くなるのでは」と思う人もいるでしょう。
確かに片足だけ縛るとうっ血してしまいます。

しかし、両足を揃えて同時に縛るひざ縛りでは、股関節のゆがみが取れるため、かえって血行がよくなり、足が温まってきます。
かつて海にもぐって仕事をする海女さんたちは、海から出て冷えた体を早く温めるために、足をひもで縛ったと言います。

これも足縛りと同じ理屈でしょう。
海女さんたちは昔からの知恵でこのことを知っていたのだと思います。

『体操ニッポン!』(日本文化出版)の記事によると、リオ五輪男子体操金メダリストの内村航平選手は、高校時代、O脚を矯正するために、柔道の帯で両ひざをガッチリ縛って寝ていたそうです。
内村選手が何を参考にひざ縛りを知ったかはわかりませんが、この方法はO脚の改善にとても有効です。

骨盤のゆがみが解消されるため、体のバランスも取りやすくなります。
現在の活躍は、この頃からの努力が実を結んだからかもしれません。

ひざ縛りで股関節のずれが直ると、下半身太りやむくみも解消されます。
足の血流がよくなるということは、全身の血液循環がよくなるので、肌のくすみやシミ、シワが減り、血色がよくハリのある肌に変わっていきます。

ダイエットや美容面でも効果が高いのです。
なお、ひざ縛りを行う前に、「ひざ抱え体操」をやっておくと効果が高まります。

この体操も股関節のずれを直し、体のゆがみを取ります。
ひざ縛りを習慣にして、不調や痛みのない体を手に入れてください。

「ひざ縛り」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


股関節 自律神経 不眠症

関連する投稿


仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

帰宅しても仕事のことを引きずっていたのでしょうか、布団に入っても明日の仕事のことが頭に浮かんでなかなか寝つけないことがよくあったのです。それが、おでこ冷やしを行ってから布団に入ると、スッと寝入るようになり、朝目覚めたときもよく寝た!さっぱりした、となんとも爽快な気分なのです。【体験談】吉沢智子(仮名・会社員・46歳)


【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

よい眠りを得るための栄養成分もあるのです。その一つが「L-トリプトファン」。卵にはL-トリプトファンが豊富に含まれ、炭水化物といっしょに取ると脳に伝達されやすくなるという性質があります。腸は脳と強い相互関係があり、ヨーグルトなどで腸内環境を整えることが重要です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)


【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

必要以上に睡眠にこだわらず、「日中眠くならなければ睡眠は足りている」と考えましょう。「眠れないけれど、昼間は全然眠くならない」という人も、不眠治療をする必要はありません。睡眠が足りているのに眠れないと訴えるかたがたには、薬を出すのではなく、考え方を変えてもらうことが大事です。【解説】櫻井武(筑波大学医学医療系教授)


頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭皮セラピーを受けるのは月に1回程度なので、受けてしばらくするとまた疲れがたまり、寝つきが悪くなることがありました。そこで、自分でもケアできる「頭のもみほぐし」を教えてもらい、毎日寝る前にするようにしました。首筋の張りや肩こりがだいぶ楽になりますし、疲れがたまりにくくなります。【体験談】彦坂淑子(仮名・主婦・82歳)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)