MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【自分を好きになる】本当の「自信」を手に入れる方法

【自分を好きになる】本当の「自信」を手に入れる方法

あなたの自信が、「うその自信」か「ほんとうの自信」かを見分ける方法があります。それは「うその自信=DOの自信」か、「ほんとうの自信=BEの自信」かということです。【解説】水島広子(精神科医・対人関係療法専門クリニック院長)

成果にこだわるのはうその自信

 あなたの自信が、「うその自信」か「ほんとうの自信」かを見分ける方法があります。
 それは「うその自信=DOの自信」か、「ほんとうの自信=BEの自信」かということです。

 何かを「する(DO)」ことで、「成果」が上がり、評価を得ることによって感じられる自信が、「DOの自信」です。

 例えば、「営業成績でトップになる自信がある」といった自信は、「DOの自信」と言えます。
 自信があれば成果が上がりやすいことも、成果が上がることが自信につながることも、悪いことではありません。 
 ただ、成果を上げることで自信をつけていこうとすると、「新人に営業成績を抜かれた」「異動になって営業職ではなくなった」といった状況が起こると、これまでの自信は簡単に失われてしまうでしょう。

 成果による自信は、状況に左右されるため、もろいという一面があるのです。
 成果を気にして、敵か味方かといった、優劣の世界でしか生きられない「うその自信」タイプの人は、上司になったときに、部下に対してパワハラを行ってしまう可能性もあります。

 また、成果を上げて、人から評価してもらって初めて、「自分は人としての価値がある」と感じる人も少なくありません。
 このような「うその自信」タイプの人は、自己肯定感が低いため、他人からの評価を気にしすぎてしまうとも言えるでしょう。
 そうなると、ワーカホリック(仕事依存症)になったり、仕事を断れずに引き受けすぎてしまい、体を壊すまで働いてしまったりということにもなりかねません。これでは、自分で自分をいじめているようなものです。

 さらに、同じ成果を上げていても、上司など評価者しだいで評価が変わるということもありえます。
 評価は絶対的なものではないので、成果によって得られた「うその自信」は、不安定になってしまうのです。

ほんとうの自信は自分への肯定感・安心感

 一方で、「ほんとうの自信=BEの自信」とは、自分がたいせつにする「あり方」についての、そこはかとない肯定感や安心感を持っている状態と言えます。
「ほんとうの自信」は、状況に左右されず、自分にしか感じることができません。
 何をしていようと、自分についてよい感じ方をすることが「BEの自信」です。「ありのままの自分でよい」という、自己肯定感が高いのも特徴です。

「BEの自信」は、「私はこんなに優れた人間だ」と感じることではありません。
 また、「自分が好き」ということとも違います。
「自分を好きになろう」というメッセージを見かけることもありますが、それは、自分の中の「いい条件」だけを見つけることになり、「ありのままの自分」を認めることとは異なります。

 自分への肯定感とは、欠点も含めて、「まあ、自分はこれでよいだろう」と、明るく自分を受け入れること。自分を愛おしく思えることがポイントです。

ほんとうの自信を持つには「べき」よりも「したい」

「BEの自信」につながるのは、「こうありたい」という気持ちであり、「こうすべき」ではなく、「こうしたい」という感覚です。
「まずは他人を優先すべき」ではなく、「できるだけ他人のことを考えてあげたい」といった、自分がたいせつにしたいと思う方向のことです。
 しなやかな強さがある「BEの自信」があれば、失敗しても折れずに人生を進んでいけます。

 一方で、今の社会は、成果主義に代表される「DOの自信」を中心に動いているため、「DOの自信」に乗り遅れないようにすると、ありのままでよいとする「BEの自信」の状態が悪くなるとも言えます。
 まずは、「BEの自信」を手に入れたうえで、「DOの自信」を持つことができると、人生をよりラクに生きていくことができるでしょう。

解説者のプロフィール

水島広子(みずしま・ひろこ)

慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。摂食障害、気分障害、トラウマ関連障害、思春期前後の問題や家族の病理、漢方医学などが専門。2000年6月の衆議院選挙で栃木1区から初当選。2期5年間をつとめる。現在、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)。

●水島広子こころの健康クリニック
東京都港区元麻布3-12-38
TEL 03-3470-5355
http://www.hirokom.org/clinic.htm

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt