【自分を好きになる方法】あなたの自信は「嘘(DO)の自信」「本当(BE)の自信」?

【自分を好きになる方法】あなたの自信は「嘘(DO)の自信」「本当(BE)の自信」?

あなたの自信が、「うその自信」か「ほんとうの自信」かを見分ける方法があります。それは「うその自信=DOの自信」か、「ほんとうの自信=BEの自信」かということです。【解説】水島広子(精神科医・対人関係療法専門クリニック院長)


成果にこだわるのはうその自信

 あなたの自信が、「うその自信」か「ほんとうの自信」かを見分ける方法があります。
 それは「うその自信=DOの自信」か、「ほんとうの自信=BEの自信」かということです。

 何かを「する(DO)」ことで、「成果」が上がり、評価を得ることによって感じられる自信が、「DOの自信」です。

 例えば、「営業成績でトップになる自信がある」といった自信は、「DOの自信」と言えます。
 自信があれば成果が上がりやすいことも、成果が上がることが自信につながることも、悪いことではありません。 
 ただ、成果を上げることで自信をつけていこうとすると、「新人に営業成績を抜かれた」「異動になって営業職ではなくなった」といった状況が起こると、これまでの自信は簡単に失われてしまうでしょう。

 成果による自信は、状況に左右されるため、もろいという一面があるのです。
 成果を気にして、敵か味方かといった、優劣の世界でしか生きられない「うその自信」タイプの人は、上司になったときに、部下に対してパワハラを行ってしまう可能性もあります。

 また、成果を上げて、人から評価してもらって初めて、「自分は人としての価値がある」と感じる人も少なくありません。
 このような「うその自信」タイプの人は、自己肯定感が低いため、他人からの評価を気にしすぎてしまうとも言えるでしょう。
 そうなると、ワーカホリック(仕事依存症)になったり、仕事を断れずに引き受けすぎてしまい、体を壊すまで働いてしまったりということにもなりかねません。これでは、自分で自分をいじめているようなものです。

 さらに、同じ成果を上げていても、上司など評価者しだいで評価が変わるということもありえます。
 評価は絶対的なものではないので、成果によって得られた「うその自信」は、不安定になってしまうのです。

ほんとうの自信は自分への肯定感・安心感

 一方で、「ほんとうの自信=BEの自信」とは、自分がたいせつにする「あり方」についての、そこはかとない肯定感や安心感を持っている状態と言えます。
「ほんとうの自信」は、状況に左右されず、自分にしか感じることができません。
 何をしていようと、自分についてよい感じ方をすることが「BEの自信」です。「ありのままの自分でよい」という、自己肯定感が高いのも特徴です。

「BEの自信」は、「私はこんなに優れた人間だ」と感じることではありません。
 また、「自分が好き」ということとも違います。
「自分を好きになろう」というメッセージを見かけることもありますが、それは、自分の中の「いい条件」だけを見つけることになり、「ありのままの自分」を認めることとは異なります。

 自分への肯定感とは、欠点も含めて、「まあ、自分はこれでよいだろう」と、明るく自分を受け入れること。自分を愛おしく思えることがポイントです。

ほんとうの自信を持つには「べき」よりも「したい」

「BEの自信」につながるのは、「こうありたい」という気持ちであり、「こうすべき」ではなく、「こうしたい」という感覚です。
「まずは他人を優先すべき」ではなく、「できるだけ他人のことを考えてあげたい」といった、自分がたいせつにしたいと思う方向のことです。
 しなやかな強さがある「BEの自信」があれば、失敗しても折れずに人生を進んでいけます。

 一方で、今の社会は、成果主義に代表される「DOの自信」を中心に動いているため、「DOの自信」に乗り遅れないようにすると、ありのままでよいとする「BEの自信」の状態が悪くなるとも言えます。
 まずは、「BEの自信」を手に入れたうえで、「DOの自信」を持つことができると、人生をよりラクに生きていくことができるでしょう。

みずしま ひろこ
慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。摂食障害、気分障害、トラウマ関連障害、思春期前後の問題や家族の病理、漢方医学などが専門。2000年6月の衆議院選挙で栃木1区から初当選。2期5年間をつとめる。現在、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自己肯定

関連する投稿


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


自己肯定感を高める【対人関係療法】とは?自信回復の近道は「相手を尊敬する」

自己肯定感を高める【対人関係療法】とは?自信回復の近道は「相手を尊敬する」

自信を回復するカギは、「自分」ではなく、「他人」に対する見方を変えることにあります。なぜなら、相手に目を向けて、相手をリスペクト(尊敬、尊重)していくと、そのリスペクト感が自分にも及んでくるからです。【解説】水島広子(精神科医・対人関係療法専門クリニック院長)


「自分に自信がない」のは幼少期が原因?今からでも自己肯定感は高めることができる

「自分に自信がない」のは幼少期が原因?今からでも自己肯定感は高めることができる

幼少期に安定した愛情によって育てられると、自己肯定感を自然と持てるようになります。一方で、「あなたはここがダメ」と親から否定されることが多いと、他人を批判的な目でみて、欠点を探してしまうようになり、自己肯定感も低くなります。【解説】水島広子(精神科医・対人関係療法専門クリニック院長)


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)