医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【体験談】私は「指ヨガ」で持病のヒザ痛が軽減 体調管理に役立っています

【体験談】私は「指ヨガ」で持病のヒザ痛が軽減 体調管理に役立っています

私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。【体験談】速水道子(仮名・82歳・主婦)


頻繁に起きていた片頭痛も消えた

 私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。

 2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。
 手を触るだけの指ヨガは、いつでもどこでもできるのがいいところ。今ではすっかりクセになって、テレビを見ているときや、病院の待合室で順番を待っているときなど、手持ちぶさたのときには無意識に指や手のひらをもんでいます。

 そのおかげでしょう、右ひざの具合が悪いために、階段を降りるときにひざがガクッとなって怖かったのですが、いつの間にか消えました。
 足腰がちょっと痛いなと感じたとき、指ヨガをするとすぐ楽になるので、ずいぶんと助かっています。

 また、以前は朝起きたときに片頭痛が頻繁に起きていたのですが、この頃では頭が痛いということもありません。これも指ヨガの効果でしょう。

「指ヨガ」のやり方はこちら

指を触るだけで体調がわかる

 毎日指ヨガで手指をもみほぐしていると、自分では気づかなかった体の変化に気づかされることもあります。
 例えば、親指や小指に痛みがあったとき、指ヨガのインストラクターさんに、「足が疲れているんじゃないですか?」と言われました。確かに、そのときは忙しくて外出が続いていたときでした。

 また、手のひらの上のほうに痛みがあったときは、「胃の調子が悪いのでは?」と言われました。そういえば、数日前から考え事をしていたので、胃に負担がかかっていたのかもしれないと、ちゃんと思い当たる節があるのです。

 私は82歳になりますが、忙しい娘に代わって、娘の家族の食事の支度もしています。体を動かすのが難儀になるのがいちばん困るので、指ヨガで体調管理ができるというのはたいへん助かります。

 指ヨガで手のひらを押して痛みがあるときには、胃腸に負担をかけないように、料理の味付けが薄い段階で私の分だけ取り出して、その後にしっかり味付けをします。
 これも、指ヨガで自分の体の状態がわかるからできることでしょう。

手持ち無沙汰のときは指ヨガをするのが習慣

手をもむことで体調を管理できる(田園調布長田整形外科院長 長田夏哉)

 ひざ痛の場合には、ひざの反射区に相応する親指の付け根を重点的にもむといいでしょう。

 指ヨガのよさは、自分で手をもんで、体調の変化に気づけることです。押してみて痛みがある場合は、対応する体の働きが落ちている可能性があります。速水さんは、胃の反射区を押して痛みがあれば、胃腸に負担をかけないよう、料理に注意を払っておられます。指ヨガを健康管理に役立てておられるすばらしい例です。

おさだ なつや
1993年、日本医科大学卒業後、慶應義塾大学整形外科教室入局し整形外科専門医として研鑽を積む。主流医学に没頭するが、ごく自然な流れで全体性への視点を育み、ボディ・マインド・スピリット視点のトータルヘルスケアについても研鑽を深める。2005年、田園調布長田整形外科を開院。 クリニック診療に加えてトータルヘルスケア・氣づき・教育・啓蒙の講演、講座を国内各地で開催。著書に『体に語りかけると病気は治る』(サンマーク出版)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


膝痛 指圧 偏頭痛

関連する投稿


毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

酢キャベツを食べ始めると、期待どおり、少しずつ体重が落ちていきました。体重が落ちたおかげか、10年来の悩みだった、両ひざの痛みが軽くなりました。右ひざは、ほとんど痛みません。たまに左ひざが痛みますが、それでも以前に比べたら、だいぶ楽になりました。【体験談】内藤ナツイ(主婦・67歳)


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

私が考案した「一指法整体」は、人さし指1本で筋肉のコリをほぐし、骨格のゆがみを取ることで、体の不調を解消する治療法です。人さし指を筋肉のこっているところに軽く押し当て、ぐるぐる円を描くように動かします。鍼に近い効果で、力を入れずにほぐすことができます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋代表)


【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)