【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

逆流性食道炎は、胃からの逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなることにより、吐き気や胸のムカつきが起こる病気です。これは、胃腸の調子が悪ければ、誰にでも起こりうることです。サイダーをスプーンで飲むと、ムカムカだけでなく逆流性食道炎自体も改善することがあることです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長)


口から肛門まで消化器全般の弱まりが原因

 私が治療のベースにしている東洋医学では、逆流性食道炎は「脾」の弱まりと考えます。
 脾とは、現代医学でいうところの消化器系全般を指します。

 消化器は、胃や腸だけを指すのではありません。口から肛門まで、すべてが消化器です。もちろん食道もです。 
 脾の働きが弱まると、消化液の分泌に異常が生じます。胃酸が過多になって食道に逆流すれば、逆流性食道炎という症状になります。反対に、胃酸の分泌が悪くなると、消化不良を起こします。

 逆流性食道炎は、胃からの逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなることにより、吐き気や胸のムカつきが起こる病気ですが、これは、胃腸の調子が悪ければ、誰にでも起こりうることです。
 それは例えば、建物で火災が起こると、火元ではないほかの階まで空気が汚れるように、消化器のどこかで異常が起これば、口から肛門まで、すべてに悪影響が及ぶのです。

 今回は、逆流性食道炎という診断名にかかわらず、吐き気や胸のムカつきに困ったときに特効の方法をご紹介します。名付けて「サイダーのスプーン飲み」です。

ゆっくり1さじずつ飲むのがコツ

 やり方は、サイダーを深めの皿かお椀に入れ、スープを飲むようにスプーンで一口ずつすくってゆっくり飲み込みます。
 1さじ飲むごとに自分の状態を観察し、症状がらくになってきたら、飲むのをやめます。だいたい100ml以内で治まることが多いようです。

 このとき、炭酸水ではなく、甘みのあるサイダーがお勧めです。なぜなら、胸やけは胃が過剰に収縮している状態です。
 「甘いものは別腹」とはよくいったもので、砂糖には組織をゆるめる作用があります。そのため、甘みのあるサイダーを飲むと、収縮した胃がゆるんで、胸やけが治まるのです。

 また、炭酸の刺激が胃壁の刺激となって、血流もよくなります。血流がよくなると、リラックスします。
 東洋医学では、「思い憂う」感情が、脾に負荷をかけるとされています。つまり、クヨクヨしたり、考えすぎるなどのストレスが、胃を収縮させ、血流を悪くして逆流性食道炎を招くのです。炭酸のリラックス作用で、こういった症状も緩和されます。

 重要なのは、サイダーを一口ずつゆっくり飲むことです。一気に飲むとゲップが出て逆流を助長するので、よくありません。少量をゆっくり飲めば、炭酸は胃壁で吸収され、血流改善に作用します。少しゲップが出たとしても、少量であれば逆につかえ感が取れて、すっきりします。

その場しのぎの療法で病気が改善することも

 サイダーのスプーン飲みは、胃酸過多のときにお勧めの方法なので、消化不良の場合は行わないでください。
 また、胃がゆるみすぎると胃もたれが起こるので、症状がらくになったら、それ以上は飲まないよう注意しましょう。100~150mlが目安です。

 実は私は、18歳のときに重篤な悪性の消化器疾患を患い、生死の境をさまよいました。そのとき苦しめられた胸やけの症状をなんとか和らげたくて、情報を収集し行き着いたのが、サイダーのスプーン飲みでした。
 その後、病気が回復して鍼灸の道に進んでからは、胸やけに悩む患者さんには必ずサイダーのスプーン飲みを勧めて効果を得ています。

 驚くのは、吐き気やムカムカだけでなく、逆流性食道炎自体も改善することがあることです。私の母も胃が弱く、50代のときひどい吐き気に襲われ、よく胃液を吐いていました。病院に行っていないので、病名はわかりませんが、今思うと、逆流性食道炎だったのかもしれません。
 母にもサイダーのスプーン飲みを勧めたところ、そのつど症状がらくになり、1週間後には吐き気の症状自体がなくなったのです。

 最後になりますが、逆流性食道炎を根本的に改善するには、胃腸全体をよくするという視点で、生活改善に取り組むことが重要です。よく嚙むことを心がけ、早食いや、食後すぐ動くなどは控えましょう。そのうえで、サイダーのスプーン飲みをお試しください。

藤井清史
1968年北海道生まれ。鍼灸師。18歳のときに大病にかかり、19歳のときに「余命いくばくもなし」と宣告を受ける。鍼灸および玄米食養に出合い、九死に一生を得る。以後、「自分のような人の手助けをしたい」という一心から鍼灸の道を歩み始める。「病の原因は心にある」をモットーに、開業当初よりさまざまな治療法を導入し、日本全国から難病を抱えた患者が来院するようになる。著書『耳鳴・難聴・めまいは治ります』(白順社)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【逆流性食道炎を改善する】ツボに1円玉を貼る健康法「1円玉療法」の効果

【逆流性食道炎を改善する】ツボに1円玉を貼る健康法「1円玉療法」の効果

1円玉療法とは、私が30年以上前から推奨する鍼治療と同等の効果が期待できる健康法のことです。そのやり方は実に簡単です。お財布に入っている1円玉の汚れを軽く落とします。その1円玉を、ツボや、痛みやこりなどの症状が出ている患部の皮膚上にはり、テープで留めておくだけです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

生のショウガに多く含まれているジンゲロールは、末梢の血管を拡張させて血行をよくし、体を温める効能があります。頭痛や吐き気を抑え、殺菌作用や胆汁の分泌を促進する作用があり、免疫力のアップ、抗ガン効果も確認されています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【逆流性食道炎】お腹がすくと胃が痛い 胃酸過多や胸のムカつきが改善する健康法

【逆流性食道炎】お腹がすくと胃が痛い 胃酸過多や胸のムカつきが改善する健康法

私はもともと胃腸が弱くて、夏に冷たいものを食べておなかをこわしたり、冬の寒い時期に胃腸の調子が悪くなることがよくありました。胃酸過多の傾向があり、おなかがすくと胃が痛くなります。食べすぎただけでも胃液がゴボッと上がってくるようなことは、しょっちゅうでした。【体験談】佐藤美幸(仮名・主婦・54歳)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)