【ノルディックウォーキング体験記】股関節の痛み 音が鳴る 痛くて歩けないが解消

【ノルディックウォーキング体験記】股関節の痛み 音が鳴る 痛くて歩けないが解消

私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)


腰椎すべり症の手術後に、歩行が困難になった

 秋、私は母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。
 母は80年代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました。92歳の当時は、外出時に、杖代わりに押し車を利用するようになっていたのです。

 そこで、矢野英雄先生に診てもらったところ、変形性股関節症で左股関節の変形が相当進んでいることがわかりました。
 しかし年齢を考えると、もう手術はできません。そこで、まずは4ヵ月間の入院、その後は介護老人保健施設でリハビリを続けたのです。 

 母は、理学療法士さんのリハビリを受けると、股関節の動きがよくなると喜んでいました。実際、半年ほどで股関節の音は鳴らなくなっています。また、以前とは異なり、歩行時に足がしっかり上がるようになりました。

 その後、母は自宅近くの介護老人福祉施設に入所しています。この時点では車イスで過ごす時間が長くなっていましたが、痛みはないと言っていました。驚くことに、レントゲン写真で見ると、つぶれていた左の股関節がきれいに再生していました。
 ただ、リハビリが行き届かなかったのか、翌年には、また左股関節の痛みを訴えるようになったのです。姿勢もくずれ、まっすぐに座れなくなりました。

ノルディックウォーキングのおかげで、股関節の痛みが軽減

 そこで矢野先生のいらっしゃる富士温泉病院へ、再度入院することにしたのです。

 今回は、私も一緒に入院予定です。実は私も母と同じく、90年代に腰椎すべり症になり、一時は右股関節がひどく痛み、歩けませんでした。
 矢野先生によると、私は右足の臼蓋形成不全とのこと。
 また、私の場合、ピアノ・アコーディオンの演奏という仕事柄、左右のバランスがそのときどきで変化するので、それも股関節にとっては負担だったようです。ときどき右の股関節、日によってはひざや肩、首など、体のあちこちが痛んでいました。

 そこで、股関節の負担を減らすために、リハビリやノルディックウオークを続けていました。
 特に私は、ノルディックウオークが体に合っていたようです。1週間に一度、2000~3000歩ほど歩くだけでも、痛みが軽減しました。
 ただ、私は仕事が多忙で、満足にリハビリはできませんでした。姿勢の改善もうまくいかず、最近、また右の股関節が強く痛むようになったのです。母と一緒に入院するこの機会に、もう少し自分の体を労わろうと考えています。

何歳であっても 軟骨は再生する(富士温泉病院名誉院長 矢野英雄)

 高橋さんのお母様は、92歳の初診時のレントゲン写真では、左の大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)が臼蓋に深くめり込み、軟骨のすき間がまったく確認できませんでした。
 しかし、上のレントゲン写真が示すように、99歳のときに左の股関節はきれいに再生しています。軟骨のすき間もできました。これは、股関節は何歳になっても再生するということを示す好例です。

 変形が進んだ股関節も、正しいリハビリを続ければ再生します。その際、患者さんの自己管理として役立つのが「股関節らくらく日記」です。
 高橋さんのお母様は、ご高齢のため日記はつけられませんでしたが、理学療法士によるリハビリが功を奏したのでしょう。今の股関節の痛みも、入院で股関節の安静を保ち、リハビリを正しく続ければ消えるはずです。
 高橋さんご自身も、演奏旅行が続く不規則で多忙な生活のため、日記による自己管理はできませんでした。それでもノルディックウオークの効果は実感していただけたようです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【体験談】くり返す股関節痛がセルフメンテナンスで改善できた!足づかみ体操で足の指も動くようになった

【体験談】くり返す股関節痛がセルフメンテナンスで改善できた!足づかみ体操で足の指も動くようになった

腰が痛み始めると股関節の痛みが強くなり、その後、ひざ、すねまで痛みとしびれが広がります。すねがしびれたら、どの体勢をしていても痛くて、生活に支障を来すほどでした。足づかみ体操をして半年もたった頃、小指と薬指の感覚が戻ってきたのです。1年たった現在では指に力を込められるまでになりました。【体験談】水谷敦美(主婦・36歳)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)