【トラウマを解消する】つらい記憶を癒す心理療法「バタフライ・ハグ」のやり方

【トラウマを解消する】つらい記憶を癒す心理療法「バタフライ・ハグ」のやり方

バタフライ・ハグは、イグナシオ・ジャレーロ博士らによって1998年に考案されました。当時、心理療法の世界では「目や耳、腕といった体の一部を、左右交互に刺激することには、トラウマの解消効果がある」という研究が注目を集めていました。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


左右の肩を「トントン」で自信のなさを解消できる

 あなたの自信のなさが、ある動作をするだけで、簡単に解消されると聞いたら驚かれるかもしれません。
 早速、その動作を紹介しましょう。

 まずは、自分を抱きしめるように、両腕を胸の前で交差させてください。両手のひらは、肩に軽く添えます。
 次に、あなたが「安心を感じるもの」を思い浮かべてください。「心地いいなぁ」「リラックスするなぁ」と思うものでもかまいません。
 具体的なものでなくても、好きな人や場所、たいせつな思い出、自分だけの想像の世界を、思い浮かべてもかまいません。

 思い浮かべたら、そのまま目をつむり、胸の前で両腕を交差したまま、左右の肩を、両手で交互に、ゆっくりたたきましょう。
 強くたたく必要はありません。安心のイメージを味わいながら、「トン・トン・トン」と、左右の肩を、ゆっくり交互にたたきます。

 左右1回で1往復です。12往復したら、一度動きを止めて、目をつむったまま、ゆっくり深呼吸してください。
 深呼吸でリラックスしたら、もう一度、左右の肩を両手で交互にたたきます。
 12往復したら、もう一度、深呼吸してください。

 おそらく、体から力みが抜けて、胸のあたりが楽になるような感覚が得られたかたも、少なくないかと思います。
 その感覚を、しみじみと味わいながら、深呼吸してください。

自然災害や銃撃事件のトラウマ解消に活用

 ご紹介したのは「バタフライ・ハグ」という、誰でも、どこでもできる心理療法の1つです。

 バタフライ・ハグは、イグナシオ・ジャレーロ博士らによって、1998年に考案されました。
 当時、心理療法の世界では「目や耳、腕といった体の一部を、左右交互に刺激することには、トラウマの解消効果がある」という研究が注目を集めていました。
 そして、世界各地で、左右交互刺激を使った心理療法が、次々と開発されるようになりました。バタフライ・ハグもその1つです。

 1998年にメキシコで起きたハリケーン災害の被害者に、バタフライ・ハグを試してもらったところ、トラウマの解消に非常に効果があったことから、世界的によく知られるようになりました。
 以来、地震などの自然災害や銃撃事件などに巻き込まれた人たちの、つらい記憶を癒す方法として、バタフライ・ハグは世界各国で活用されています。

安心・安全のイメージはトラウマの消化を助ける

 バタフライ・ハグのポイントは、「安心・安全を感じるもの」を思い浮かべながら行うことです。
 自分が好ましく感じるものや人、場所や思い出……。家族や友人でもいいですし、映画やアニメのキャラクターでもかまいません。

 こうした安心・安全を感じられるイメージを、心理療法の世界では、「リソース(資源)」と呼びます。
 リソースとのつながりは、つらい過去を乗り越えるのに、欠かせないものです。
 つらい過去をたくさん抱えた状態を例えると、「食べすぎで胃がパンパンに膨らんだ状態」と言うことができます。これでは消化がなかなか進みません。

 リソースとは「胃薬」のようなものです。つらい過去の消化を助けてくれるので、胃にゆとりが生まれ、本来の消化力を発揮できるようになります。
 そうなれば、嫌なことが起こっても、今度は消化できます。

 バタフライ・ハグを行うと、リソースが活性化するので、リソースとのつながりが強くなります。
 普段から、リソースとしっかりつながっておけば、トラウマやストレスを消化する力も強まります。
 その結果、困難があっても「自分はだいじょうぶ」と思える自信を持てるようになるのです。

嘔吐がなくなり登校できた!情緒が安定し仕事に復帰!

 私が担当したクライアントに、登校中に嘔吐してしまうため、学校に行けないお子さんがいました。
 実は彼は、ある人への強い怒りを抱えていました。
 その怒りは、体に不調を起こすほど強烈で、それが嘔吐の原因になっていたのです。

 本人は、怒りを感じる相手について、考えることさえ避けたいようでした。そこで私は、彼のリソースを高める方法を選びました。
 彼には、「心地よく感じる場所を思い浮かべて」と伝えました。
 最初は「う〜ん」と悩んでいましたが、しばらくして彼は、家族旅行で行った九州や沖縄のことを思い出しました。
 家族旅行の思い出を味わっているとき、彼は心地よさに包まれているようでした。
 そして、この日以来、彼の怒りは消え、嘔吐もしなくなったのです。

 リソースとつながることが心の安定をもたらす、いい例です。
 家族からDVを受けた女性が、リソースとつながることで、情緒が安定し、仕事に復帰できたケースもありました。

 心理療法の中には、トラウマになっている記憶を、クライアントに思い出させる方法もあります。
 こうした方法にも効果はありますが、トラウマが強すぎて、逆効果になることも少なくありません。
 その点、リソースに注目するバタフライ・ハグは、トラウマを思い出す必要はなく、困難を乗り越える力が自然と高まっていく、安心・安全な方法と言えるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


トラウマ

関連する投稿


【トラウマを克服する方法】足指には「自分を知る」ヒントがある

【トラウマを克服する方法】足指には「自分を知る」ヒントがある

悩みや困難はつらいものだけど、幸せな状態に戻るための過程です。「苦しみ自体も、悟りのきっかけ」――そういう気持ちで、足指と対話し、自分を知る作業を行うといいのではないでしょうか。【解説】山川亜希子 山川紘矢(翻訳家・作家)


【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

脳の記憶は時間とともに下降し臓器を経て、やがて体の最下部に位置する足に集まります。足は体の重みだけでなく、過去に体験した感情のすべてを受け止め支えているというわけです。足は過去のトラウマやあなたの心の状態、思考の癖を読み解くカギです。【解説】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)


【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)