MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【自分に自信がない】原因は幼少期? 自己肯定感が低い人って? チェックと対策はコレ

【自分に自信がない】原因は幼少期? 自己肯定感が低い人って? チェックと対策はコレ

幼少期に安定した愛情によって育てられると、自己肯定感を自然と持てるようになります。一方で、「あなたはここがダメ」と親から否定されることが多いと、他人を批判的な目でみて、欠点を探してしまうようになり、自己肯定感も低くなります。【解説】水島広子(精神科医・対人関係療法専門クリニック院長)

自己肯定感が下がると病気になることも

 実は、自己肯定感が低い人は、世の中にたくさんいます。
 下の表の6つのタイプをチェックしたとき、最低でも2つくらいは当てはまる人が多いのではないでしょうか。

 幼少期に安定した愛情によって育てられると、自己肯定感を自然と持てるようになります。
 一方で、「あなたはここがダメ」と親から否定されることが多いと、他人を批判的な目でみて、欠点を探してしまうようになり、自己肯定感も低くなります。

 このように自己肯定感の高さは、幼少期の育てられ方が影響しますが、大人になってからも高められるので、安心してください。

 また、自己肯定感が低くない人でも、リストラや離婚、死別、震災といったことを経験したときに、大きく下がることがあります。
 もともと自己肯定感が高かった人は、元の状態に戻るのも早いですが、そうでない場合、うつ病やアルコール依存症などになることもあるので、注意が必要です。

 さらに、自己肯定感が低い人は、自分と関係ないことで病気になることもあります。
「かつての同級生が、すごいお金持ちと結婚した」と聞いて、「彼女と比べて、自分はダメだ」と過剰に反応し、うつになってしまう人もいるのです。

 パワーハラスメント(職場の権力を利用した嫌がらせ)を行う上司には、自己肯定感が高い部下は「無茶を言う失礼な人」と距離を置きますが、自己肯定感が低い部下は「自分が悪い」と思ってしまいます。
「いつも変な人が寄ってくる」という人も、自己主張が苦手な自己肯定感が低いタイプが多いでしょう。

 ちやほやされるのが好きな政治家など、社会的な地位があっても自己肯定感が低い人はいます。
 自己肯定感はいわば心の免疫力。強いとちょっとやそっとの病原菌ではなんともありませんが、弱いとすぐやられてしまうのです。

当てはまる項目はある?自己肯定感をチェック

自分もそうかもしれないと気づくことが脱出の第1歩

 表の1〜6までのチェックによって、自分ではなかなか気づかなかった自己肯定感の低さがわかった人もいるでしょう。
 ふだんから何気なく行っていたことが、実は自己肯定感の低さによるものだったりするのです。

 1、4、5のケースでは、「自分には価値がない」という思い込みによって、のびのびとした対人関係を築けなくなってしまいます。

 2の場合、「がんばることはいいことだ」と考えている人も多いでしょう。しかし、がんばることと、自分がボロボロになるまでがんばりすぎて心身を病むことは違います。
 自己肯定感が低い人は、無理をしていても「自分の我慢が足りない」と状況を改善しないのです。

 3のケースでは、自己肯定感が低いと、機嫌が悪い人を見て「自分が怒らせたのでは」と感じたりしてしまいます。「常に反省して、何が悪いの?」と思われるかもしれませんが、相手の問題をすべて「自分のせい」と引き受けると、不要なストレスを抱え込むことになります。

 機嫌が悪い相手のほうも、単に体調が悪いだけなのに、「自分のせいでは」とびくびくしている人の存在は重荷になってしまいます。
 自己肯定感の低さは、そんな「相手の事情」に気づかない自分の余裕のなさも作ってしまうのです。

 最近は、ネットで非難の書き込みが殺到する「炎上」が話題になることもありますが、書き込みをしている人の中には、6の「他人に正しさを押し付ける」タイプも少なくありません。こういった行為も自己肯定感の低さがなせる業と言えます。

解説者のプロフィール

水島広子(みずしま・ひろこ)

慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。摂食障害、気分障害、トラウマ関連障害、思春期前後の問題や家族の病理、漢方医学などが専門。2000年6月の衆議院選挙で栃木1区から初当選。2期5年間をつとめる。現在、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)。

●水島広子こころの健康クリニック
東京都港区元麻布3-12-38
TEL 03-3470-5355
http://www.hirokom.org/clinic.htm

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt