MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
 【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

昨年の秋頃、私はめまいがして、内科で受診しました。「脳梗塞ならたいへんだ」とMRI(磁気共鳴画像)をとったのですか、異常なしだったので、今度は耳鼻科で耳の中の検査をしましたが、やはり異常なしと言うのです。【体験談】長谷幸夫(仮名・74歳・翻訳家)

気が遠くなったり吐き気がしたり

 昨年の秋頃、私はめまいがして、内科で受診しました。「脳梗塞ならたいへんだ」とMRI(磁気共鳴画像)をとったのですか、異常なしだったので、今度は耳鼻科で耳の中の検査をしましたが、やはり異常なしと言うのです。

 異常なしと言われても、現にめまいはあるわけですし、ときには気が遠くなったり、吐き気を催したりすることもあるので、なんとかしないことには気持ち悪くてしかたありません。もしかしたら、めまいは首に原因があるのではないかと思い、以前、左肩痛でお世話になった田園調布長田整形外科を訪ねてみました。

 長田整形外科では、内科と耳鼻科では異常がなかったので、首はどうでしょうかと話したら、頸椎MRIをとってくれました。でも、やはり異常はありません。前の病院と違ったのは、薬ではなくて、いろいろなリハビリを提案してくれたことです。その中の一つが指ヨガでした。
 めまいには、左手の中指をもむ指ヨガがいいのだそうです。自分でも簡単にできることでしたので、やってみることにしました。

電気が走ったような感覚がした

 めまいの発作が起きたときは、自宅のベッドに横になり、指ヨガをやってみました。ゆっくり呼吸しながら左手の中指をもむと、突然、左足の親指の先までスーッと電気が走ったような感覚が起きました。さらに続けてもんでいると、だんだん気持ちよくなってきました。

「指ヨガってこんなふうになるんだ!」と初めての感覚に驚くのと同時に、これは信じられると思ったのです。

 それからは、めまいが起きたときはもちろんですが、なんでもないときでも、暇なときはベッドに横になって指ヨガをしました。
 指ヨガを始めて2カ月くらいから、めまいが起こる回数が少なくなり、3カ月目くらいになると、めまいはまったく起こらなくなりました。めまいがあった頃は、外に出るのが不安で、びくびくしながら外出していましたが、今はへっちゃらです。

 また、指ヨガをしているからか、体が前よりも軽くなった気がします。やる気も湧いてきて、翻訳の仕事も、すぐに終わらせるようになりました。指ヨガのおかげで、なんだかいいことずくめです。

指ヨガで元気になり体も軽くなった

呼吸に合わせて行うことが重要(田園調布長田整形外科院長 長田夏哉)

 めまいがする場合には、頭部・首・肩の反射区にあたる中指を重点にもむといいでしょう。

 指ヨガは、あくまでもヨガで、手のマッサージではありません。手をもむときには息を吐き、ゆるめるときには息を吸いながら行うことが重要です。そして、体のどこを刺激しているかという、体の部位への意識も重要です。指ヨガは、「動作・呼吸・意識」を一体化させると、全身で行うヨガと同じ効果が得られます。

おさだ なつや
1993年、日本医科大学卒業後、慶應義塾大学整形外科教室入局し整形外科専門医として研鑽を積む。主流医学に没頭するが、ごく自然な流れで全体性への視点を育み、ボディ・マインド・スピリット視点のトータルヘルスケアについても研鑽を深める。2005年、田園調布長田整形外科を開院。 クリニック診療に加えてトータルヘルスケア・氣づき・教育・啓蒙の講演、講座を国内各地で開催。著書に『体に語りかけると病気は治る』(サンマーク出版)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
めまいリハビリは、目、耳、足の裏に有効な刺激を与え、小脳を鍛えてめまいをを改善していきます。実は、慢性ふらつきもめまいの一種なのです。その代表は「加齢性平衡障害」という現代病で、60代後半から70代にかけての高齢者に多く見られます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院めまい・平衡神経科部長)
良性発作性頭位めまい症は、ぐるぐる回る回転性、もしくは、ぐらぐら・ふわふわする動揺性のめまいが特徴です。女性、特に高齢者に多いのも特徴ですが、若い人に無縁という訳ではありません。サッカー女子元日本代表の澤穂希さんがかかった病気として知られています。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学教授)
自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)