【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が、食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし、生活の質が大きく下がります。【解説】江部康二(高雄病院理事長)


カレーライスを食べたら胸やけが再発した

 私の病院では、1999年から、糖尿病や肥満の患者さんを対象に糖質(ご飯やパン、めん類、イモ類)を制限した食事を導入しています。
 すると、糖尿病の改善のほか、アトピー性皮膚炎や頭痛など、さまざまな症状にも有効なことがわかってきました。逆流性食道炎も、その一つです。

 あるとき、肥満で痛風を訴えて来院した30歳の男性に、糖質制限食を勧めました。すると、開始したその日から、食後に胸やけがしなくなったと言うのです。
 聞けば、その男性は中学生の頃から逆流性食道炎に苦しんでいて、食後は必ず胸やけがあり、ひどいときは夜中にも起こっていたそうです。

 ところが、糖質制限食を始めたとたん、その症状がピタリと止まったと言うから驚きです。しかも面白いことに、カレーライスを食べたら、また症状がぶり返したと言うのです。

人類の歴史上糖質の登場はつい最近

 そこで、私は逆流性食道炎の患者さん20人に、糖質制限食を試してもらいました。その結果、1人を除いた全員に症状の改善がみられたのです。

 糖質制限食を実践すると、なぜ逆流性食道炎がよくなるのか、はっきりとしたメカニズムはわかりません。
 食べると胸やけなどの症状が起こるのは、糖質に対する体の拒否反応ではないかと、私は考えています。
 というのも、人類が誕生した700万年前から日本で稲作が始まった約2500年前まで、食料といえば狩猟や漁労、採集をよりどころにしていたからです。穀物が登場するまで、人類の糖質の摂取量はごくわずかにすぎなかったのです。

「日本人は昔から米を食べてきた」などといわれますが、人類700万年の歴史からみると、2500年前など、ごく最近のことです。

 これまで食べたことのなかった穀物が突然、主食になったわけですから、体が対応しきれず拒否反応を起こすことは、十分考えられるでしょう。
 それでも寿命が短かった時代は、糖質の害が現れる前に亡くなる人が多かったと推測されます。しかし寿命が延びて、本来食べ慣れていない糖質に体が耐えきれなくなり、さまざまな病気が出現したと考えられます。

 慢性の病気のほとんどは、「糖質病」といっても過言ではありません。現に、肥満や糖尿病、花粉症、アトピー性皮膚炎などは、多くの場合、糖質制限食でよくなります。私の病院では、尋常性乾癬や潰瘍性大腸炎も改善しています。

68歳でメガネは不要、夜中のトイレ通いもない

 逆流性食道炎は、糖質の害がわかりやすい疾患ともいえます。糖質をやめればすぐに改善するからです。
 糖質制限のやり方ですが、逆流性食道炎の改善には、朝昼晩の3食すべてで、ご飯やパンなどの主食、糖質の多い食品を制限する「スーパー糖質制限食」がお勧めです。

 たいていの人は、試したその日に症状が緩和されます。糖質制限食をしてもよくならない人は、胃潰瘍や胃炎など、他の原因で胸やけなどの症状が起こっているのかもしれません。

 糖質制限を行って症状が改善すれば、原因は糖質にあったということに気づくでしょう。
 そんなはずはないと思うかたは、ぜひカレーライスを食べてみてください。カレーライスはカレーのルウ(小麦粉)+ご飯という、「ダブル糖質」食です。食べて胸やけなどがぶり返せば、糖質が原因だったとわかるはずです。

 原因に気づけば、あとは糖質制限食を続けたり、糖質の量を加減したりすることで、再発が防げます。もちろん薬も必要ありません。そもそも逆流性食道炎の投薬治療は、薬で胃酸を抑えているだけなので、根本治療にはならないのです。

 また、糖質制限食はアンチエイジング効果も抜群です。
 私は自らの糖尿病が発覚した52歳から糖質制限食を始め、現在68歳です。身長は20歳のときのまま、歯は全部残っていて、聴力も衰えず、目は裸眼で広辞苑が読めます。夜中にトイレに起きることもありません。

 そしてこれは私に限ったことではなく、長年、糖質制限食を継続している患者さんでも、同じことが起こっています。
 糖とたんぱく質が結合する「糖化」が進むと、老化が進行するといわれています。糖質制限食を行っていれば糖化が防げるので、誰もが衰え知らずで年を重ねることができるのです。
ぜひお試しください。

江部康二
一般財団法人高雄病院理事長。1950年生まれ。1974年京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、1978年より医局長として高雄病院に勤務。2000年より現職。2001年から糖質制限食に取り組む。翌年、自身の糖尿病に気づき、自ら糖質制限食を実践し、肥満と糖尿病を克服する。現在も豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けており、肥満や糖尿病以外の幅広い疾患・生活習慣病についても高い予防・改善効果を証明している。著書多数。近著『江部康二の糖質制限革命』(東洋経済新聞社)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


逆流性食道炎 糖質制限

関連する投稿


空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

医師からは薬を処方され、「この病気とは一生つきあわなくてはいけない」と言われました。そして、「食事は腹6分目まで」「脂っこいもの、甘いものは控える」「食後すぐ横にならない」などの指導を受けました。薬を飲むと痛みはいくぶん和らいだものの、決してらくにはなりません。【体験談】山田花畑(仮名・システムエンジニア・40歳)


【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

私は、柔道整復師の技術と整体、カイロプラクティック(主に骨格を調整してバランスを整える手技療法)を融合させた独自の治療を行っています。それにより、西洋医学だけでは治りにくい病気や症状を治療していますが、中でも力を入れているのが「逆流性食道炎」です。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

逆流性食道炎の2大原因は「胃酸過多」と「下部食道括約筋の機能低下」です。この2つは迷走神経の機能低下により引き起こされます。その迷走神経を活発にするのが「後頭部のへりのもみほぐし」です。1日1回、いつ行ってもかまいません。準備体操として、首と肩の筋肉をほぐしておくと効果が高まります。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし生活の質が大きく下がります。【解説】藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科教授)


【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

逆流性食道炎は、胃からの逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなることにより、吐き気や胸のムカつきが起こる病気です。これは、胃腸の調子が悪ければ、誰にでも起こりうることです。サイダーをスプーンで飲むと、ムカムカだけでなく逆流性食道炎自体も改善することがあることです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)