【相関図付き】原因不明の不調を整えて体調管理に役立つ「指ヨガ」 手のマッサージとの違いは?

【相関図付き】原因不明の不調を整えて体調管理に役立つ「指ヨガ」 手のマッサージとの違いは?

やり方のポイントは、痛みやこりのある体の部位を意識しながら、そこの気の滞りを溶かして流すようなイメージを思い浮かべながら、押したりもんだりしてほぐしていきます。「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


未病の段階で対処できる

 ここで紹介している指ヨガは、ヨガの大家である龍村修先生が考案した「龍村式指ヨガ」に基づいています。
 図を見てください。前項で述べたように、「部分即全体」つまり、手指には全身が投影されていることを示した図です。中指が頭と首にあたり、残り4本の指が手と足にあたります。手のひらは消化器系の内臓や子宮など、手の甲は背骨や骨盤などに相関しています。

 この考え方から、体の不調を感じる部分に相応する手指のポイントをもんだりねじったり回したりすることで、間接的にその部分の異常を修正することができます。
 また逆に、手指の違和感で、その部分に相応する体の部位に異変が起きていることを知ることもできます。つまり、指ヨガで体調の管理ができて、未病の段階で対処できるのです。

 やり方のポイントは、痛みやこりのある体の部位を意識しながら、そこの気の滞りを溶かして流すようなイメージを思い浮かべながら、押したりもんだりしてほぐしていきます。「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。

指ヨガのポイントは呼吸を意識すること

 よく「指ヨガと手のマッサージは、どう違うのですか?」というご質問を受けます。

 違いは呼吸です。指ヨガを行うときには、全身のヨガと同様、呼吸がたいせつです。ハンドマッサージは呼吸を意識しませんが、指ヨガは吐く息を意識しながら行います。指を押すときやほぐすときにゆっくり息を吐き、指の力を抜くときに息を吸います。必ず意識・動作・呼吸を一体化して行います。

 指ヨガは、体の不調だけでなく、気持ちの落ち込みや倦怠感など、現代医学では病気と診断されないような症状にも効果を発揮します。
 体の状態をいちばん把握しやすいのは手です。ぜひ指ヨガを体調管理にお役立てください。

おさだ なつや
1993年、日本医科大学卒業後、慶應義塾大学整形外科教室入局し整形外科専門医として研鑽を積む。主流医学に没頭するが、ごく自然な流れで全体性への視点を育み、ボディ・マインド・スピリット視点のトータルヘルスケアについても研鑽を深める。2005年、田園調布長田整形外科を開院。 クリニック診療に加えてトータルヘルスケア・氣づき・教育・啓蒙の講演、講座を国内各地で開催。著書に『体に語りかけると病気は治る』(サンマーク出版)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


指圧

関連する投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


【脳神経外科医】MRIで確認!手のツボ「合谷」への刺激で痛みが消えるしくみ

【脳神経外科医】MRIで確認!手のツボ「合谷」への刺激で痛みが消えるしくみ

ツボ刺激は、伝統的な治療法として現代医学よりはるかに古い歴史を持ち、その効果についても経験的によく知られています。にもかかわらず、いまだに謎を秘めた療法とされています。なぜツボ刺激が効くのか、その根本のところが、いまだによくわかっていないのです。【解説】樋口敏宏(明治国際医療大学脳神経外科教授)


 【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

昨年の秋頃、私はめまいがして、内科で受診しました。「脳梗塞ならたいへんだ」とMRI(磁気共鳴画像)をとったのですか、異常なしだったので、今度は耳鼻科で耳の中の検査をしましたが、やはり異常なしと言うのです。【体験談】長谷幸夫( 仮名・74歳・翻訳家)


【体験談】膝痛が軽減して片頭痛も解消 私は「指ヨガ」で体調管理

【体験談】膝痛が軽減して片頭痛も解消 私は「指ヨガ」で体調管理

私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。【体験談】速水道子(仮名・82歳・主婦)


【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)