MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が、食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし、生活の質が大きく下がります。【解説】江部康二(高雄病院理事長)

カレーライスを食べたら胸やけが再発した

 私の病院では、1999年から、糖尿病や肥満の患者さんを対象に糖質(ご飯やパン、めん類、イモ類)を制限した食事を導入しています。
 すると、糖尿病の改善のほか、アトピー性皮膚炎や頭痛など、さまざまな症状にも有効なことがわかってきました。逆流性食道炎も、その一つです。

 あるとき、肥満で痛風を訴えて来院した30歳の男性に、糖質制限食を勧めました。すると、開始したその日から、食後に胸やけがしなくなったと言うのです。
 聞けば、その男性は中学生の頃から逆流性食道炎に苦しんでいて、食後は必ず胸やけがあり、ひどいときは夜中にも起こっていたそうです。

 ところが、糖質制限食を始めたとたん、その症状がピタリと止まったと言うから驚きです。しかも面白いことに、カレーライスを食べたら、また症状がぶり返したと言うのです。

人類の歴史上糖質の登場はつい最近

 そこで、私は逆流性食道炎の患者さん20人に、糖質制限食を試してもらいました。その結果、1人を除いた全員に症状の改善がみられたのです。

 糖質制限食を実践すると、なぜ逆流性食道炎がよくなるのか、はっきりとしたメカニズムはわかりません。
 食べると胸やけなどの症状が起こるのは、糖質に対する体の拒否反応ではないかと、私は考えています。
 というのも、人類が誕生した700万年前から日本で稲作が始まった約2500年前まで、食料といえば狩猟や漁労、採集をよりどころにしていたからです。穀物が登場するまで、人類の糖質の摂取量はごくわずかにすぎなかったのです。

「日本人は昔から米を食べてきた」などといわれますが、人類700万年の歴史からみると、2500年前など、ごく最近のことです。

 これまで食べたことのなかった穀物が突然、主食になったわけですから、体が対応しきれず拒否反応を起こすことは、十分考えられるでしょう。
 それでも寿命が短かった時代は、糖質の害が現れる前に亡くなる人が多かったと推測されます。しかし寿命が延びて、本来食べ慣れていない糖質に体が耐えきれなくなり、さまざまな病気が出現したと考えられます。

 慢性の病気のほとんどは、「糖質病」といっても過言ではありません。現に、肥満や糖尿病、花粉症、アトピー性皮膚炎などは、多くの場合、糖質制限食でよくなります。私の病院では、尋常性乾癬や潰瘍性大腸炎も改善しています。

68歳でメガネは不要、夜中のトイレ通いもない

 逆流性食道炎は、糖質の害がわかりやすい疾患ともいえます。糖質をやめればすぐに改善するからです。
 糖質制限のやり方ですが、逆流性食道炎の改善には、朝昼晩の3食すべてで、ご飯やパンなどの主食、糖質の多い食品を制限する「スーパー糖質制限食」がお勧めです。

 たいていの人は、試したその日に症状が緩和されます。糖質制限食をしてもよくならない人は、胃潰瘍や胃炎など、他の原因で胸やけなどの症状が起こっているのかもしれません。

 糖質制限を行って症状が改善すれば、原因は糖質にあったということに気づくでしょう。
 そんなはずはないと思うかたは、ぜひカレーライスを食べてみてください。カレーライスはカレーのルウ(小麦粉)+ご飯という、「ダブル糖質」食です。食べて胸やけなどがぶり返せば、糖質が原因だったとわかるはずです。

 原因に気づけば、あとは糖質制限食を続けたり、糖質の量を加減したりすることで、再発が防げます。もちろん薬も必要ありません。そもそも逆流性食道炎の投薬治療は、薬で胃酸を抑えているだけなので、根本治療にはならないのです。

 また、糖質制限食はアンチエイジング効果も抜群です。
 私は自らの糖尿病が発覚した52歳から糖質制限食を始め、現在68歳です。身長は20歳のときのまま、歯は全部残っていて、聴力も衰えず、目は裸眼で広辞苑が読めます。夜中にトイレに起きることもありません。

 そしてこれは私に限ったことではなく、長年、糖質制限食を継続している患者さんでも、同じことが起こっています。
 糖とたんぱく質が結合する「糖化」が進むと、老化が進行するといわれています。糖質制限食を行っていれば糖化が防げるので、誰もが衰え知らずで年を重ねることができるのです。
ぜひお試しください。

江部康二
一般財団法人高雄病院理事長。1950年生まれ。1974年京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、1978年より医局長として高雄病院に勤務。2000年より現職。2001年から糖質制限食に取り組む。翌年、自身の糖尿病に気づき、自ら糖質制限食を実践し、肥満と糖尿病を克服する。現在も豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けており、肥満や糖尿病以外の幅広い疾患・生活習慣病についても高い予防・改善効果を証明している。著書多数。近著『江部康二の糖質制限革命』(東洋経済新聞社)が好評発売中。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
高齢者が肺炎で亡くなるというのは、皆さんにとっても、非常に身近で切実な出来事といえるでしょう。だからこそ、私たちは肺炎を防ぐ配慮を怠ってはならないのです。肺炎のうちで高齢者に多く見られるのが誤嚥性肺炎です。頻繁に誤嚥が起こっているのは、夜間の睡眠中です。【解説】奥田克爾(東京歯科大学名誉教授・千葉県立保健医療大学講師)
更新: 2018-10-01 23:47:04
COPDを予防したい人、または、すでに発症している人は、どうしたらいいでしょうか。まずは、なによりも禁煙することです。禁煙は何歳から始めても遅すぎることはありません。それでも、できれば、45歳までに禁煙することをお勧めします。【解説】奥中哲弥(山王病院副院長・呼吸器センター長)
更新: 2018-09-14 08:00:00
子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2018-08-22 10:31:30
食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-10 23:37:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt